1月のテーマはお隣の海有り県・茨城県でしたが

これにて最終回です。


ラストは、敬愛するフードジャーナリストでありエッセイストの




向笠千恵子さんの著書「日本のローカルごはん紀行」で茨城代表だったお店に行ってみましょう。

ちなみに栃木は、佐野の内藤米菓店 さんでした。


そのお店は笠間にありまして、せっかく新年だし


すぐ目の前の笠間稲荷神社でお参りしてから行こうと思ったのですが

あまりにもの混雑っぷりにメゲて、お店だけ寄って行くことにしました。

(駐車場争奪戦にも敗退し、1キロ先の市営駐車場に停めました)


それは、「二ツ木 」さん。

笠間名物・お稲荷さんのお店だそうです。

その昔、笠間稲荷はクルミ林の中にありまして、そこから、こちらのお店が

「クルミ稲荷寿司」を考案されたのだそうです(本で知ったことをそのまま書いてます)。




実は、私は「甘いご飯」というのがあまり得意ではなく

お稲荷さんも積極的に食べませぬ。

細巻が入っているミックスにしようかな。


「いま細巻きが完売してしまったので、10分ほど待っていただければ」


私は「待つ」のが苦手なのでございます。

稲荷だけでお願いします。




それがこちら。

いざ開封。


ベールを剥がして



ご登場。


口コミ等にも「甘め」とあったので、

覚悟して食べたのですが、それゆえか、それほど甘くは感じませんでした。

(何も知らずに食べたら「甘い」と思ったかもしれない)

クルミがコリコリ気持ちよく、白ごまともナイスコンビネーションでございます。

油揚げの甘さと、酢飯の酸味の対比も素晴らしく

幸せなひとときでございました。


茨城で行きたいお店はまだまだあるのですが

また機会がありましたら、お邪魔したいと思います。

なんせお隣県だし。


明日からは2月ですので(新年から1月経ってしまったのか)

また、ワンテーマで栃木県内を駆け巡りたいと思います。


★★★お店情報★★★

二ツ木
茨城県笠間市笠間1343

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください