こういう理由 で、9月の県外テーマは福島県です。


前編 に引き続きカフェ列車「フルーテイアふくしま」。

いよいよ、発車でございます。


観光列車の楽しいところは





駅員さんがお見送りしてくれること。


行ってきまーす。

ホームにいるお客さんたちが手を振ってくれるのもうれしい。



さて、発車したから、そろそろかな。


「ただいまから、お客様のお席に、ドリンクとスイーツをお持ちいたします」


待ってましたー。




まずは、ドリンク。

桃ジュースとホットコーヒー。

桃ジュースは缶だから、持って帰ろう。

「甘味」はケーキの方に集中したい。




おいでませ!黄金桃スイーツ。

自分で忘れてましたが、こちらのスイーツは


2個でるのです!


大きい。


2個って話だから、ミニサイズかと思ってたらフルサイズ。

しかも大きいサイズ。

本日は~


フルーツタルトとショートケーキ。

お店は「ル・ヴェルジェ」。

あ、こないだ行ったお店だ(後日登場します)。


さて、どっちから食べようかな。

うーむ。



黄金桃が、まさしく黄金のように輝いているので


ショートケーキからまいりましょう。


桃は、噛みごたえあります(固め)。

酸味があるので、生クリームとナイスコンビネーション。

スポンジの間にもたんまり挟んであり、

底はパリパリパイ生地でした。


ああ、コーヒーも美味しい。


フルーツタルトもいきまーす。

ブドウ二種類に、梨、いちじく、そしてやっぱり



黄金桃!

実はブドウの方が気に入ってしまったのはここだけの話です。

酸味溢れる果物と、クリームのコンビネーションはやはり

黄金比。




ホットコーヒーでボー。


ああ、乗り鉄でコーヒー好きで桃好きの私には

なんたる至福の瞬間。

溢れるの予防のためか、ホットコーヒーの量は少な目です。

飲み終わっちゃった。

あ、そうだ。

1号車はラウンジで、ドリンク飲み放題だったではないか。




ラウンジでアイスコーヒーを飲みながら、

日本の秋的な車窓を楽しもう。


そしたら、あっという間に終点の会津若松駅に着きました。

1時間って短いね。


で、本来は直ちに駅前から高速バスに乗って

福島駅に向かうはずだったんですが、

高速バスを探しているうちに発車していまい、

とぼとぼと駅に戻り、さっき乗ってきたフルーティア&磐越西線が

すぐに折り返し発車なので

今度は、磐越西線の方に乗りました。


駅のトイレに行っている時間がないので、磐越西線のトイレに行こう。

もう、私はフルーティアの乗客じゃないから、

フルーティアのトイレも使えないんだわ、しくしく。

でもローカル線も好きなんだ、この鄙びた感じが。

あ、そうだ。


さっきの桃ジュースが残っていたではないか。

これで、想い出に浸りながら、また郡山に戻りましょう。




どうも、桃ジュースというと不二家ペコちゃんのネクタリンのドロドロイメージが強いのですが

こちらは、さっぱりといただけました。

ああ、伊達市の桃か。懐かしいな(後日登場します)。


さて、郡山に向かった私は、そのまま一路、福島駅を目指します。

理由は次回。