3月はお別れの季節。
お別れの季節といえば、お別れソング。
いろいろ定番ソングがありますが、私の永遠の定番は



キャンディーズの引退ソング「微笑みがえし」です。
切ない内容をポップに明るく聴かせるのもすごい。しかし、いちばんスゴイのは、歌詞の中にそれまでのキャンディーズのシングルのタイトル名が随所に織り込まれていることだと思います。

てなわけで、卒業シーズンですし、今までのテーマを織り込んでやってみることにしました。
当初は特にテーマは設けてなかったのですが(「1000円グルメ」のみ)、「ソトアサ日記」を始めたあたりから、テーマがあるとお店探すのも気合いが入るなぁと思って始めてみた次第です。

特に2014年12月に栃木のいちばん低い山から高い山まで登って山頂でご飯を食べた時「登って食べよう山ごはん」のテーマは、想定外の反響をいただきまして、我ながら驚きました。

なもんで、2015年(去年)も、もう一度山登りをテーマにし、今度は日本最高峰富士山まで登頂しよと思っていたのです。
が、

46

新年を迎えながら見たのが「八甲田山」だったのが縁起的にいろいろあったのかもしれません(だってとちぎテレビでやっていたんだもの)。

01

2015年(去年ですよ)の年明けも、新年早々登るぞ~と、鳥居をくぐって

39

宇都宮の大谷地区にある「戸室山」に登ってみようと行ってみました。地区名でお分かりのとおり、大谷石でできているような山で

08

無人テイストの社務所(?)も大谷石の上。

29

山頂に行くには、この脇を通り過ぎ

23

大谷石の上を登っていくんですが、いやー滑る滑る。雨か雪降ったら登れないんでは。
しかも、すんごい急こう配。

41

こういう穴みると、何か這いだしてきそうで怖いので、さっさと登りまして

14

15分ほどで山頂到着。
時間は短いけど、勾配キツかったから、息切れが。ぜーはー。

25

山頂も大谷石。
そんな山頂でいただきますのは、

48

鹿沼市にある、大谷石造りの建物でも有名なチョコレートのお店「アカリチョコレー」さんの

59

「大谷の石畳」です。

05

クリスピータイプで、見た目も大谷石。

30

だけども、ストロベリー、抹茶、ミルク、ビターとカラフル!
お値段は、これで1000円前後だったような。

43

では、大谷石を眺めながらいただきまーす。
いちごの酸味がおいしー。どれも美味しいけど抹茶味がいちばん好きかな。まろかやな苦み。


14

里山的眺望を堪能しながら

03

コーヒーでボー。
さて帰るか。

急こう配だったということは、下りも大変ということで

09

魂が吸いこまれるような気分を味わいながら下山しました。

てなわけで卒業シーズンの今月3月のテーマは「微笑みがえし」的に、今までのテーマを振り返り~です。

★★★★お店情報★★★★

手作りショコラ工房アカリチョコレート
鹿沼市中田町1066

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください