※お盆はお休みです


今年夏号のふぉと栃木の16ページ ご覧になりましたか。

(携帯でPDFが見られるならこちら から)

「あの頃のとちぎ」というコーナーに

「涼を売る」というタイトルで、1980年頃の

屋台のかき氷屋さんの写真が載っているのですが

その、かき氷屋さんのおじーちゃんの笑顔が

すんごく優しそうなのですよぉぉぉ。

思わず涙が出てしまった。


そんな折り、T橋様から、メールをいただきました。


>「道の駅しおや 」の北東の裏手、
>和気文具店に夏季のみ併設される極めてローカル、村チック、
>ノスタルジックで清潔なかき氷屋さんがあります。
>駐車場はご自宅の庭の中。

>かき氷の幟がはためいています。
>優しいおばあちゃまが昔ながらの削氷機で松月氷室 さんの氷を削って
>くれます。シロップは十種類以上。行列は見たことありませんが、
>外と中にあるテーブル席は四卓ほどしかありません。
>こじゃれた世界とは真反対のお店ですが、ご紹介したくて。
>溽暑の節、御身お大切に。                               
>土日も営業しています。


なんてご丁寧な文面。

こちらも「あなかしこ」とか言わねば。

溽暑…

(読めないなんて言えない)


文具店でかき氷ってすごいですね。

というワケで、さっそく行ってみましょー。


2007~2012の口コミ調査隊はこちらから

2013年

第一回目 まろにえ21 ばばちゃんショップ (鹿沼市)

第二回目 うず潮 (宇都宮市)

第三回目 長崎五島うどん (宇都宮市)

第四回目 手作りパン しのぱん (鹿沼市)

第五回目 ココスプーン (足利市)

第六回目 石臼びき手打そば 悠庵 (佐野市)

第七回目 食パン専門店 利 (日光市)

第八回目 zakka & Coffe iroe (宇都宮市)

第九回目 丸八食堂 (日光市)


に続く第十回の口コミ調査隊は、塩谷町から。

えーと、道の駅の裏手にー


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ああ、この幟はかき氷の証し。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


駐車場もご自宅の中。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ありました。

和気文具店さん。

なんでここに文具店が。と思ったけど、この道の駅って

考えたらちょっと前まで中学校だったな。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちらがメニュー。

うううううっ。


安い


250円から。

日光天然氷を使っていて250円って

私が知っている限りで最安値。


どれにしよう。


と、悩んでいたら、おばーちゃんとお孫さん(男の子)のお客さんが来ました。


男の子「ぼく、カンロ」


おっ。お兄ちゃん、通だねっ。

とか言いそうになってしまった。


「何にしますか?」


なんて優しい声。

思わず涙が。って私も決めなきゃ。

やっぱりこういうお店って「いちご」だよね。

と言いつつ、夏みかん300円。

なんかセレブな気持ちになってしまった。


中にもお席はありますが、

やはり私は…


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


屋外。

かき氷は、やはり真夏の炎天下の屋外が映える。

歓声が聞こえてきたので、おばーちゃん&お孫さんのところにかき氷が

来たのでしょう。


男の子「おいしー。信玄餅についてる蜜、この氷にかけて食べたいなー」


このお兄ちゃん、パティシエに向いてるんではなかろうか。

なんて勝手に思いこんでたら



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


私のもキター。

嬉しい。ガラスの器。

そして…



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


大きい!

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ああ、氷の粒々が涼を呼ぶ。

小さくなって、この中に飛び込みたい。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


小さくなって、ロッククライミングで這い上がりたい。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


そんではいただきまーす。


涼~


ガリガリ系の食感が涼を呼ぶ。

やっぱり、真夏の炎天下で食べるかき氷は、ガリガリ系の食感が好きだ。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ああ、小さくなって、このくぼみの周りをお鉢巡りしたい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


日本の夏。

甘酸っぱい夏みかんが、身体の中を涼と共にかけめぐる。

そして、小さい頃のかき氷の記憶を呼び覚ます。


夏休み、近くのプールに泳ぎに行って、プール前のお店で

100円のかき氷食べて帰るの楽しみだったなぁ。

あまりにもかき氷が好きで、家庭用の小さいかき氷マシン買ってもらって

毎日毎日削って食べてたっけ。

シロップは「いちご」が好きで、食べた後に鏡で舌をチェックして

真っ赤な色に喜んでいた…。

どっちかというとそれが楽しかったのだろうか(遠い目)



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


最後の頃まで水に戻らず、半溶け状態を堪能させていただいました。


お客さんは、ご近所さんが100%なのでしょうか。

作業着姿のおじちゃん&お兄ちゃんたちのお客さんが入ってきて

「いちごミルク」と注文した時には、ちょっと萌えてしまいました。


冷たいものを食べたら、お腹を温めることにしてるので、

道の駅に戻って


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


農村カフェまがりな さんで、ホットコーヒー飲んでいきました。


ご主人「この炎天下にホットコーヒーって通ですねっ」


いえ、かき氷食べたもんで…


なお、和気文具店さんはお盆はお休みだそうです。



あらあらかしこ。


★★★お店情報★★★

和気文具店

栃木県塩谷郡塩谷町大字船生3727-4(道の駅しおや の真裏)

営業時間 かき氷は夏期の10~17時

定休日 不明(お盆はお休み)

※お店情報は訪問当時のものです