こういう理由 で、12月は今年一年間の山×食の記録です。


今年の最終目標は、日本最高峰の富士山に登頂し

山頂でコーヒーでボーだったのですが

その一週間前に行った日光白根山で高山病になりました ので

リスクを考え、涙の断念をしました。


予約していた山小屋にキャンセルのメールを入れ、

喪失感に襲われながら

よくよく考えてみれば…




私が山登りを始めたキッカケの「山登り始めました」で、

しらびそ小屋、木曽駒ケ岳に続いて行きたいところがありました。

それは…


尾瀬。


夏がくれば思い出す!

もうすぐ秋だけど。

よし、尾瀬にしよう。

でも、どうやって行くんだ。

自力運転で行く気はないし、東京まで行って夜行列車で行くのも面倒だし

宇都宮発着のツアーは無いし。

悩んだあげく、自力運転で行くことにしました。


湯元温泉越えて金精峠を越えれば

もうすぐ尾瀬だというではないか。

湯元温泉まではよく運転していくもんね。

よし、富士山用にキープしていた休暇を使って、尾瀬に行こう。


朝6時に家を出まして


朝9時に尾瀬.の鳩待峠に着きました。

ハイシーズン時は鳩待峠には駐車できないのですが

時期により可能なのでした。


うっ。やったよ、自分。

ついに尾瀬まで運転してきた。

しかし…



雨でした。


どこまで雨にたたられるんだ私は。


車の中でフテ寝したら、目が覚めた時に

雨が上がってました。


まぁ、チャンスかも。

今のうちに…


尾瀬ヶ原方面に行ってしまおう。

しかし…



中学生の団体様が。

あら、ガイドさんもついているのね。さすが遠足。

せっかくだし、最後尾についていくか。





まぁ、これがウワサの木道…

…と、歩きはじめた途端に滑って転びました。

いてー。


ガイドさん「ガニ股で歩くといいですよ」


すみません、中学生の皆様用のガイドさんなのに

こんなお局に助言をいただきまして。




まぁ、なんてでっかい葉っぱ。バナナの葉かしら。

外来種問題がここまで。


ガイドさん「みなさーん、はい、これが有名な水芭蕉です」


…。


とぼとぼと歩いてましたら


「熊だー」


きゃー。

ああ。10メートルくらい先で熊が木登りしている。

どうしよう、生まれて初めてナマ熊みちゃった。

いや、その前にこないだ動画で見た対ヒグマ戦の攻略法思い出さなきゃ。

えーと…

…と

思い出しているうちに、熊の方が逃げていきました。

そうか、こちらは団体様だもんな…。




山の鼻ビジターセンターに到着。

ここから先が…



The 尾瀬 な風景が広がっておりました。


わー。

なんか夢の中にいるみたい。

見惚れながら歩いていたら



なんか、あっと言う間に第一目的地に着いてしまった。

それは…


原の小屋 さん。

山小屋ですが、カフェもあります。

私が「山登り始めました」を読んで、来たかったのがここでした。

なぜならば




この、萌ゆるメニューの数々!


どれを食べようか悩みながら来たのですが

食べたいものを全部食べることにしました。

まずは…




山小屋手作りカレー800円。

やはり、山と言えばカレー!


いただきまーす。

わー、カフェカレーみたい。

美味しいっ。


そして、雪解け水のかき氷。


ガリガリ系ですが、疲れた身体に染み渡る。

そしてもちろん



雪解け水のアイスコーヒー。




これでボーっとするのが夢でした。


幸せ満足。

が、これはまだまだ序章に過ぎない

幸せな旅が待っていたのでした。



★★★お店情報★★★

原の小屋

福島県南会津郡檜枝岐村燧ケ岳

詳細 上記リンクをご参照ください