過去の口コミ調査隊はこちらから。


やっぱり今年も始まる口コミ調査隊。

先日、幼少のみぎり、東武宇都宮線江曽島駅近辺の思い出のカブト揚げ があったけど、そのお店がどこだかもう分からない、という記事を書きましたが、そちらでいただいた

けつけつ様のコメント。


>思い出のかぶと揚げ、南宇都宮の「みますや 」じゃないかという気がしてならないのですが
>食べた事ありますか??
>みよしさんとはちょっと違う感じで、味が濃い目にジュジュッとしっとりで、ギリ江曽島エリアかなと‥
>もし違うとしても、私は宇都宮で一番おいしいかぶと揚げだと思います~☆


というわけで、すっ飛んでいきました。

宇都宮文化会館から歩いて5分ほど、南宇都宮のー


1000円グルメの日々in宇都宮


みますや 」さん。

事前に(というか文化会館の駐車場から)電話確認したのですが、

カブト揚げは1個350円、揚げるのに15分、テイクアウトの場合は2個以上からとのこと。

てなわけで、電話してキッチリ15分後に、700円握りしめて行きましたです。

店内は、昔ながらーの赤ちょうちんスタイル。

ちらっと観たところでは、メニューはホントーに絞られていて、ご主人は、ひたすら揚げていらっしゃいました。

揚げる背中に「漢」の文字が見えるようでございました。


雪も降ってきたので、急いで持って帰って



1000円グルメの日々in宇都宮


自宅でしばし愛でる。

今度は、あの思い出のカブト揚げかな。どきどき。

いざ、

1000円グルメの日々in宇都宮


オープン!

くしゅくしゅっとした感じの衣は、思い出のを彷彿とさせる感じ。

香りも、近い感じ。

では、さっそくレモン切って

1000円グルメの日々in宇都宮


いただきますっ。

1000円グルメの日々in宇都宮


がぶりっ。

これは…

私のノスタルジック心を非常にくすぐる味。

濃い味付けは、白い御飯を求めさせ、パリパリではなく、くしゅくしゅした感じの衣は

あの記憶を呼び覚ますような気もする。


が。


私はここで、いきなり思い出してしまったんです。

「買いに行ったのは、昼間だった」

居酒屋さんであるこちらでは、多分営業時間的に合わない。てことは、違うんだorz


で、それはそれとして、置いといてー(ジェスチャーつき)


これ、メチャクチャ私の好みのカブト揚げっっ。

記憶のあのカブト揚げに近い味付けってのもあるんでしょうけども

この濃い(not しょぱい)味付けが、なんとも言えず好きだーっ

もうコレはリピ必至。毎週買ってもいい。

一度で2個食べてしまいました、はっはっは≧(´▽`)≦

というわけで、けつけつ様、ありがとうございました。


さて、本題に戻りまして、あの思い出のカブト揚げのお店はどこだったのか…

同じくコメントいただいた「ねこひゃく」様&「くりくり」様によると、

緑町の生協の隣にカブト揚げのお店があったけど、もう無いとか…

もしやそれだろうか…

と、夕飯たかりながら実家に行って母に話振ったら


母「違うよー。陽南小の隣だもん」


ちょっとー!?場所覚えてんじゃないの!店名覚えてなーいって言ったのにっ。


母「店名は訊いたけど、場所は訊かなかったじゃん」


なんて、フレキシブルさが欠けた考え(><;

んで、そのお店はまだあるの!?


母「分かんなーい。あのへんン十年行ってないもん」


居酒屋だったっけ!?


母「違うよ。なんかね、鶏肉屋さんみたいな感じ」


あ。

なんか、記憶の沼の奥底に、チョウチンアンコウが泳いできたかのごとく

灯りが少し灯ったような感じの、記憶の蘇り。

ホントに小さなお店で、店頭にショーケースがあって、そこで買ったような…


よしっ。次回はそのお店探索だ(`・ω・´)

六年半後、答えがでました




★★★お店情報★★★

みますや

栃木県宇都宮市吉野1-3-3
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事