こういう理由 で、12月は今年一年間の山×食の記録です。


いよいよ、栃木県最高峰の、日光白根山にチャレンジ。


ルートはいくつかありますが、メジャーどころでは、


A 丸沼高原からロープウェイであがる(群馬県)

B 菅沼登山口からあがる(群馬県)

C 日光湯元温泉の登山口からあがる(栃木県)


栃木県民ですからCルートで上がりたいと思います(鼻息)。


知人の登山な方いわく


「A!初心者なんだから絶対Aで行きな。 そしたら山頂まで2時間半くらいで着くし、それほど難しいところもないから」



いえっ、男体山も登れたし、大丈夫だと思います。


「Cルートは急登が延々続く上に、道が結構荒れてるんだよ。 無理だって」


無理と言われると行きたくなるのが私の性格でございまして反対を押してCルートで行くことにこだわりました。


経験者のアドバイスは、聴いておくべきでした。

当時の(と言っても数か月前ですが)私は自分の意見に凝り固まり







朝の6時、日光湯元温泉スキー場近くの駐車場に車を停めたのでした。


いざ、白根山に挑みます。


えーと、登山ポストに届を入れて、と。

登山ポストここなんだぁ(←伏線)。




いざ、挑み…

確かに、すんごい急登(初心者的に)、さらに、笹が生繁って道がよく分からん。




息を切らして振り向くと、

わー、お天気になってきた。

やったー。男体山で雨に振られたもんね。




登山開始後3時間、ちょっと開けた所にでました。


ここが天狗平。




じゃあ、もうちょっと進めば…



着いたー。



白根山(2,373m)!


Cコースを選んだ場合は、ここからの絶景が迎えてくれるそうです。




わー。雲海(でいいのかな)。

あっち尾瀬方面かな。



男体山から見られなかった中禅寺湖!


目の前に雲がある!


ここまでの標準コースタイムが2時間40分。

私のタイムが3時間半。


遅れてるけど、下山時間には余裕持ってるし

慎重を期してゆっくり登ってるから、大丈夫でしょ(←フラグ)。

レッツおやつタイム。




白根山登山予定が雨で流れることが続いたので生菓子は回避し、常温または保存できるものにしました。




チェリーボブさんの「いちごおとめ」。

実は登ったのが9月なのですが、チェリーボブさんが10月に閉店されたことを記事書いている今知りました。


気圧で袋パンパンですね。


いちごの酸味と甘さが身に染みる。


目の前を流れる雲を眺めながら、コーヒーでボー。

なんというわんだほなコーヒータイム。


それでは、もう目の前に見える、日光白根山、 栃木県最高峰に、いざ、進みます。

山頂は

見えてからが

 長い


一句。

★★★山情報★★★

前日光白根山

栃木県日光市


★★★お店情報★★★

チェリーボブ

栃木県日光市

※閉店されたそうです。