湯西川を出て 、121号をぐあーっと街中方面に戻ってくると、春日町の交差点。

この目と鼻の先が


1000円グルメの日々in宇都宮


松月氷室 (しょうげつひむろ)さんなのでした。

今年もかき氷が始まって、今日はかき氷日和(と言えなくもない気温)

書き初めならぬ、かき氷初めしてこーo(〃^▽^〃)o

11時のかき氷タイム開始直後なら余裕で座れると思いきや、既に

7割くらいの入り(@@;

カウンターの隅っこに陣取らせていただきました。

1000円グルメの日々in宇都宮


わー。コレ昔の冷蔵庫だ。上の段にでっかい氷入れて、

下の段に冷やしたいモノ入れるんだよなー。

リアルタイムでは知りませんことよ(`・ω・´)

昔調べ物してて、大正時代の新聞見てたら広告に出ていたのだ。

1000円グルメの日々in宇都宮


わー。昭和30年代のガラス器だって。きゃわえー。

1000円グルメの日々in宇都宮


こないだのラムネ だー。樽に入ってると、ウマそー度アップ。

おっと、注文。

こちらは、自分で書いてお店の方に渡さねばならぬのである。

1000円グルメの日々in宇都宮


えーと、どれにしようかな。デカく見たい方はどうぞ画像をクリック↑

イチゴとかの基本メニューは300円という驚きの安さ(´_`。)

多分三回目訪問の時かと思いますが、私のような観光客でカオス的に混雑している中、

近所に住んでるらしい小学校低学年の男の子が一人で来て、「いちごちょうだい」と、

大切に手に握り締めていた100円玉(複数形)渡して、幸せそーにお店のスミで食べていた

光景は忘れられない(´_`。)

なんというか、かき氷への素朴で純粋な愛を見た気がした。


雑念と欲望にとりつかれている私は、今年はコレから行きます(`・ω・´)b

特上マンゴーミルクがけ !

去年、とうとう食べはぐったアレ。アレを食べねば、前に進めないのだー(><;

よし、書くぞ!

「特上マンゴーミルクがけください」っ…


あれ?

1000円グルメの日々in宇都宮『だるまや』  特製 氷和三盆みつ 氷甘酒みつ 入荷しました(*^o^*)





えーと、注文注文

特上マンゴーミルクがけください  → 甘酒ください」


奥から聞こえてきた会話。


「この甘酒シロップのフタ開いてないんですけど。開けちゃっていいんですかー?」

「どうぞー」


ということは、私はもしや (今季)お初(T▽T;)


1000円グルメの日々in宇都宮


きたー。

1000円グルメの日々in宇都宮

相変わらず素晴らしい、この形状、この盛り、この輝き。


「シロップはお好みでどうぞ」


お好み?

1000円グルメの日々in宇都宮9割方食べ終わっても、全然溶けていない。


ならば、もちろんだばだばと行かせていただきます。



1000円グルメの日々in宇都宮


いただきまーす。

…。

おおおおおおおおおおおおおお。

なんというかすごい素朴な和的な美味しさ(´□`。)


清少納言が枕草子で「あてなるもの(ステキなもの)」の段で

 「削り氷に甘葛入れて、新しき金鋺に入れたる」って書いてたけど、

こんなときめきだったのかなー(*´д`*)

1000円グルメの日々in宇都宮


掘削して、そこにシロップを沈殿させ、周りを突き崩しながらいきました。

これを、掘削甘葛沈殿四方崩落工法と言います。嘘です。

1000円グルメの日々in宇都宮

恐るべし、松月氷室さんの氷。


さて、次回こそは特上マンゴーミルクがけで行きたいと思います(T▽T;)


★★★★お店情報★★★★

松月氷室 (しょうげつひむろ)

栃木県日光市今市379

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

★★★★訪問記録★★★★

1回目(この記事)
2回目
3回目
4回目
5回目
6回目
7回目
8回目
9回目(この記事)
10回目
11回目
12回目