枕草子に「あてなるもの(高貴なもの) 削り氷にあまづらいれて あたらしき椀に入れたる」という記述がありますが、それが現在のかき氷の源流なのでしょうか。

一昔前は「かき氷専門店」ってほとんど見かけなかったのですが、あっと言う間に百花繚乱。
特に奈良県は、氷を祀る「氷室神社」があることもあり、かき氷の聖地となったそうな。

私がかき氷に目覚めたころ(2006年9月のことでした)から行きたかったのは、岐阜県の赤鰐さん。
最近行きたくなったのは、奈良の「ほうせき箱」さん。

そしたら、なんということでしょう。
新宿高島屋の催事「かき氷フェア」で

2019-05-28 07.52.28

赤鰐さんも、ほうせき箱さんも来るー!
しかも、ほうせき箱さんに並んだ先着10名は

DSC01798

枕草子の記述にある「あまづら」シロップを味見することができるー!
行かねば。
しかも、先着10名に入らねば。
いちご16品種食べ比べセット争奪戦以来の一大プロジェクト。

ある程度戦略立てねば。
その1 始発の次の電車で行く(始発だと朝3時半起きなので、まず無理)
その2 土日はどーにもならない気がするので、平日にする

よし、狙うは5月28日(火)の最終日だ。
アラームは4時にセット。
絶対寝過ごすと思ったらしく、夫が4時にたたき起こしてくれました。

ツイッターのフォロワー様の助言をもとに

2019-05-28 07.32.56

7時半に着いた整理券配布場所。
私の順番は…いち、にぃ…10番目!

2019-05-28 09.16.19

ギリギリセーフ。危ないところだった…。

私は「あまづらかき氷」が食べられると勘違いしていたのですが

 DSC01794

シロップを一口味見させていただけるのでした。
収穫時糖度20度のあまづらを、糖度80度まで煮詰めたもの。
いただきます…(拝む)。



とっても非常に素朴な甘味が、飛行機雲となって空に浮かんでいる。

そんな気持ちでした。

さて、開店時刻となりまして、私は開店直後の10時の整理券をお願いしておりました。
なぜかというと、用事があったので早めに帰りたかったのと

DSC01799

限定数だから。
ほうせき箱さんといえば、ウワサの「リトマス試験氷」!
これ、一度食べてみたかった。これください。

DSC01803

…と、食券をお店の方に渡し、

DSC01804

奈良の鹿が印字された紙トレイに「それ」は乗せられて

DSC01806

ついに出会えた、リトマス試験氷。
青いハーブティ「バタフライビー」がシロップで

DSC01809

直七(高知県の柑橘)やグレープフルーツという酸っぱい系がトッピングされ

DSC01811

緊張のあまりぼやけましたが、酸っぱい系の果汁をかけると

DSC01813

色が紫色に変化!

DSC01810

直七やグレープフルーツを絞ってかけても、もちろん変化。

DSC01815

いただきます…。

氷がふあっふあ。
そして、かき氷のシロップというと「甘さ」が前面に来るイメージなのですが、激しい甘さではなく、気品溢れる甘さ。

DSC01824

一口一口、また一口。
掘削跡と感動が深くなる。

ご馳走様でした…。

DSC01796

会場では、「奈良かき氷ガイド」という冊子も無料でいただけ…。
この本がまた素晴らしく…。

人間大嫌いの愛猫「しじみ」が夫になついたら、二泊三日で奈良にかき氷遍路に行こうかな…。

夫「なつかないよー。今日もシャーと言われた」

無理か。

というワケで、毎週日曜日は「2019かき氷遍路」です。
たぶん、10月くらいまで。

★★★★お店情報★★★★
奈良県奈良市餅飯殿町47番地
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください