1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category全国パフェ遍路


お肉カフェに行きましたのは、そもそも、お盆の買い物に街に出たからで、本来の行き先としては

2018-08-13 12.21.24

東武だったんでした。
で、行ってみたら

2018-08-13 12.15.05

なんかパフェのイベントやってる(既に終了)!
イベントプラザー!

行ってみたら「#あまふぇす」というスイーツフェスタで、きっとタイトルからして「#あまふぇす」のハッシュタグをつけて

2018-08-13 12.14.52

SNSに投稿するのが前提の、昨今のご時世を反映したイベントなのでしょー。
ブログが無いのが時代を感じる。
あと5年もしたら、きっとここに並ぶアイコンもガラリと変わっているんだ。
しかし私が今考えるべきはパフェ。

2018-08-13 12.07.25

ここだ。
高橋フルーツランドHATAKE CAFEさん。
何か記憶が。
…。
桃も栽培しているのかー。
まさかここで再会すると思わなんだ。
しかも

2018-08-13 12.07.23

ももパフェ864円。
これも運命。これください。
その前に、お盆用の桃ください(何しにきたか忘れてしまっていた)。

「どの品種がいいですか?」

イチゴ以外は品種はよー分かりませんので、柔らかいのください。
我が家は柔らかさ至上主義。

「あかつきいかがですか?」

DSC04995

では、それで。
2個で560円でした。

2018-08-13 12.07.21

そして、パフェもあかつき。

DSC04989

桃ソフトにカット桃。徹頭徹尾桃オンリーの、桃こそ正義パフェ。

DSC04987

桃ソフトは、桃~~~の味でした(当たり前ながら)。
なんとなーくネクタリン系を連想。

DSC04990

あかつきは、べロベロに柔らかいのではなく、程よい柔らかさでした。

私は桃に関しては
1.かき氷で食べる
2.そのまま食べる
3.パフェで食べる
4.丸ごと桃ケーキで食べる
5.缶詰

の順番に好きです。

そのまんま至上主義はメロンとマンゴー。

★★★お店情報★★★

hatake cafe

山形県上山市阿弥陀地字塩崎前1368-3
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  この記事

いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
今月いっぱいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。
ゆえに、残り二回です。

今年はDCキャンペーンが栃木なので、宇都宮駅のお店などで「栃木なメニュー」がありますが

2018-06-02 14.02.20

日光市の、西洋料理 明治の館さんにもあったのだ。
私は「丸ごと栃木の苺パフェ」の文字を見逃さなかった。
DC用メニューということは、過去にも未来にも出会えない。
そんな青春を大切にするような時をかける少女的メニュー。

食べねば(使命感)。

しかし、1200円…。
予算的にはいいのだけど、問題は

「単品オーダー可なのだろうか」

セットオンリーとかだったら、一週間分くらいランチ予算切り詰めないと来られない。
と、電話してみましたら

「単品でも大丈夫です」

良かった。
しかし、お昼時は外さなければ(混んでるし)。
ということで、15時頃に

DSC03479

行ってみました。
遠い昔に、一回来てオムライスか何か食べた記憶があるんだけどな(たぶん、社会人になってから)。

しかし、15時でもまだ店内は満席であった。

DSC03480

テラス席でもいいんですけど…(まだ虫いないし)。

「大丈夫ですよ」

やったー。

DSC03486

避暑に来ているお嬢様のようなルックス。

DSC03491

頂点を飾るご当地要素三人娘は、とちおとめ(これまた三人娘)。

DSC03490

さらに、日光湯波。
きっと過去にも未来にも、日光湯波がパフェに乗っているのは食べられない気がする。

そしてそして

DSC03494

ご当地チーズケーキ「ニルヴァーナ」。
私、自分でニルヴァーナ買ったことない。お土産でもらって、一かけら食べるくらいで。
ありがたや。

DSC03502

そんなご当地三人娘が、絶妙のバランスで乗る王冠部分。

DSC03487

バニラアイス、苺アイスなどがグラデーションに彩る地層部分。

DSC03504

バランス崩さないように食べないと。
どれから行こうか。

DSC03507

乙女ちゃんかな。
では、いただきます。
当時の一言メモには

「税別」

とありました。
1296円だったのですね。

シーズン最末期だけれど、大き目の乙女ちゃん。
酸味が強いけど、この酸味がパフェの甘みとナイスコンビネーション。
さよなら、乙女。また来シーズン逢いましょう。

お次、湯波。
サクサク系かと思ったのですが

「パリふわ」

でした。

DSC03511

そして、ニルヴァーナ、いきまーす。
食べるの何十年ぶりだろ。

当時の一言メモの二言目には

「にるばーな!」

と、ありました。
この濃厚さ、そして酸味。ああ、ニルヴァーナニルヴァーナ。

地層部分にはチョコやカリカリナッツもあり、食感の変化も楽しめまして
最後は底に沈殿していた、乙女の酸味で締められました。

ああ、大人の余韻(ほわーん)。

★★★★お店情報★★★★
西洋料理 明治の館
日光市山内2339-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
今月いっぱいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です(全31回で終了)。

ココスも毎年「いちごパフェ」が登場します。
12月くらいから「今年も行かなきゃー行かなきゃー行かなきゃー」と思っているうちに3月になってしまった。
このままではシーズンが終わってしまう。


2018-02-24 10.01.14

ということで、3月の中旬くらいに滑りこみセーフ状態で行きました。

あれ?

2018-02-24 10.02.59

ホワイトチョコだっけ?
ノボリ旗が黒かった気がするんだけどなぁ。
もしや、ホワイトデーシーズンだから白に変わってしまったんだろうか。

でも自分の記憶力が最近(いつにも増して)自信がない。
あるがままを受け入れよう。

選ばねば。ミニの選択肢は私には無いから、実質ミルフィーユパフェVSホワイトチョコフレークパフェ。
値段で差がついた場合は高い方選んでいるけど、「チョコフレーク」の文字が、小さいころ大好きだった某森永チョコフレークを思い出したので

DSC00753

それにしてみました。

DSC00755

クルクルと可愛いですねー。往年の少女漫画のヒロインの縦ロールみたい(最近は姫川亜弓さんくらいしか見かけない)。

DSC00757

まさにヒロイン的な、華麗な横顔。

DSC00758

イチゴアイスが、程よい融け加減でうれしい。
スプーンで掘削しながら行くのは疲れるし。

DSC00763

いちごムース、いちごゼリー、カスタードクリーム、バニラアイス、ホワイトチョコプリンなど、「紅白」が基調なれど様々な種類があるのは、華やかでうれしい。

DSC00765

それでは、やっぱり。

DSC00766

イチゴから。
当時の一言メモには
「イチゴが元気」とありました。
やはりシーズン物はシーズン真っ盛りがおいしい。

あと二言くらい書いてありまして(三言メモになっていた)
・ポリポリとおいしい。
・ホワイトチョコプリン圧巻

チョコフレークの食感がポリポリと心地よく、上層部から浸透してきたイチゴ成分と、地底湖のいちごソースをまとったホワイトチョコプリンが、非常に気に入りました。

パフェの語源は「パルフェ(完全)」らしいですが、私には「完全」な幸せでございました。


いちごパフェ流れ旅、残り2回は日光市です。

★★★お店情報★★★

ココス今泉店 

栃木県宇都宮市元今泉1-6-1

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目
三回目 
五回目 この記事

↑このページのトップへ