1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category人生を変えよう作戦

新年明けましておめでとうございます。
本日からトマト農家の妻 フリーライターとなりました。
みなさま、お祝いのコメントをありがとうございました。

夫は

「お昼は好きに出かけてきていいよー」

とのことなので、今まで通り、1000円グルメの日々を送る所存でございます。
夫は仕事&休日はインドア派なので一緒に出かけませんが、時々は登場予定です。

私は商品には手を出しませんが

DSC07379

規格外品のとっても美味しいトマトに囲まれる幸せは、「トマト星人がトマト星に帰った」感があります。

本年も、どうぞよろしくお願いします。

村崎なぎこ

…という内容で「不動産のいろは」さんに書かせていただきました。
(食べ物ネタ以外のオファーをいただくのは初めてでビックリ)
よろしければ、ご覧くださいませ。
マンション育ちのツンデレ猫を連れて、農家に嫁いだ話


2019-07-05 07.46.51

7月1日に「しじみ」は5歳になりました。
なぜか、この袋の上が気に入って、いつもここにいます。
夫には相変わらず「シャー」ですが、逃げ回らずに立ち向かうようになりました。
夫の手は可哀そうなことに…。

今年の三月末に応募しました、「小学館 第2回『日本おいしい小説大賞』」最終候補作品に、私の応募作品「山とかき氷」を選んでいただきました。ありがとうございます。
本日(7/20)発売の小学館「Story Box」8月号本誌で発表されています。
※補記 Story Box編集部さんのツイッターでも発表されました



栃木県日光市を舞台に、男体山や日光白根山、足尾の山などに登り、いわゆる普通のガリガリ系かき氷を食べながら、挫折した自分の人生を見直す16歳の女の子の話です。

最終選考会を経て、受賞作の発表は8月20日の予定だそうです。
それまで私は、心の安寧を得るべく、かき氷を食べながら日々を過ごします…。

222342c3


↑今回の作品を書くキッカケになった、足利市の赤雪山下山後に食べたかき氷










↑このページのトップへ