倉吉から、鳥取市に向かってレンタカーを飛ばしてきた私です。

私が今回、公共交通機関ではなく、レンタカーを選んだのは

古事記の因幡の白兎の舞台(と言われている)




白兎神社&白兎海岸に行ってみたかったからです。

古事記ラブ。


バスでも来られなくはないんですが、本数が少ないので

日程が限られた身では、レンタカーを選んだ方が無難でした。


いやー。すごい雨と風だなー。

さすが暴風雪警報。はっはっは(涙)。




因幡の白兎のくだりは、読んでて背中が痛くなる気がするのですが



大国主命様に助けられ、最後ハッピーエンド(?)なので良かったです。

さて、白兎神社に行くぞ。




この階段を昇るのかー。

この風雨の中をー。

いや、ウサギのごとく、駆け上がってみせる。

いざーっ。


つるっ


最初の一歩目で足が滑って、コンクリの階段に

弁慶の泣き所を強打しました。


ああ、今の私に、今の私に必要なのは…





大国主命様の手…

って、
大国主命様どころか誰もいない。


自力で這い上がり、

お参りして戻った先は、目の前の




道の駅神話の里 白うさぎ


風雨の中すっ転んだので、全身ずぶ濡れ。

拭いていこう。ふきふき。

お腹すいた。

お昼にしよう。




道の駅といえばやはり、ご当地メニュー。

しかも、海沿いならやっぱり、海鮮系でいきたい。



あっ。

これにしよう。ご当地バーガー「もさバーガー 」。


>地元では「甘えびよりも甘い」と言われるご当地海産物
>「もさえび」5尾分をペースト状にアレンジ、
>エビカツに仕上げたものを目玉焼きとともにサンド。
>イカスミを練りこんだ真っ黒バンズとも相性ピッタリ!


だそうです。




こちらー。



形状がハート。

あえて考えまい


うーむ。

ポスターとビジュアルが違うような。

目玉焼きもない。


食べてみよう。

うーむ。

パンがもさもさ。

もさえびカツも、なんかシャリシャリ(殻かな)。

パンとカツをつなぐものがもうちょっとほしい。




これはこれとして、ご当地の思い出として

心のアルバムにしまっておこう。

で、目の前の白兎海岸を眺めてて思ったのですが




走る白波が、ぴょんぴょん跳ねてくるウサギのように見えました。

なるほど、だから白兎。

と、うんうん頷きながら、鳥取市街地へと運転していくのでした。


★★★お店情報★★★

白うさぎの台所/道の駅神話の里 白うさぎ

鳥取県鳥取市白兎613

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください