小山市在住(?)の「ぴのこのこ」様から情報を二ついただきました。
ありがとうございます。

「『山岸凉子 原画集 奏」刊行というニュースをみつけたので、お耳にいれさせていただかねばっ…と思いでてまいりました。完全受注生産でお高いですが、必ず直筆サインがつくというのはファンの方には嬉しいかもしれないと思いまして」

お高い?

三万円!

一か月外食を控えれば買えるのかー。
…。
涙を飲んで次の情報へ(ありがとうございます)。

「小山市のベッカライタガミさんですが、『ハイジの白パン』というプレーンなパンがとても美味しいです。やわらかくて余計なものがはいっていない感じで、『おばあさん』から小さな子にまでお土産にしたくなります。サンドイッチもはじまりました。定休日は最近日、月に変更になっています」

サンドイッチー!

DSC05745

というワケで来ました(早い)。
タガミさんは、店内に入った瞬間から

DSC05744

パンの圧がー。

DSC05739

あんバター!
そういえば、あんバター遍路は続けている。
一個買おう。

DSC05741

このあたりから、夫の晩酌用に一つ。
(独断ではなく、この場でわたしの背後にいたのです)

そういえば、サンドはどこだ。サンド。
サンドは…。

DSC05737

いたー!
普通のサンドを連想していたけど、違うんだ。
これは・・・

カイザーゼンメル―!

我が最愛のドイツパン。でも栃木では滅多に出会えないレアキャラ。
パン界のはぐれメタル的存在(栃木限定)。
ついにキター。
しかも、サンドは何種類かありまして

DSC05736

ウイスキーに漬けこんだハム(ウイスキーシンケン)を使ったサンドもあった。
こちらください。

DSC05746

こんな感じで。

DSC05748

カイザーゼンメル。
ああ、お会いするのをどれほど待ち望んでいたことか。

DSC05751

中は、ウイスキーシンケンとチーズというシンプルな構成。
ドイツのホテルの朝ごはんのようだ。

いただきます。
・・・
カイザーゼンメルは、ぱふぱふ食感というイメージだったんだけど、「ぱふぱふ」と「しっとり」の中間地点。
ぱふぱふしすぎず、かと言ってしっとりしすぎず、ゼツミョーなバランス。
夕飯に一口だけ食べて、翌朝の朝食にまわそうと思ってたんだけど、止まらない。
いわゆる「これは やばい」。

意識をあんバターにもっていくことで、箸を止めるんだ!箸使ってないけど。
あんバターは、もった瞬間

DSC05753

ずっしり

なぜに。このようなラブリーサイズなのに、どこにそんな体重が。

DSC05756


いただきます・・・。
しっとりパンに、甘味強めのあんこ。そしてバターの塩っ気。

これはヤバいPART2

耐えろ、今は一口で抑えて、明日の朝食にまわすんだ。

この二つを朝食で食べるため、翌朝は気合いを入れて早起きした私でした(いつもは夫に叩き起こされてる)。

★★★★お店情報★★★★
小山市天神町1-4-15 一徳ハイツpart3 1号室
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
※お店情報は訪問当時のものです
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  
三回目 この記事