2009年 

第一回 楽樹 (栃木市)

第二回 ピアノ (矢板市)

第三回 パネム (益子町)(閉店)

第四回 ふくせん (宇都宮)

第五回 リバーサイドカフェ (宇都宮)

第六回 大華十八番 (那珂川町)→閉店しました

第七回 玉生美蜂場 (塩谷町)

第八回 BAR de ESPANA Zorro (宇都宮)

第九回 カフェなずな (栃木市)

第十回 act.2(壬生町)
第十一回 中国茶 メイクイ (大田原市)


…と来ました口コミ調査隊。


思い返せば「口コミ調査隊」をやるキッカケになったのは、うどんのお宿 さん、

トラットリア・フェリーチェ さん 、ひらいし(現 力造)さん等々をメールで教えてくださった

SK-Ⅱさん(仮名)さんだった…もう宇都宮にいらっしゃらないとのこと。

人の出会いは一期一会…と、最初にいただいたメールを見た私は


どあーっ!!!! と雄たけび。


なんてこったー。他にもお店の紹介がいっぱい書いてあったー。

ご推薦いただいて二年半も経ってしまいました(T▽T;)

もう無くなっちゃったお店もあったりして。とりあえず近所から回ろう。

というわけで、「関西風の甘めの味付けがおいしいコロッケ」とご推薦文にありました

宇都宮駅にほど近い「松井精肉店 」さんにお邪魔しました(`・ω・´)b


お店の存在は知ってたんですけど、ここがそうとは知らなかったのでございます。

まー、小ぢんまりとしたお店だけど、ショーケースにはたんまりと揚げものが。

わーい、うずらの卵フライがある。好きなんだよなー。


しかし最初は堅実に。


1000円グルメの日々in宇都宮


こんな感じで1370円。

紙袋に入れていただけるのがノスタルジックで嬉しいですわー。

1000円グルメの日々in宇都宮


まずは、栃ナビのコメントで人気だった「シューマイ」210円(だったかな)という安さも

ときめきですが、このむっちんむっちんした外見に惚れましたので購入。

たぶん、このブログでシューマイが登場したことは無いような気がしないでもない。

理由は、シューマイにかけるのはソースか醤油かという、個人的永遠の命題に

答えが出ていないからかもしれない。

マスタードがついてる。ということはソースをかけよ、ということかな。

では今回はソースで。いただきまーす。

おおっ。むっちんむっちん。

1000円グルメの日々in宇都宮


基本の揚げもの群。コロッケ、メンチ、一口ひれかつ。個々の値段忘れましたが

たぶん合計350円くらい。

1000円グルメの日々in宇都宮


まずはコロッケー。SK-Ⅱさん(仮名)のご推薦の品でもありました。

いただきまーす。おおおっ。甘いっ。ジャガイモ的に甘いのか、砂糖なのかな?

(わからん) 関西はこうなのか。関西でコロッケ食べたことないから知らんかった。

でもほのかな甘みは、ノスタルジックをかきたてる(*´д`*)

こないだの「和気精肉店」さんの ある意味対極かな。


1000円グルメの日々in宇都宮


メンチ。でかー。

1000円グルメの日々in宇都宮


割って、一瞬コロッケかと思ってしまった。いただきまーす。

おお、これもまた優しくノスタルジックな。私の苦手な「もたれ系」ではないわー。

うれしー。

そしてこれもまた「和気精肉店」さんの対極な感じ。


1000円グルメの日々in宇都宮


でかく見えますが、一口ひれかつ。

1000円グルメの日々in宇都宮


いただきまーす。お肉柔らかーい。

冷めても柔らかかった。対比的なカリカリの衣が美味すぃ(*´д`*)


さて、価格が1370円になっちゃったのは、次のものを購入してしまったからなのでした。

1000円グルメの日々in宇都宮


焼き豚ー。なぜならこれまた栃ナビのコメントで人気だった。

新聞紙で包んでくれるのが、また嬉しからずや。

(ちなみにディオールの広告でした)

オトナのコブシ大で810円でした。

煮豚じゃなくて、焼き豚なのがうれしー。

1000円グルメの日々in宇都宮


おお!この黒は焼き豚の証。

薄めにスライスして、タレかけてー

1000円グルメの日々in宇都宮


いただきまーす。

おお、ボサボサしてない。

まるで燻製のように、つるん、と凝縮した食感。


美味しゅうございましたーo(〃^▽^〃)o

チャーハン作って入れようと思ったけど、もったいないかなー。


さて、SK-Ⅱさん(仮名)のご推薦はあと三軒。

そして、さらに他の方のメールもまだ行けてないのが何十軒か。

がんばって年内にまわりたい所存でございます。


★★★★お店情報★★★★★

松井精肉店

宇都宮市大通り3-2-11
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★★
一回目(この記事)
二回目
三回目