苺の種類:やよい姫 or あきひめ or 紅ほっぺ

産地:静岡県



こういう理由 で、4月は最初から最後まで「いちごパフェ祭り」です。

県外記事におきましては、栃木から遠い順にブログ公開してますので

時系列はめちゃくちゃです。


なもんで、位置的には愛知 の次で静岡なんですが

いつ訪問したかというと、神奈川県は川崎市で

泥んこまみれになって競馬場を走り抜けた日 の午後

青春18きっぷで




静岡駅までやってきたのでした。


よろよろよろ…


あ、足腰がガクガク…。


目的地までは、駅から5キロくらい。

本当は、レンタサイクルで行って

「午前中はマラソンしたから、トライアスロン!(水泳はどこに)」と

意気込んでいたのですが

そんな気失せました。


バスでいこ。




路線バスで揺られること20分くらい。







なかじま園 さんにつきました。

こちらは、いちご農園で






カフェもやってらしゃって、

苺パフェが有名…

苺…



うそーっっ。


ということは、いちごパフェをオーダーしたら

アイスだけが出てくるのであろうか。


「あ、違います。苺だけの販売は完売しているということです」


あービックリした。


さて、いちごパフェを追い求めた日々、行列はほとんど遭遇しませんでしたが

(この点、かき氷より楽だった)

ここと、あともう一か所だけ遭遇しました。

だけど、すぐに順番が回ってきましたので

贅沢ストロベリーパフェ700円を





オーダー!


まああ、なんて清楚な美人さんなのでしょう。





麗しの鳥瞰図。




ときめきの断層。




良家の子女テイスト。






右斜め上45度からの表情も可憐で





バラの女王のような盛り。





では、いただきます…


瑞々しい!


目の前がいちご園だから、非常に新鮮。





ソフトクリーム部分もめっちゃくちゃ美味しいです。

高級すぎない感じで、美味しいです。


あ、品種聞くの忘れた。

お店の方、この苺はなんでしょう。


「えーと、ちょうど『やよい姫』と『紅ほっぺ』の切り替えの時だったので

 そのどちらかです」


瑞々しい感じだったんですけど。


「両方そうだと思います。オレンジっぽい風味を感じたら

 やよい姫です」


んー分かりません。


…という会話をしたメモを残していたのですが

ここでミステリー。

やよい姫はたしか、群馬の品種だったような。

とすると、「あきひめ」の聞き違いだったんだろうか。

なかじま園さんのオフィシャルサイトみると、「あきひめ」販売してるし。




目の前のバス停から帰りのバスに乗り




車窓を見ながら悩む私。


はたしてあれは、やよい姫だったのか、あきひめだったのか、紅ほっぺだったのか…


静岡に泊まったので、ホテルにチェックインしても

なんか謎は解消されず、

気分転換に街中に散歩に出ましたら





果物屋さんがありまして

小さい「紅ほっぺ」を300円で売ってましたので




夕飯がてら、買って食べてみたのですが

果肉が非常に柔らかい。

さっき食べた苺とは品種が違う気がする

とすると、あきひめかやよい姫か。


あ、疲れがイッキに。

明日は始発で帰らねばならない。

寝よう。

お休みなさい。

ぐー。


続く。



★★★★お店情報★★★★

なかじま園

静岡県静岡市葵区羽鳥本町11-21

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください