1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Categoryご当地パフェ

こういう理由 で、9月の県外テーマは福島県です。


フルーティアワインの祭典 に福島を訪れた日からさかのぼること、約一か月前。



私と、丸の内外資系OLの友人は、1泊2日の日程で

福島を訪問すべく、福島駅で下車したのでした。


どどどどど、どうしよ。

泊で旅行するなんて、約1年ぶりだよ。

何を荷造りしていいのかも分からなかった。


友「あ、助さん格さんの像」




芭蕉と曽良だよ。


不毛な会話をしつつ、まず向かいましたのは

地元の百貨店


中合さん。

先日のワインの祭典 は、この前の道路で行われておりました。

今日は中に入ります。


旅において、私が外せないもの。

それは


ご当地パフェ。




ル・ヴェルジェさんという、果物屋さん&フルーツタルトのお店が入っているのです。

そうです、先日のフルーテイアで供されたスイーツは、こちらのお店のものです。


本当は、いちごパフェ流れ旅でお邪魔しようと思ってたのですが

今回はタイミング外しました。





ジュース類もありますし



フロートにも惹かれますが、私はやっぱり


パフェ!


桃パフェだよなー。やっぱり。


ラッキーなことに、この日は




パフェ祭りで20%オフだったんでした。


やったねー!

二個食べちゃおうかな。


友「そういう発想になるんだ」


二個食べたら40%オフでしょ。


友「そういう発想になるんだ」


うーん。どうしよう。

桃とマンゴーのパフェ。桃とプラムのパフェ。桃とメロンのパフェ。


選べない。




友「私は桃とプラムにする」




シロクマのよう。


でもって、私は悩んだあげく、1個にし




桃とマンゴーにいたしました。

プラムは友人から一口もらえばいいし、メロンはパフェではなく単体で食べたいからです。




スタイリッシュなお姿。


桃とマンゴーどちらから行くべくか。

究極の選択。



マンゴーから行こう。


溢れる果汁と芳香。


お次に桃。

ほどほどの固さで、桃風味がうわっと口の中に広がり

アイスやクリームも美味しく

非常に幸せだったのでした。


続く。


★★★★お店情報★★★★

ルヴェルジェ中合福島店

福島市栄町5-1
中合福島店 一番館1F

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

月末までは、去年から今年までのいちごパフェ流れ旅の中で

食べたモノのご紹介。

題して「いちごパフェこぼれ旅」。


東根さくらんぼマラソン大会で走ったあと(もう一年経つのか ← 遠い目)

米沢の




フルーツショップキヨカ さんに行きまして



わたしはイチゴパフェ食べたんですけども 。


丸の内外資系OLの友人はどうするー?


友「パフェ食べるわよ」


私の食べる量に着いてこれるのって、あなたくらいだよ。


友「私、ラーメン&チャーハンセット食べられるけど、パフェ三杯は無理よ」


わたしはパフェ三杯食べられるけど、ラーメン&チャーハンセットは無理だ。


友「炭水化物に弱いのね」




友「夏のパフェ1300円にしてみました」


ゴージャスだねっ。

夏っていうより、春夏秋冬パフェみたいだ。




もはや断層には目がいかなく


ロココ調ヘアスタイルのような鳥瞰図に目を奪われる。



友「フルーツ多くて、アイス部分はそれほどでもないから、

  意外に食べられるね」


そんなワケで、米沢牛を食べて帰った 私と友人でございました。




★★★★お店情報★★★

フルーツショップキヨカ

山形県米沢市金池2丁目7-2

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★
一回目の一
一回目の二 この記事


1月のテーマはお隣の海有り県・茨城県です。


農園カフェ情報ないかなーと、図書館で





「休日のカフェめぐり 埼玉・栃木・茨城・群馬」を読んでましたら

農園カフェではないんですが

心にぴこーんと来たカフェがありました。




それが、笠間にある



海のふた さんです。


海が遠い笠間で、海への憧れを表したお店の名ということと

週末のみ営業ということと





食事メニューがマロンパフェ一本のみということに惹かれました。

笠間の栗を使用されてるそうです。


ご当地パフェで47都道府県踏破目指してる私です。

茨城県庁内のカフェに「納豆パフェ」があるそうなのですが

今回は見送りました。


マロンパフェ880円(私に「ミニ」の選択肢はない)と

ほうじ茶200円ください。


本読んで待ってよーと。

あっ。昔の自休自足があるっ。




昔のは良かった。


将来的には離島に移住考えているので、じっくり読もう。

丸の内外資系OLの友人には

「あんたは、なんだーかんだー言いつつ、結局最期まで地元にいるよ。

 このカシオミニを賭けてもいい」

と言われたので、悔しいので本気で考えよう(そのうち)。




考えてたら、マロンパフェがまいりました。



大きい。

その迫力に…



まるで後光が射しているように見える。


栗とバナナのほかに、季節のフルーツが入るとのことでしたが



この日は、りんごでした。




麗しの鳥瞰図。

どこから食べようかな。




やっぱり栗だよね。



いただきまーす。


栗が濃厚なお味です。

バナナのコクと生クリームの伴奏で

非常に濃厚に感じます。

途中で酸味がほしいと思ったら、なるほど、中にりんごがありました。





国産ほうじ茶でボー。

ああ、さっぱりする。



よしっ。

移住については、まだ今度考えよう(毎度っ)。


★★★お店情報★★★

海のふた

茨城県笠間市大渕1702-6

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ