備前楯山も無事下山しまして、国民宿舎かじか荘でお風呂にも入りました。
さぁ、都内外資系OLの友人、お昼ご飯はどうする。

友「候補は?」

かじか荘のレストランか、車で30分かかるけど、わたらせ渓谷鐵道神戸駅にある、車両を使ったレストラン。

友「後者」

本人は否定すれども、彼女もまた鉄子であった。
でも私は乗り鉄、彼女は撮り鉄。

DSC05008

それは、神戸駅にある、列車レストラン 清流さん。
かじか荘も清流さんも、

54042d35

たかぎなおこさんの「ローカル線で温泉ひとりたび」の第一話目に出てくるんですね。
一度やってみたい、わたらせ鐡道乗り放題の旅。

友「わ鉄ってどこ走ってるの」

桐生から間藤。どこの駅から乗るかが悩ましい。

DSC05009

メニューはこちら。
私は、本に出てきたトロッコ弁当にする。

友「私は麦とろ定食」

お店は2番線上りホーム側とな。

DSC05010

あれだ。

DSC05011

友「本当に車両がレストランなんだねー。一度日本酒列車に乗ってみたい。と言ったのに、誰かが先に行った

どうもすんません。

DSC05012

まぁ、とりあえず2番ホームに行こうではないか。

友「いいわねー!このローカル線ムード」

DSC05013

視力が上がりそうな緑。

DSC05014

では、いざ中に。

DSC05016

まぁっ。本当に食堂車っぽくて良いわっ。

友「なんということでしょう」

DSC05026

友「完売の嵐…。麦とろ定食も、トロッコ弁当も」

がーん。ざるうどんは完売なのに、肉うどんはあるとは、これいかに。

友「私、肉そばでいいや」

私は舞茸天うどん…。
でも、私は暑い時に熱い汁物が食べられない。
お店の方~、プラス料金払いますから、冷やしていただけませんでしょうか。

「190円プラスになります」

いいです、冷えたうどんになるなら。

DSC05019

きたー!(というかセルフだから取りにいった)

DSC05021

うどん好きの鉄子には、たまらないシチュエーション。

友「あ!列車来たよ」

DSC05022

見られてラッキー。

友「お店の人が、トロッコ弁当たくさん持って行ってる」

確か、事前予約で運んできてもらえるんだよ(と、たかぎさんの本にあった)。

友「予約しときゃ良かったね」

しょーがない。登る山決めたの昨日の夜だし(行き当たりばったり)。

DSC05024

いわゆる普通のゆで麺だけど、これもまた良し。
珠玉は

DSC05025

舞茸天!これおいしかった!
考えてみれば、たがぎさんの本のトロッコ弁当のくだりに、舞茸天が美味しいと書いてあったなぁ。

友「今度は、一泊二日で来て、もっと高い山登ってかじか荘で宴会したいわねえ」

もうちょっと鍛えてから来ましょう。

★★★★お店情報★★★★
列車レストラン 清流
群馬県みどり市東町神戸886-1わたらせ渓谷鐵道神戸駅構内
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください