実は行ったことのなかった宇都宮の老舗シリーズ


今回は というか今回も母からの呼び出しで始まります。


母「ちょっとー、大戸屋行きたい、大戸屋」


はいよー。と実家に行ったらば


母「蕎麦屋行こう、蕎麦屋」


さっきと話が違うではないか。


母「いや、さっき友達と『思い出のお店』の話をしてたらば

  急に思いだして行きたくなった蕎麦屋があるのー。

  私が街中でOLやってた頃、よく出前とった」


何十年前の話ですか。


母「いや、そのお店まだあるんだよ」


いいですよ、行きましょう。携帯ナビで探すから、お店の名前教えて。


母「忘れちった。電話番号の下四桁だけ覚えてる。5656。

  なんせ私が出前の電話したから。ゴロゴロだよ、ゴロゴロ」


それでどー探せというのだ。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


で、検索できてしまうのですから、検索エンジンとは素晴らしいものです。

それがこちらの高砂 さんでした。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


メニューは↑↓

大きく見たい場合は画像をクリックしてください。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


母「私は鳥南蛮650円ー。OL時代はいつもソレだったんだ」


蕎麦でいいんかい。


母「うどん!うどんがいい」


このへんは遺伝であろうか。

私は鍋焼きうどん1050円にしよう。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


丼モノにミニ蕎麦をつけるか、蕎麦にミニ丼をつけるか、それが問題だ。

と悩みつつ、夜に炭水化物×炭水化物はデンジャラスなので

昼に来た時にしよう。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


母「キター!我が青春の鳥南蛮!」


このテンションの高さは何かを連想するなー。

あ、こないだスガキヤにン十年ぶりに行った時の自分 だ。

遺伝の文字が脳裏を去来する。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


母「我が青春の味ー!

  残業の時、社長がいつも出前とってくれたんだー」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


私の鍋焼きうどん到着。

鍋焼きうどんの華、それは、フタを開ける瞬間のこの「ドキドキ」。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


きゃほー。美しい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


つるつるモチモチでうまー。

また来て、違うの食べてみたいなー


母「カツ丼も美味いんだよ、カツ丼。よく食べたな」


なるほど、やはり遺伝か。


★★★お店情報★★★

高砂

栃木県宇都宮市二番町1-3
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください