1月のテーマはお隣の海有り県・茨城県です。


農園カフェ情報ないかなーと、図書館で





「休日のカフェめぐり 埼玉・栃木・茨城・群馬」を読んでましたら

農園カフェではないんですが

心にぴこーんと来たカフェがありました。




それが、笠間にある



海のふた さんです。


海が遠い笠間で、海への憧れを表したお店の名ということと

週末のみ営業ということと





食事メニューがマロンパフェ一本のみということに惹かれました。

笠間の栗を使用されてるそうです。


ご当地パフェで47都道府県踏破目指してる私です。

茨城県庁内のカフェに「納豆パフェ」があるそうなのですが

今回は見送りました。


マロンパフェ880円(私に「ミニ」の選択肢はない)と

ほうじ茶200円ください。


本読んで待ってよーと。

あっ。昔の自休自足があるっ。




昔のは良かった。


将来的には離島に移住考えているので、じっくり読もう。

丸の内外資系OLの友人には

「あんたは、なんだーかんだー言いつつ、結局最期まで地元にいるよ。

 このカシオミニを賭けてもいい」

と言われたので、悔しいので本気で考えよう(そのうち)。




考えてたら、マロンパフェがまいりました。



大きい。

その迫力に…



まるで後光が射しているように見える。


栗とバナナのほかに、季節のフルーツが入るとのことでしたが



この日は、りんごでした。




麗しの鳥瞰図。

どこから食べようかな。




やっぱり栗だよね。



いただきまーす。


栗が濃厚なお味です。

バナナのコクと生クリームの伴奏で

非常に濃厚に感じます。

途中で酸味がほしいと思ったら、なるほど、中にりんごがありました。





国産ほうじ茶でボー。

ああ、さっぱりする。



よしっ。

移住については、まだ今度考えよう(毎度っ)。


★★★お店情報★★★

海のふた

茨城県笠間市大渕1702-6

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください