こういう理由 で、9月の県外テーマは福島県です。


鉄子な私ですが、観光列車にはあまり興味ありませんでした。

しかし、2012年に宮崎に行った時、

目的地にその時間に行ける電車がそれしかなく

半ば、仕方なしに乗った観光列車「海幸山幸 」が非常に楽しく、

観光列車もいいもんだなーと思って三年。


JR東日本で、土日に一日二往復、

郡山駅~会津若松駅を走るカフェ列車





フルーティアふくしま 」なるものがあるのを知り、

乗ってみたいなーと思いつつ

毎度のごとく、思ったまま忘れてたんですが

へびいちご様からメールを頂戴しました。


「フルーティア、7月からは桃スイーツが登場するそうです」


桃!


桃好きなんだー。

しかし、7~8月は忙しくて行けそうにないなぁ。

と、JR東日本のサイトを見ましたら、9月は黄金桃が登場するんですと。


黄金桃!


9月なら行けるかも。きっぷ買いに行こう。

でも、これって、みどりの窓口ではなく「びゅう」でしか買えないんですね。

びゅうなら宇都宮駅にあるな、と、8月下旬に特に何も考えないで行きました。


えーと、この日の1号列車ください。


「完売です」


2号列車でもいいですよ。3号でも4号でも。


「完売です」


この日は? え、ダメ?じゃあ、この日、この日、じゃあこの日だー!


「完売です、完売です、ダメですねぇ。ああ、完売です」


こうなったら心理戦。

シルバーウィーク中日の一番列車なら空いている気がする。




心理戦勝利。



このバウチャーで、ケーキ&珈琲と引き換えになるそうです。

無くさないようにしなければ。


怖いのは、宇都宮から郡山まで行く電車の遅延。

乗りはぐったらシャレにならん。

で、早く行きすぎてしまった ワケです。


9時になった。

ホームで待ってようかな。

一番線か。



一番線への階段は、フルーティアムードに満ち満ちておりました。

階段をあがって、最初に目に飛び込んだのは


貨車でした。

いいなー。あの形好きなんだー。


いや、私の今日の目的は




この、フルーティア。

そろそろ入線…


すでにキテター!


素晴らしい、なんて婦女子的なルックス。

1号車と2号車があるのか。

わたし何号車だっけ。2号車だ。

でも、2号車にはこのイラスト描かれてない。

1号車の方がいいなーと

窓にへばりついて覗きこんだら(不審者)

1号車はラウンジのみで、指定客席は無いようでした。


そうなんだ。では2号車に乗りこもう。



おー。

素敵なテーブル。

しかし私が座るのは


こちらの、一人用座席でございます!

一人用は4席しかないので、激戦なんでした。




テーブルに敷かれているランチョンマットも、フルーティアムードを盛り上げております。


係員のお姉さんのメイド服的コスチュームもいいですね(←おっさん)。

お姉さん、車内見まわったり、写真撮ってもいいですか。


「どうぞ」


やほーい。

いざ、2号車から1号車へ探検。


まずは、途中にあるトイレから(さすがに画像無し)。


うわー!豪華!

ウォシュレットつきの車内トイレって初めてみた。




手洗い場も美しい。



ベンチもある。


では、いざ、夢の1号車へ。


おおっ。


お水に、アイスティーに、アイスコーヒー!

すごい、さすがカフェ列車。


「お好きなものを、お好きなだけお飲みください」


わぉー。

さすが、乗車券込みで5千円(値段は時期により変動)。


「フランス料理のフルコース食べられる値段だな」


とかは、思わないようにします。


お土産やお菓子も売ってます。



かわいーですねー。




お、日本酒も。

なるほど、奥様に引きずられてきたお父さん方は

こういう楽しみ方があるか。


あ、そろそろ発車時刻だ。

自分の席に帰ろーっと。

せっかくだから、アイスティーいただいていきます。




席に戻りましたら、席はほぼ全部埋まってました。

(空いてる席は、途中から乗る人がいるから)

フルーティアは、通常の磐越西線に連結しているので

通路のガラスの向こうには、普通の列車の様子が見えます。

うおっ。満席で、座れてない方も多々。


どうもすみませんね、という気持ちと、だって五千円も払ったし、という気持ちが半々。


奥の席のご家族は、5歳くらい男の子が


「僕、これよりあっちの電車に乗りたい」


と、目の前の貨車を指さし、


「お母さんが、どれだけ苦労してチケット取ったと思ってんのよ」


お母さんに怒られていました。




わー、乗車証明書だ。




アイスティーもさすが美味しい。


「お待たせしました、フルーティアふくしま、発車でございます」


待ってましたー。



続く。


★★★★列車情報★★★★

フルーティアふくしま

詳細はリンク先をご参照ください