1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category全国パフェ遍路


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あんぱーんち。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


というワケで、丸の内外資系OLの友人に教えてもらうまで知らなかったのですが

アンパンマンの作者の「やなせたかし」さんは、こちら高知県香美郡在所村(現・香美市)の

ご出身なんだそうです。

そのご縁で建設された香美市立やなせたかし記念館は年間二十万人を呼ぶ

一大集客施設なのだそうです。

アンパンマンの原画を初めて見ましたが、「原画」というものを見るのは人生で二度目だけど

やはり原画は違うわね。なんとゆーか息づかいが見えるというか。


友「二度目?誰の原画を最初に見たの」


安彦良和さんでございまーす。八王子市夢美術館まで行っちゃったよ。


友「ちょっとー、私も誘いなさいよねー」


彼女はガンダムLOVERでもあった(ただしファースト限定)。


さて、この記念館のお隣は、


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


韮生の里 美良布直販店 でございまして(ふりがなついてないと読めない)

いろんなご当地特産品を売っているのでした。

いやっほーい。


友「何、まさか食べる気?」


いや、見るだけ。直売所LOVERとしては、とりあえず見ておかないと。


「当人は気づかないご当地色」が色濃く出るのは、お総菜だと思います。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


アジフライ!産直にアジフライがあるってあんまり無いよねっ?


友「そーおー?」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ジンジャーシロップがいっぱい。さすが生姜名産。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


苺のムースに、土佐ジロー(地鶏)のプリン…。


さて、意外にキャラが出るのが「カツ丼」だと思うのですが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

あら、結構フツーだわ。玉子でとじてるやつ。

お隣の、五目チャーハン+トマトスパ+唐揚げってコンビ、すごいな。(カロリー的に)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


お!海鮮炊き込みご飯だ。

このへん、海有り県だな。


さて、食堂もございまして、思わずメニューをチェックしてしまうのですが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


モーニングメニューがある…

高知県の人は意識してるのか知らんけど、高知って結構モーニングスポットが多い気がする。

幹線を走ってきたからかもしれんけど。


友「あー、なんか夕方が近づいてきたね」


やばいっ。

今夜の宿は山奥なんだっ。陽があるうちにたどりつかないとっ。


と、ぶいぶい車を走らせたものの、途中でへばり、

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


道の駅南国 という、とっても萌える名前の道の駅で一休みしていくことにしました。

目の前は海水浴場です。すごいわ、さすが南国。

最高気温が一ケタでも。


友「寒いよーっ。ちょっと中に入ろう」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あら、アイス売り場がある。

見るだけ見ようか。買うかは別として。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


トリプルでも380円って安いねえっ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まあっ。土佐ジローに、やまもも!なんて萌える。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


友人は抹茶アイス。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


私は抹茶パフェ450円。

わーん、美味しいねー。


友「結局食べてんだよね、私たち」


だってヘヴィ~な山越えするんだもの、体力つけなきゃ。


というワケで、これから今宵の宿に向かいます。

ホントに山奥の一軒家でした。


★★★お店情報その1★★★

韮生の里 美良布直販店


高知県香美市香北町韮生野1211
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



★★★お店情報その2★★★

道の駅南国

高知県南国市左右山102-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


宇治と言へばお茶。

そして、抹茶パフェ。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


宇治駅のほど近くにある、


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


老舗オーラが漂う「中村藤吉 本店 」さんに来てみました。

会社概要 を読んでみたら


>代々当主は「中村藤吉」を襲名し、戸籍を改名いたします。


とありました。なんてる老舗。

さて、お茶屋さんなのですけども、お店の奥に

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


カフェがあるのでございます。

さっそく突入と思ったら、まだ開店まで時間がありすぎまして(40分くらい前に着いてしまった)

さりとて、どこか観光してまた戻ってくるにはビミョーな時間だな、

どないしよ、と思ってましたら

待合い室みたいな場所に通されまして

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


お茶をいただきました。

新茶を半年寝かしたものだそうです。

まろやかな渋さという感じでございました。

で、ボーっとしてたら時間になりましたので、カフェへ通されました。

やったねー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


夏だったら、迷わずかき氷だっただろう。しかし

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わたくしが夏以外の京都に求めるもの、それは…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


抹茶パフェ800円!


いやー、大きいなー。壮観だ。

容器も大きいし、パーツも大きい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


鳥瞰図も麗しい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちらスネーク。

上空からの偵察によると、

アイスが、いち、にぃ…二種類。

容器がステルスじゃないからか、全体像は伺えず。

(スネークの意味なし)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


やっぱり実際食べてみないとねー。

いただきまーす。

うぉうっ。

さすが、抹茶アイスの味が違う。

フル・オブ・上質抹茶。

で、このアイスが大きいのですね。

二つ食して、「ふー。終わった」と思いましたら

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


その下に、アイス発見。

煎茶アイスであろうか。

これも大きい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


さらにその下にアラレ(?)

パーツパーツが非常に上質的美味なんでございますが

それぞれの量が多いので、庶民故の「上質疲れ」のようなものを若干感じてしまいました。

(輸入牛肉はステーキでドカンと食べるのが好きだけど

 高級牛肉は一口くらいが楽しいのと同じ心境)

友人と半分ずつでちょうどいいかなー。私の場合。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


最後に京番茶がサービスで出ましたが

私の脳内ライブラリーに無い味であった。

なんと言いますか、お座敷に通されたら掛け軸があって

「この絵の感想を言わねばならぬのだろうか」と悩むような味というか。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


うーん、やはり煎茶道を習おうかなーと悩みつつ、ボー。


さて、京都・奈良の旅も残り2回ですが、次回は「錦市場で夕飯を の巻」でございます。


★★★お店情報★★★

中村藤吉 本店

京都府宇治市宇治壱番10
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


和菓子関係はニガテなんですが、抹茶パフェは大好きです。

大人になって京都に来た時から、ずっと私の京都の定番は

都路里さんのパフェ だったんですが、そろそろ新境地を開拓してみようと思い、

私と好みが似てそうな京都食べブロガーさんのパフェ関係記事を探したところ、

そのお店がビビビ。


というワケで


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


来てみました。

茶房いせはん さん。

あんみつが有名だそうです。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


私はアンコだめで、みつ豆もニガテなので、あんみつは全く食べられないので、

狙うは、パフェ。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


黒糖きなこパフェ850円も惹かれるし


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


抹茶パフェ850円も惹かれるのですが、

私の指名はー


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちら様。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


季節限定・秋の実りパフェ1050円!


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


舞妓さんから襟替えしたばかりの芸妓さんのような、このキリリとした可憐さ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


日本髪のような、麗しの盛り。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


艶めかしいうなじ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


この、たおやかな柳腰。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


では、いただきまーす。

うん、「濃厚ソフト」とあったけど、濃厚ソフトな味だ。

で、この次の

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


丹波栗の渋皮煮、で 


どっひゃー


と叫んでしまったのです。

栗、栗がウマいっ。

栗好きだから、今まで山栗とか屋敷栗とか、ボリボリ食べて生きてきたけど

なんというか、「もしや、貴女は○×家のご令嬢では…」とか振り返ってしまうような

そんなお味だ。すごい。

で、次の

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


丹波大納言あずきで、二度目の


どっひゃー


を叫んでしまったのです。

私は、こしあんとつぶあんの違いも分からんくらいのあんこニガテだけど

生まれてはじめて、あんこ旨いと思ったぁぁぁ。

(それとも、あずきとアンコは別物と考えるのでしょうか)

ほこほこ、ぷくぷくした食感で、ヒジョーに美味しいっ。


写真撮るの忘れたけど、途中にあるきなこアイスも、干しイチジクの甘露煮も美味しく


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

刺さっているこちらも、市販のポッキーとかじゃなくて、八つ橋スティック。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


黒糖ゼリーもさらりとして、寒天も美味しい。


実は私は黒糖も寒天もニガテなのであった。


量もほどよく、クオリティーの高いのが、ホンの少しずつ入っていて、なんつー幸せ。

そうか、私、自分がパフェが好きな理由はコレで分かった。

私は「ちょこちょこ盛り」が好きで、その「冷たい甘味版」が、パフェだからなのであった。

自分再発見紀行…。


季節限定ってあるけど、春版とか夏版とか冬版もあるのかなー。

もう決めた。私の京都・新定番パフェスポットはここだ。


明日の「どっひゃー」は、「うどん」編です。


★★★お店情報★★★

茶房いせはん

京都府京都市上京区青龍町242
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ