★★★お店情報★★★
果実園 東京店
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 改札外 1F キッチンストリート
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★訪問記録★★★
一~二回目 この記事
三回目 
四回目

苺の種類:あまおう

産地:福岡県


こういう理由 で、4月は最初から最後まで「いちごパフェ祭り」です。


東京編のラストは、「東京駅地下はいちごパフェ帝国」探索です。

前々回の資生堂パーラーさん前回の千疋屋さん と同じく

東京駅の地下にあります…



果実園 東京店 さんに行ってみました。

こちらのお店も、私の「フルーツパフェバイブル」である



こちらのCafe Sweets2010年8月号に掲載されたお店でした。


こちらのお店の凄いところは、22時まで営業されてることです。

つまりは、22時発の愛用寝台列車・サンライズ瀬戸に

乗る前に食べることができるんですね。




最初に行った時は普通にストロベリーパフェ980円を頼みまして

(このころは超初期だったので、いちごの品種訊いてませんでした)


迫力にぶっ飛びました。


ときめきの断層部分を埋め尽くす苺。



大輪のバラのような頭部。




では、麗しの鳥瞰図からそのままいただきます。


いちご美味しいー!

さすが果物屋さん。



イチゴアイスとバニラアイスも美味しいです。


そんなワケで、東京駅地下にある上に、夜遅くまで営業しているので




また行ってしまいました。

この日は、明確な決意のもとにお邪魔しました。

それは…



この、「あまおうパフェ1500円」を食べるのです。


これも、怒涛の迫力。


チョコレートが艶めかしい麗しの鳥瞰図。


やっぱり、ひたすら苺!の断層部分。


それでは、いただきます…


ゴージャスな甘さと酸味。


うーん、やっぱり、あまおう強し…




これまた美味しいアイスと二重奏で

口の中が怒涛のオペラ。


正装でアクセサリーと勲章をフルにつけた

女王様が登場した気分だ。


県外記事では、こちらが女王様かな…

と思ったのですが、明日の最終回で、ラスボスというか怒涛の女王様が登場します。


続く。