昨今のかき氷はお高い。
と、じっとお財布の中身を眺める。
そしたら、やつふさ様から2回コメントをいただきました。

その1
栃木市入舟町の伊勢屋餅菓子店行ったことありますか?
わたしも、先日かき氷の旗を見て初めて入ったところ、懐かしい器に入った廉価なかき氷に感激しました。おしるこ、あんみつ、磯辺巻きのほか、餅入りラーメンなんてのもありましたよ。ぜひぜひ。

その2
8月11日土曜日に妻と餅入りラーメンを食べに行ったら、夏場は朝ついた餅がカビてしまうので、涼しくなる9月頃まで、餅関係はメニュー落ちしてました。(^◇^;)トホホ。
かき氷は、食べてきました。

餅ラーメンが食べたい…!
いや、リーズナボなかき氷も食べたい。
行ってきます。

お久しぶりに口コミ調査隊に突入。

2007年~2017年の口コミ調査隊はこちらから。

今年は
1回目 カトマンズキッチン(宇都宮市)
2回目 ステーキ食堂はやぶさ(芳賀町)
3回目 58ロハスキッチン(矢板市)
4回目 ガトウ ルアン(宇都宮市)
5回目 hiyori bakery(宇都宮市)
6回目 soba.sho(鹿沼市)

7回目の今回は、「かき氷で町おこしができるほど、キャラが立ったかき氷が食べられるお店が増えてるんではないか」と思う栃木市にある、

DSC05115

伊勢屋餅菓子店さんです。
栃木市には何度も何度も何度も行ってるのに、今回初めて知りました。
お邪魔します(ドキドキ)

おおっ。
中はノスタルジックな甘味屋さん。

2018-08-16 10.29.42

かき氷じゃなくて「氷」と書いてあるのが萌ゆる。
そして、氷水(白)とか、300円とか。

2018-08-16 10.29.39

どれにしよっかなー。
餅菓子店というからには、あずきミルク450円かな。

私の視線が冷やし中華「540円」(だっけな)の文字をとらえたものの、ハシゴ予定なので今回は断念。

DSC05099

ご登場。

DSC05100

ミルク層に

DSC05102

あずき層。
見事に分かれていますね。ツートンカラー。
しかし私は、あずきはミルクと一緒に食べたい。
どないしよ。

DSC05106

瞬時にルートファインディング。

DSC05107

そうね、まずはミルク層を

DSC05108

いただきまーす。
食感は「がりがり」の昭和ノスタルジックかき氷。
風鈴がチリ~ンと鳴って、扇風機がまわり、隣の家から甲子園の中継の音が聞こえてくるような。
そして、近所の童たちが「わーい」と騒ぎながら風車を持って集団で走っていたら時代が下り過ぎだろうか。

DSC05112

あずき層が見えてくるまで掘削しまして

DSC05110

あとは、ミルク層を中に落とし込みながら、あずきミルクにして食べる。
ほっこりあずきも、ノスタルジック。

DSC05114

私が好きな「半どけ」状態まで、しばしタイムスリップ気分を味わったのでした。
ご馳走様です。

次は冬に来て、餅ラーメンが食べたい…。

★★★★お店情報★★★★
伊勢屋餅菓子店
栃木市入舟町15-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください