1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category真岡市・益子町のグルメ

外食の時の嗜好は
夫→蕎麦
私→肉&コーヒー

なので、なかなか完全一致が難しいのですが、全クリアなお蕎麦屋さんがあるのですー(以前タウン誌で読んだ)。
それは

 DSC02492

益子町にある萩そばカフェさん。

DSC02464

そばカフェ(ということはコーヒー有り)、もちろん蕎麦あり、ロースビーフ丼もある。
私の中ではすっかりローストビーフ丼モードあったのですが

DSC02465

なんということでしょう、季節限定の特製冷やしそばなるものが。
私は、サラダ蕎麦的にアレコレ乗っているのが好きなのであった。
しかしこれを選ぶことは、ローストビーフ丼を断念することを意味する。

うーん(苦悶)。

夫「ミニ丼あるよ」

DSC02466

あ、本当。
夫に半分手伝ってもらえれば、カロリー的にも大丈夫かも(ちらっ)。

夫「縦半分じゃなくて、横半分なんだろ…。肉が自分で、ご飯が俺…」

DSC02467

夫「俺は鴨せいろそば」

夫とあちこちの蕎麦屋に行ってますが、鴨蕎麦のオーダー率の高さを私はチェック済み。
そう、夫は隠れ肉派に違いない…。

DSC02468

来ましたー。

DSC02470

こちらが夫の鴨せいろそば。

DSC02471

夫「ツユは濃い目かな。柚子が効いてる」

DSC02472

私の特製冷やしそば。

DSC02474

こういった、漬物的ちょこちょこ盛りが嬉しいお年頃。

DSC02476

カボチャサラダで、洋風の雰囲気が入り

DSC02481

上がったテンションは、トッピングのちょこちょこ盛りにさらに上がる。

DSC02484

いただきまーす。

もっちり

な食感のお蕎麦。
それに緩急様々なトッピングが次々に辛み、口の中はテーマパークのよう。
では、ある意味本番。

DSC02483

ローストビーフ丼!

DSC02485

牛たたき的雰囲気も感じるレア加減。
醤油ベースのタレがご飯になじみ、危うくご飯部分を夫にあげることを忘れるところであった。

DSC02487

ラストはお楽しみのコーヒー&デザート(寒天)。

コーヒーの苦みと香りに包まれて、嗜好が満たされる喜びに浸るのでした。
そう、私は…肉女。

★★★★お店情報★★★★
萩そばカフェ
益子町七井2382
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

先週と今週の「ヒルナンデス!」や「帰れマンデー」で、真岡鉄道沿線を歩いて飲食店を探す旅というのをやってました。
真岡鉄道って郊外の住宅地を貫くイメージだったから、そんなに難しくないだろーと思ってましたが、意外に大変なようで(特に七井〜茂木)。

「ヒルナンデス!」の方で「道ゆく人に教えてもらったものの、タイムアウトで行きつけなかった」カフェがありました。
そのカフェ…。
ああ、思い出した。確かコメントで「カフェタイムのコーヒーをぜひ」とオススメいただいていた。
行ってこよー。お昼は1000円ランチがあるそうで。お昼に行こう、まず。

車で

それでは、口コミ調査隊に突入。
2007年~2018年の口コミ調査隊一覧はこちらから。
2019年
1回目 ジジーノ ワイン&グリル(宇都宮市)
2回目 アジアンフュージョン料理 ナイエム(鹿沼市)
3回目 ピッツェリア ダ エッレ(壬生町)
4回目 ベーカリーキッチンオハナ(栃木市)
5回目 割烹 和泉田(小山市)
6回目  呑珠庵(益子町)
7回目 ハッピー食堂(日光市)
8回目 食堂ニジコ(日光市)
9回目 小山カオマンガイ2(小山市)
10回目 テンダーおやまくま(小山市)
11回目 ミートショップ吉澤(上三川町)
12回目 中華そば 弥惣吉(下野市)
13回目 炭火焼き鳥 真琴(下野市)
14回目 みぶストロベリーファーム(壬生町)

15回目の今回は、益子町のChanomi-Cafe ゆるりさんです…。
臨時休業でした。
ああ、車でもアウトだった。

数日後。
夫を連れて真岡方面に行った時、夕方だったのでこれはカフェタイムに間に合うかと

 2019-07-06 16.42.42

行ってみたら開いていた。
よかったー。

2019-07-06 16.42.37

終日ランチがあるのでしょうか。
「ヒルナンデス!」に画像つきで紹介されていた

2019-07-06 15.58.51

アジア風チキンカレー!…とコールしたいものの、今日はハシゴの極みだったし

2019-07-06 15.58.59

ケーキセットにしとこうかなと思いきや、かき氷のハシゴだったし

2019-07-06 15.59.05

残念ながら今回はコーヒーで。

ティータイムに出てくるコーヒーの楽しみは

2019-07-06 16.26.19

サイフォンで淹れてくださることー(ランチメニューはサイフォンではないそうな)。
楽しい!理科の実験みたい。
眺めているだけで数時間いられそうだ。
砂時計を眺める楽しみにも似ている(かも)。

2019-07-06 16.28.45

夫はアイスコーヒーでした。

2019-07-06 16.28.48

どんな味でしょう。

夫「アイスコーヒー」

なるほど。

2019-07-06 16.28.52

ホットコーヒーは酸味少なくて飲みやすく、まったりした店内の雰囲気ともあいまって、後日またゆっくりとランチを食べに来ようと思ったのでした。

電車と歩きで。


と思いつつ、きっと車だろうな。


★★★★お店情報★★★★
 益子町七井1692-5的
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

いちごパフェ流れ旅においてもそうなのですが、「狙っていって食べる」場合と、「たまたま遭遇して食べる場合」があります。

今回も後者。

あぐり里っ娘さんに行ったのは

 2019-07-06 15.14.08

本来は、この「メロンシャーベット」を食べに行ったのです。
なぜなら夫はメロンが好きだから。

夫「昔、我が家で、メロン作ってた時期もあったんだよ」

なんで止めちゃったんですか!(メロン食べ放題の野望がついえた)

夫「だって市場価格安かったんだもん。当時のアールスメロン」

へー(このあたりになると流し聴き)。
なんで流し聴きになってしまったかというと、シャーベットの隣に

2019-07-06 15.14.06

かき氷が。
かき氷もあったんだ。
私はかき氷にします!

あら、なんでメロンの色が二種類あるのかしら。

夫「左がタカミメロンで、右がクインシーメロン」

とちひめととちおとめの違いみたいなもんですかね。
一個ずつください。
あれ、夫はシャーベットとか言ってましたっけ?

夫「いいよ、かき氷で…」

2019-07-06 15.25.52

こちらー。
七夕ですし、織姫と彦星のようですね。
左がアールスで右がクインシー…

夫「左がクインシーで右がタカミ」

私は果肉が赤い方が好みなので

2019-07-06 15.25.56

アール…じゃなくてクインシー。

2019-07-06 15.25.57

夫はタカミ。

では、いただきます…。

2019-07-06 15.26.02

おいしー!

フル・オブ・メロンの風味!
かき氷に変身したメロンを食べているようです。
氷はガリガリ系ではなく、さくさく系。

2019-07-06 15.26.05

タカミの方が、甘さがすっきりしている感じですかね。

いちごアフォガードの時もそうだけど、リーズナボーで素材の美味しさをまるっと味わえるものが出てくるあぐり里っ娘さんでした。


★★★★お店情報★★★★
あぐり里っ娘
真岡市上大田和3006
真岡市農産物販売交流施設(あぐ里っ娘)  
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目 この記事


↑このページのトップへ