まさに新緑~の

DSC00892

田園風景の中にある、築130年超の廃校をリノベーションでカフェって記事を下野新聞で読みましたので

DSC00897

行ってみましたー。私は木造校舎大好きです。私の母校の小学校も木造でした(今は鉄筋になってしまったけど)。

転んでも(そんなに)痛くないし、二階の廊下を走っていると「走ってる生徒~! 止まれー! 職員会議中だ!」と校内放送が流れたり、ほのぼのとした記憶ばかりです。


DSC00891

すごいなー。門柱、大正四年だって。

DSC00899

国旗掲揚塔は昭和12年! 寄附が足利市の方なのがちょっと謎。

DSC00898

そして、ほのぼのとした校舎が

DSC00893

130年の時を経てカフェに生まれ変わるとは。

DSC00900

モダン要素もある中、

DSC00901

小学校のマークとかは残されているんだー。このデザイン可愛いぞ。
さぞ、卒業生の皆様もお喜びでしょう。建物に向かって左手スペースは校舎の雰囲気が非常に残されていたので、そちらを選びました。それに、

DSC00903

一人用の席!すばらしー。

DSC00904

時計もいいなー。あ、注文しよう。ランチに来ました。限定30食だそうです。

28

ランチは1500円(税別)。ちょっと予算オーバーだけど、この雰囲気の中では全てがOK。
ダブルサンドイッチプレートか、肉料理か、カリーか、ライスボール……。
シンガポールチキンライスがある!

「本日は、赤のマークの所からお選びください。サンドイッチは二種類どうぞ」

シンガポールチキンライスは赤ではなかった。しょぼん。えーと、サンドイッチがいいかな。二種類つくし。

とすると、タンドリーチキンのフォッカッチャと、4種のチーズ&蜂蜜のパニーニにします。


DSC00911

わお。あちこちで歓声が上がっておりました。

DSC00919

こちらは、ウェルカムドリンクだそうです。甘い青汁~な感じでした。

DSC00920

タマネギのコンソメスープ。優しい味なれど、コショウがピリリと。

そして、小学校だからでしょうか

DSC00922

ビーカーサラダ!かわえー。

「手前の小ビーカーのドレッシングに、野菜をつけながらどうぞ」

かけるんじゃないんですね。では、いただきます。野菜も美味しいですけど、苺とタマネギかな~と思うドレッシングも、非常に美味しいっ。瓶売りしてほしい。

DSC00909

前菜三点盛り。オムレツと、パプリカサラダと、キノコマリネ。どれもパックで売って欲しい美味しさ。オムレツはちゃんと温かかったです。柔らかくて、ふあとろ。

DSC00906

そして、タンドリーチキンのフォッカッチャ。パンは柔らかくて、しゃきしゃき野菜とタンドリーチキンのしっとり加減が口の中で食感の競演。

DSC00907

四種のチーズのパニーニは、蜂蜜につけながらどうぞ、とのことでした。

DSC00924

チーズに蜂蜜!ってのが私には新鮮でしたが、しょっぱさと甘さのデュエットが繰り広げられます。チーズのこってりと蜂蜜のこってりって、和音になるんだ。

幸せー。

さて、デザートとドリンクタイム。
デザートはランチ用デザートか、通常のケーキのハーフサイズから選べるそうですが、パンナコッタ食べたかったので、それで。

ドリンクはもちろん

DSC00928

アイスコーヒーですよねー。

DSC00930

あら、左に控えるは……

「エスプレッソです。お好みでパンナコッタにかけながらどうぞ」

へー!

DSC00931

パンナコッタは、可憐な甘さで美味しいのですが

DSC00932

そこにエスプレッソとな。初めての体験。
……
おおー、小学校六年生が制服を着て中学一年生になった感じ。
こういう食べ方もあるんだー。

DSC00934

アイスコーヒーでボーっとしながら、満員の店内を眺めました。
お子さんやおばーちゃんや、若いカップルや、いろんな人々が幸せそうに時間を過ごして、そして歓声が響きわたって、校舎も喜んでるんじゃないかなーとメルヘンな気持ちになりました。

全国区のカフェになるのでしょう。
私も、県外からお客さんをお迎えするとき、ぜひぜひ、ご案内したいです。
★★★★お店情報★★★★

ヒカリノカフェ蜂巣小珈琲店
大田原市蜂巣295

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目この記事
二回目