1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category真岡市・益子町のグルメ


たぶん9月30日(日)で終了かなーと思いますが、毎週日曜日は「かき氷遍路」です。

益子の雨巻山は、6年前に登山を始めた直後に登りまして、再訪の機会を待っていたところです。
なぜなら

DSC05680

登山口のすぐ近くにある茶屋雨巻さんで、下山後にカロリー気にせずご飯を食べたい。

DSC05681

そして何より、かき氷がある。
やったね!
山とかき氷の親和性は強い。

茶屋さんの開店(11時半)と同時にかき氷を食べることを考えると
朝8時半には登り始めたいところ。

DSC05694

それでは、6年前とは逆ルート、御岳様から登るコースで

DSC05695

いざ、登山へレッツゴー!


という夢を観たんだ

起きたら8時半でした。

無理だわ、こりゃ。
せめて益子町でソトアサでもしよう…。
そのまま、雨巻茶屋さんでかき氷食べよう。

カロリー消費?
家に帰ってからジョギングします…。

2018-09-17 11.25.51

えーと、今年未食の味は…自家製赤しそかな。
これください。

DSC05684

見た感じは、いちご。

DSC05688

古き佳き時代の、かき氷のように思えます…。

DSC05689

リアルな山には登れなかったから、氷の山に登ろう。
ルートファインディング…。

DSC05690

山腹から。
いただきまーす。


酸っぱ甘い。

懐かしの、「梅干し食べて酸っぱマン」が、脳裏を飛んでいった。

疲れた身体に効きそうだ。

ああ、やっぱり登山して食べたかったなあああ。自業自得だけど。

氷の食感はさらふわ

DSC05692

ラストの半解け状態も、とても心地よいものでした。

DSC05693

来年は、ちゃんと登ってから来ますー。

と、心に決めて去る私でした。

★★★お店情報★★★

茶屋雨巻

益子町上大羽1234 

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★訪問記録★★★

一回目
二回目

三回目 

四回目 この記事


まぁ、10時ならまだ朝ごはんかな~

ということで、朝10時から営業してコーヒーも売っている

2018-09-17 10.50.24

益子町のパン工房 “森ぱん”さんに行ってみました。

2018-09-17 11.05.14

フクロウ…!(ミミズクかな)

少量多品種といった感じの店内。
炭水化物はもっぱら朝に摂るタイプの私ですので(夜は食べない)
パン、2個行けるかなー。
大きいの1個にすべきか、小さいの2個にすべきか。

ちくわパンは無い…。

悩める私の前に出現した、

海老フライのような蟹パンが!

これください、あとホットコーヒー。
パン280円+コーヒー200円、合計480円の

DSC05669

朝ごはん。

DSC05671

蟹足がゴージャス感。

正式名称は「カニとアスパラのグラタンパン」だったような気がします。

DSC05672

でも、海老フライに見える私。

DSC05674

ゴージャスにいただきまーす。

がぶりんちょ、と。

お味もコッテリ感(ホワイトソースだから)。
そしてゴージャス感(カニだから)。
なにげなく爽やか感(アスパラだから)。

DSC05676


それではコーヒーで

DSC05677

ボーっとリゾート気分に浸る(益子だから)。


DSC05679

さて、帰るかなと立ち上がったら

2018-09-17 11.05.41

イートインスペースがあったことに気づいてしまった。


ま、いいや。天気良かったし。


★★★★お店情報★★★★
パン工房 “森ぱん”
益子町益子3908
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


間もなく益子で陶器市が始まりますねー。
人ごみと混雑が苦手な私は、益子に行くならその前後で行かねば。
どっちに行こう。
前に行こう。

ということで、益子の新規カフェ

DSC02280


カフェ キカラキさんに来ました。

車のナビは私を明後日の方向に誘い(明日はどっちだー♪)
唯一、スマホアプリのGooglemapだけが私を正常の地へと導きました。
あー、無事についてよかった。
ホッとしたらお腹が空いた(孤独のグルメのゴローちゃん的に)。

50

プレートランチは、高野豆腐のフライやお野菜メインのヘルスィ系。
今日の私はガッツリ食べたかった。炭水化物ではなく肉的な意味で。

54

スナックメニューに行ってしまおうか。

うーん。

お昼だし、ランチにします。
自家製ベーコンの文字に誘われて、BLTサンドのセットで1100円。
ドリンクはアイスコーヒーで。

DSC02258

レモン水がうれしい。疲れた身体にクエン酸回路。

DSC02253

スープはオニオンスープでした。
玉ねぎの甘さに癒される。

DSC02256

お先に、ドレッシングが来ました。
益子~的な器。

DSC02274

そして本体登場。

DSC02261

萌えの波動を感じるキツネ色。

DSC02264

そして「萌え断」。
ベーコンがパンと接しているのが嬉しい。
なぜなら肉汁吸ってくれるから。

いただきまーす。
カリカリのパンにベーコンの肉汁が染みこんで、パンだけでも幸せー。
トマトとレタスで口の中をリカバリーしながら、ベーコンの至福に酔うわたくし。

あ~、田舎の一軒屋に住んでいたらなー。
いろいろスモーク料理するのになー。

「庭のある家に住んだら、いろいろ野菜や花を育てるのにな」
と言っておいて、ドクダミだけが育っている現状を忘れている私。

DSC02270

ニンジンベースのドレッシングは、野菜の甘さが酸味よりも強く、ほっこり系でした。

DSC02277

それでは、アイスコーヒーで

DSC02278

ボー。

さよなら、益子。またお会いしましょう(陶器市が終わったら)。

★★★★お店情報★★★★
カフェ キカラキ
益子町益子3106-3
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ