いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
6月くらいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。

一説によると、アイスとかき氷の売り上げが逆転するのが30℃だそうですが、私もそろそろ「かき氷食べたい」と思うようになってきました。
いちごパフェ流れ旅の終わりが近づいてきたのもしれません。
と言っているそばから、寒の戻り。

やっぱり、いちごパフェが食べたい。

考えてみると、「いちご市」宣言しているけれど、鹿沼市にいちごパフェって少ない。
と思っていたら、

DSC08398

まちの駅 新・鹿沼宿の中の「仲まち家」さんに

DSC08375

とちおとめパフェ600円が登場したー。

テンション高く行ったものの、一方で自分の中に妙に冷静な自分がいて(天使と悪魔の葛藤みたいな)

「サンデーでもいいかなー。安いし」

と思ったりもしましたが

DSC08378

人生は一度きりだし。
ということで、600円のいちごパフェ。

DSC08383

カメラを引くと、文字通り「コーヒーブレイク用」に買っていたコーヒーも出現しますが

DSC08384

いざ、紅白の世界へダイブ。

DSC08386

「クリームうねうね」は、パフェグラス(から見える光景)の華。

DSC08387

頂点部分には、やはりイチゴがいてほしい。
王冠に輝くルビーのような存在。

DSC08388

パフェの地層最下部は
・いちごソース(地底湖)
・シリアル(岩石)
が二大勢力ですが。こちらはシリアル。
上に登って行きますと

DSC08392

いちごシャーベットに、カットいちご。

DSC08397

そしてまた頂点に戻り、いざいただきまーす。

さすが「いちご市」、いちごが新鮮で瑞々しくて美味しい。
来年は、「とちひめパフェ」が出るといいなーと熱望。

★★★★お店情報★★★★
まちの駅 新・鹿沼宿 仲まち家
鹿沼市仲町1604-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください