鉄道の駅と道の駅と温泉とダムの四点セットが揃っているというのは

珍しいんではないかと思うのですが


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


そんな私的「萌え要素」が四点揃っている「道の駅湯西川 」には、よく行きます。

で、その目と鼻の先…というかダムの対岸にできた

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


古民家食堂六代目へいじ さんに行ってみたかったのでした。

冬の頃行ってみたかったんだけど、この周辺は、

私の運転スキルでは来られないもんねー。積雪で。


「古民家」で私の萌え要素五点目。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


さらに、「カマド炊きご飯」で萌え要素六点目。

さらにさらに、我が最愛の「もちぶた」があるので七点目なんですが…


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


お値段的には、どれも私のお財布要素からはオーバーしていた。


えーと、いちばん安いカレーください。


「今日は切れてるんですー」


がびーん。

すると、もちぶた塩だれ炒め定食、角煮、朴葉味噌定食のどれかか。

値段はどれも同じ2100円。

角煮や塩だれ炒めは、自分でも作れそうな気がしないでもないので

朴葉味噌定食で。


お茶はセルフで、飲み放題です。

この日はプーアール茶でした。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まぁ。ご立派な五月人形。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あら、素敵な席ー。

またーりシート。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


見える光景もすてきんぐ。


「前菜盛りです」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まぁ、山里な感じ。

この黄色い花は食べられるんでしょうか。


「いえ、山吹なので、飾りで…」


これは山吹っ。

うわああああああん(号泣)


食べられないから泣いたのではございません。

哀しい気持ちになるのは、

十市皇女が亡くなった時、高市皇子が


山吹の立ちよそひたる山清水汲みに行かめど道の知らなく


(黄色い花の咲く場所(=黄泉の国)に水をくみに行きたいけど

 行き方が分からない)


と詠んだのでございます。

高市皇子が生涯に詠んだ歌は三首しか残っていないのですが

その全てが、十市皇女を偲ぶ歌だそうです。おいおいおい(泣)。

私は十市皇女&高市皇子が古代史でいちばん好きなのでした。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


哀しいので、お花は向こうに行ってもらって 前菜食べよ。

素朴系で美味しい。

ご飯の友系ですね。ご飯欲しい。竈炊きごはんー。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


きたー。おひつで登場は嬉しい。

お味噌汁のお椀もかわえー。


ところで、私は普段から土鍋炊飯しております(理由:炊飯器がない)。

土鍋ご飯も美味しいけど

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


竈もいいですねー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


お味噌も美味しい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


朴葉味噌登場。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


「火は既に通ってるので、味噌の香ばしい匂いが立ちあがったら

 お食べください」


はーい。

このお味噌は30年モノだそうです。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


いただきまーす。

味噌のコクともち豚のコクが、竈炊きご飯の上でナイスコンビネーション。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


この味噌をアテに日本酒飲みたい。

…けど車なので無理であった。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


最後に林檎ジュースで〆。

これも美味しかったー。


お値段的に、私がちょくちょく行くのは厳しいですが

県外からのお客さん連れてくる時はいいなーと思いましたです。


★★★お店情報★★★

古民家食堂六代目へいじ

栃木県日光市五十里73
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください