お昼頃、用事があったので街中まで車じゃなくて歩いていきました(どうせ市役所の無料駐車場は満車で停められないと思ったため)。

せっかく歩いてきたんだから「歩いた」元をとりたいなー。カロリー消費のほかに。

そういえば。

那須のサヴァラン専門店の「Le Tabou」さんが、宇都宮の街中に移転したと何かで読んだ。イートインできるという話だったような。サヴァランと言えばアルコールたっぷり。車じゃ無理。よし、これだ。

で、私はおぼろげーな場所しか記憶にありませんでした。たしか、総文センターの裏手だったような。でもあのあたりは夜の蝶が舞う場所。サヴァランのお店があるのかな。場所的にあたりがつかない。

オープンしたてだから、お花いっぱいあるだろうから、蝶じゃなくて花を探せばいいのか。んー。見つからない。

あれ?


DSC00874

おフランス語分からんけど…サヴァラン?と、すると。

DSC00873

ここー!なんという奥ゆかしい場所に。というか、一見さんでは絶対サヴァランのお店と思えない。
って、あってるのかな。お邪魔します……。違かったらどうしよう。

DSC00848

あ、奥にショーケースが(許可を得て撮影しております)。

DSC00849

これはサヴァラン。良かった。このお店だ。サヴァランください。って種類はこれだけですよね。

DSC00850

「こちらもそうでございますよ」

えっ。瓶詰めサヴァラン!サヴァランにトッピングするジャムかと思った。

「ベリー等、色々な種類がございます」

お初ですんで、普通のください。イートインしていきます。ドリンクありますか。

「珈琲か紅茶です」

アルコールには紅茶な気がするので(※個人の趣味です)、紅茶ください。

「八種類ございます」

えーと、フレーバー系が苦手なので、フレーバー系じゃないのを。

DSC00851

こちら。サヴァラン460円、紅茶550円の計1,010円。

DSC00853

確か「マルセイユ
」だったかな。


DSC00858

サヴァラン~。

DSC00862

いただきます……。

まあっ。なんて風味豊か。しっとりー。もの凄い大人~な世界。夜会に向かう貴婦人のようです。

「アルコール度数45度のブラックラムと、数種類のスパイスを使用しております」


DSC00872

ラムレーズン。貴婦人の胸元に輝く黒真珠のようです。

DSC00855

そして、渋い紅茶はまるで、貴婦人を包容するロマンスグレーの旦那様のよう。

場所の雰囲気と相まって、ものすごーい大人~になった気分でした。昼からこんな気分になっちゃっていいんだろうか。

「営業時間は12時~18時です」

あら、お昼だけ。

デカダン気分でお店を後にした私でした。家に帰ったら壁に「堕天使」って書こうかな。

★★★★お店情報★★★★

Le Tabou -la maison du savarin-フランス菓子サヴァラン専門店
宇都宮市本町8-9

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください