いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
6月くらいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。
足利市で、「あしかが美食まつり」というフェアがあって、足利特産の農産物(いちごなど)を使ったメニューが市内あちこちで出るんだそうです…というワケで、5つのいちごパフェのうち、何個を食すことができるか挑戦中です。

そろそろ「あしかがフラワーパーク」の藤の花が咲いてくるから、足利市内は混雑するよなー。
早めに行っておこう。
と、毎度のごとく「太平記館」の観光駐車場(2時間無料なのでございます)に停めつつ、ショップに入ったら

DSC00606

まぁ、昨今の沸騰ワード「令和」が。
正直、名刺入れとか欲しい。

そう、なぜに足利が「令和」で沸いているかというと、


DSC00610

「史跡 足利学校」の蔵書には、明治~平成の元号の出典元の書物がすべて揃っているんだそうな。
「令和」の由来の「万葉集」も1805年(文化2年)刊行版があるそうな。
つまり、明治以降コンプリート。
それを記念して、その万葉集が一般公開されているそうですので

DSC00613

せっかくなので、入学金(=入館料 大人420円)を納めて入校してみました。

DSC00611

考えてみれば、初めて入るかも。
お邪魔します(ドキドキ)。

DSC00623

万葉集は遺蹟図書館で公開中なれど、(当然ながら)写真撮影は禁止。

DSC00620

しかし、こちらの萱葺き屋根の建物「方丈」の方で

DSC00618

拡大パネルと共に記念撮影コーナーがあるのでした。
やったねー。

で、写真も気も済みましたので

DSC00646

桜の下を(数百m)お散歩しながら

DSC00648

和cafeひなたやさんに向かったのでした。

DSC00662

いちごパフェください!
藤で街中沸騰シーズンが近いからか、ふじ色スイーツもある。

DSC00651

780円(税抜き)。
あら、かわえー。
パフェだけじゃなくて、店内も可愛い。
萌えキャラとかいるし…。
萌え萌えキュン。

DSC00653

「ひよこ饅頭」と並ぶ悩み

それは「どこから食べればいいのか」

DSC00654

地層部分にも乙女ちゃんの姿あり。あとはコーンフレーク、萌えカラーのゼリー。

悩みに対する答えはあっさりと

DSC00658

やっぱり乙女ちゃんたち。

DSC00661

令和の由来の(書籍のある)足利学校を眺めながらいただきます。

「甘酒ヨーグルトパフェ」だそうで、さっぱり加減が美容と健康に良さそうだ。


★★★★お店情報★★★★
栃木県足利市家富町2326
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください