大崎でヘルシーな台湾式朝食を食べる前にウォーキングに励み、朝食を食べ終えて9時20分。
霞が関に移動して国立国会図書館で本を読んで時間をつぶし、そこから

 2019-12-14 11.29.03

皇居を左手に眺めながら2㎞ほど歩き、着いたのは

2019-12-14 11.46.36

帝国ホテル。
この日は

2019-12-14 11.50.42

ライブドアさんからお誘いをいただきまして、「ライブドアブログ大忘年会2019」に参加なのでした。
一昨年はハイアットリージェンシー新宿で初参加させていただきましたが、私は歓談が得意ではなく他のブロガーさんに知り合いもなく…。
しかし、それでも参加したのは、帝国ホテルで忘年会に参加できる機会というのは、一生に一度くらいだろうという「自分史想い出づくり」と、もう一つ。
決意を胸に秘め

2019-12-14 11.53.10

入口をくぐります。

私の「もう一つ」の理由は

DSC05985

ビンゴ。
私はなぜか、ビンゴ運だけは異様に強い。
一昨年の大忘年会では東京デイズニ―リゾートのペアパスポートを当てたものの、リア充の甥っ子に上げてしまった。
めでたく今年結婚もできたし、再度

DSC05891

ディズニーリゾートのパスポートをビンゴで当てるのだ。
そして、夫とディズニーシーへ(決意)。

一昨年の忘年会は、とにかくお酒を飲んで緊張感をほぐしましたが、今年は飲めないし(帰りは自治医大駅から車だから)、ひたすら「食べ」に徹します。

いざ、スターティン!

DSC05927

「甲殻類・貝類などの海の幸をプラッターに盛り合わせて」

アイドルソングのような料理名。

DSC05929

(たぶん)アワビ、カニ、エビ、ウニ。
おせち料理先取りのような。
夫も私もおせち料理食べない(&作らない)し、ここで一足先にお正月気分を味わいましょう。

2020年明けましておめでとうございます。

DSC05901

「平目とサーモンのパイ包み焼き」

すごい、パイの形状が既に平目だ。
中にもきっと平目が。
マトローシュカのような。

DSC05902

こちらのパイとの違いはなんでありましょうか。

DSC05904

ピンチョス的なお料理もすぐ近くにありましたので

DSC05933

あわせていただきますっ。
パイ包み焼き…。
私の洋食への憧れの原点的な料理。

そして今のリアルな時期はクリスマスシーズン。

DSC05911

メリー・クリスマース!的なお料理。

「ターキーのローストとチキンのガランティーヌにワイルドライスとマロンを添えて」

私に今見えているのは、マロンというよりロマン…。


DSC05934

トマト農家の妻となりましたので、研究もかねてトマト食べよう。
リアルクリスマスの時に、ローストチキンにトマト添えて食べようかなと思いきや、夫に「俺は骨付きチキン苦手なんだ」と言われ、ショックな私でした(一人でも食べるけど)。

そして、めでたい肉料理といえば

DSC05915

ローストビーフ!

「じっくりと焼き上げたローストビーフ レフォールとポテトを添えて」

DSC05955

うるわしの「桃色断面」。
正月も終え、桃の節句が来たような。

DSC05940

お肉は正義。
ローストビーフは愛。

健康診断が一か月後ということも忘れよう。

DSC05921

でも野菜食べた方がいいよな。

「華やかなクリスマス風サラダ」

DSC05943

やはりトマト農家の妻だから、トマトの研究(以下略)。

と、ひたすら食べに徹していると、スクリーンで参加者(100名以上)のブロガーみなさまのタイトルが流れてました。

DSC05908

あっ。私のもあった。写真には写らなかったけど。

ありがたや。
そしてそろそろビンゴかな。

後編に続く。