2013年春、徳島旅行で出会ったいちごパフェ で目覚め


日本全国の、いろんないちごパフェを食べてみたい


と、2014年、「いちごパフェ流れ旅 」と称して

13都府県、約40本のいちごパフェを食べました。


それで気が済むかなと思ったのですが

2015年は「15 いちご」の年(らしい)。

でもって、日本の白地図を「いちごパフェ」で塗りつぶしてみたい。

てなわけで、全県踏破するまで今年もやります「いちごパフェ流れ旅」。


今回のルールは

・とにかく「いちごパフェ」(いちごアイスは不可)

・「いちごパフェ」という名称でなくても、いちごパフェっぽかったら、いちごパフェ。


月の前半は栃木県、後半は県外です。


昨年の栃木編は、値段順に登場しましたが

今回は訪問順に登場します。(なぜなら、値段のソートがめんどくさい)

で、最後に「わたし的いちごパフェ女王様」が登場します。


第一回目は、去年の4月下旬に訪問しました




パティスリーメルシー さん。

今季は登場してないようですが、去年は


いちごとピスタチオのパフェ680円があったのでした。

これくださいっ。


ちなみに昨年の記事に登場しなかったのは

間に合わなかったからです




美しい!




麗しの鳥瞰図(一年ぶりの登場)。




後頭部からウエストラインにかけて、艶やかなお姿。


断面萌えにはたまりませぬ。


えーと、カスタード層、いちご層、パイ生地層、ピスタチオクリーム層

バニラアイス層かな。

ワンダフルライフ!



底にもみっちり、いちごシロップ。



頂点に輝くのは、とちおとめ。





いちごパフェにナイフ(というかスプーン)を入れるのは

いつも


「早く食べたい」「でも形崩すのもったいない」


の、ジレンマで悩むのですが

まぁ、それはかき氷でもケーキでも同じですね。

 


いただきまーす。


ああ、酸味と甘みのバランス、やっぱり私は、とちおとめが好き。

濃厚なカスタードと良いコンビネーションです。

甘味と酸味が濃厚さを中和し
そこに緑のピスタチオクリームがまた濃厚さで絡んできて
またいちごの甘味と酸味で中和され

とっても至福。

コーンフレークではなく、パイ生地(を砕いたもの)が入っていたのも

至福度アップでした。


良いものでした!


てなわけで、4月は徹頭徹尾「いちごパフェ」。

14都道県(予定)、約35本のいちごパフェが登場します。


栃木県内も県外も、昨年と同じパフェはありませんです。


★★★お店情報★★★

パティスリーメルシー

栃木県宇都宮市砥上町795-4
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。
★★★訪問記録★★★
一回目
二回目
三回目
四回目
五回目 (この記事)

六回目