1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category茨城県

イベント情報に大変うとく、終わってから存在を知り「行けばよかったー」と枕を涙で濡らすことが多かった私です。
しかし、スマホに県内情報関係の某アプリを入れたら、プッシュ通知で事前に色々イベント情報が流れてくるようになりました。

ありがたやー。

さっそく

DSC01742

下野市の天平の丘公園で行われた「森乃野掛」に行ってみました。
森のピクニック的に楽しむイベントだそうですが、この日は非常に暑かった
ううっ。放射熱が。
アイスコーヒー…アイスコーヒーが飲みたい…。

DSC01711

蜃気楼のように見えてきたこの看板。



DSC01713

アイスコーヒーの文字が。
幻でないならば…これください。

DSC01715

Rishi coffeeさんだそうで。

DSC01716

すっきりサッパリ、おいしー。
当時の一言メモには

春:夏=3:7

とありました。
季節が七三分け状態。
春に飲みたい濃厚系も感じるけど、夏に飲みたいさっぱり系が強いアイスコーヒーだわー。
という感想だったのでしょう

生き返ったので、アイスコーヒーと共にピクニック気分を味わおう。

DSC01721

この公園は何か記憶がある。
と思ったら一年前に来ていた

DSC01722

蓮池の前でコーヒーでボーっとしたことは無かったな。
祝、初シチュエーション。

DSC01723

出店ブースが風景に溶け込む感がいいですねー。
しかし、もう帰らねば。
お土産買って帰るかな。

DSC01743

生チョコより濃厚。
テリーヌショコラ。

テリーヌ物語ってあったよなー

と思ったらペリーヌ物語だった。

DSC01745

「つめたいチョコレート」の文字にも惹かれたけど、「やってるだ」の方にはるかに惹かれてしまった。

DSC01746

茨城県土浦市ののんびりくらしさんでした。
せっかくだし、一個ください。

「すぐお食べくださいねー。この気温なので」

あら、お土産には無理か。
じゃあ、今食べてしまおう。

DSC01747

一瞬、カステラかと思ったのですが

DSC01748

テリーヌ・ショコラ・ノワール…。

キャンディ・キャンディの登場人物のような。

DSC01750

いただきまーす。

DSC01751

当時のメモには

板チョコレートほど固体ではなく
生チョコよりは固体

とありました。
冷涼な甘さで、夏山登山の頂上で食べたい。
そんな、リゾート気分のひと時でございました。

★★★★お店情報その1★★★★
出店日 上記リンクをご参照ください


★★★★お店情報その2★★★★
のんびりくらし
茨城県土浦市上坂田1486-24 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください





 

ブログ超初期のころから、いろんな方に「モンブラン!」とオススメされたお店が茨城県結城市にありまして。

なんで今回お邪魔したかと言いますと、小山方面に車で走っていたら渋滞がひどくてイヤになりまして、Uターンしましたら結城方面だったんで、そのまま行ってしまった訳です。
それが

2019-03-30 12.41.44

アルチザン・パティシエ・イタバシ さん。
カフェスペースがあって、うわさの出来立てモンブランをイートインで食べて!…がオススメくださった皆様の共通事項でした。
そちらください。
640円でしたでしょうか。

2019-03-30 12.24.19

ドリンクはどないしましょ。
既に朝からコーヒー3杯飲んでしまっているし、モンブランにはお茶系が好みだし、紅茶にします。

2019-03-30 12.30.51

うぉぅ。

2019-03-30 12.31.03

ちょっとバケラッタを思い出してしまった。
コンテンポラリーなお姿。

2019-03-30 12.30.58

ちょっとタケコプターを思い出してしまった。
やはり、頂点のメレンゲからいくべきでしょうか。
いただきます…。

さくり

うー。
口に含んだ瞬間、空気となって消えていくようです。

2019-03-30 12.31.13

もう、すべてが口の中で
さらさら
と音を立てて消えていくようです。

2019-03-30 12.31.16

人に夢と書いて儚い…。

そんな気分になるモンブランでした。
当たり前だけど、食べたら無くなるんだな。当たり前だけど。

2019-03-30 12.30.32

お紅茶で現実に帰りながら、長年の課題を果たして、ちょっとホッとするのでした。

★★★★お店情報★★★★
茨城県結城市結城8782-5
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


いちごの種類:淡雪
いちごの産地:茨城県


いちごパフェ流れ旅を始めた理由は
こちら
6月くらいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。
そろそろ折り返し地点ですね。

今回は、茨城県つくば市の

 2019-03-05 11.24.41

フルーツピークスつくば店さんです。
福島を走るスイーツ列車に乗った時のケーキや、福島県の桃マラソンに行った時にパフェ食べましたが、福島のお店「ル・ヴェルジェ」さんがお名前変わって「フルーツピークス」さんになり、さらにつくばに支店を出されたそうな。
看板から判断するに、原始のお名前は「フルーツショップ青木」さんであろうか。
当初の目的は、つくば店限定の

2019-03-05 10.57.32

「いばらキッス」パフェだったんですが、銀座の茨城マルシェなどで既に「いばらキッス」は食べたことがあるし、

2019-03-05 10.57.26

淡雪で行こうか。
佐賀長野で淡雪が入っているパフェは食べたけど、淡雪単体パフェは未経験。
1800円は悩ましいのですが、#フルーツピークス、#まるごと淡雪パフェのハッシュタグで、TwitterかFacebookかインスタでつぶやくと、200円オフになるそうな。
Twitterならアカウント持ってますー。これにしますー。
ただし、ドリンクは我慢し、単品で行きます。

「デトックスウォーター、ご自由にどうぞ」

2019-03-05 10.40.12

まぁ、一種類だけじゃなくて

2019-03-05 10.40.14

二種類も。
うれしー。

2019-03-05 11.01.40

ああ、フルーティ。

2019-03-05 10.57.41

ランチもあるんだなぁ。
さすがに今日は無理だ(カロリー的にもお財布的にも)。

2019-03-05 11.09.06

そして、淡雪姫登場。
すらっと背が高い、眉目秀麗なパフェ。

2019-03-05 11.09.47

淡雪オンリーの、可憐な王冠部分。
ちなみに参考までになんですが、どちらの産地ですかーと伺いましたら
わざわざ箱まで見せていただいて「茨城県水戸市の○○農園です」と教えてくださいました。
ありがとうございます~。
お店によっては「いろいろです」「分かりません」と言われることもあるので、非常にありがたや。

2019-03-05 11.09.28

地層部分も淡い。

2019-03-05 11.09.30

いちごアイスが、ところどころ「シャリシャリ」の部分があって、これがもう、なんとも言えずツボでした。
ゼリーあまり得意じゃないんですが、このゼリーが美味しかった!ふるふるで。

2019-03-05 11.10.04

それでは、淡雪いきまーす。
当時の一言メモには

2019-03-05 11.10.30

まさに淡雪

と、書いてありました。
心地よい食感に、可憐なお味。

今シーズンの女王様でありましょうか。

ちなみに、つくば在住の大学時代の友人宅のすぐご近所であります。
なんだかんだと用事を作って、友人宅に行ってしまいそうだ。


★★★★お店情報★★★★
茨城県つくば市研究学園2丁目20
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ