1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category真岡市・益子町のグルメ

夫の家からトマトハウス(田んぼも)までは結構距離があり、農作業するには車で行きます。
農家って、家の前から田んぼが広がるイメージでいたのですが。

夫「そういうのは、大地主様だよ」

で、ハウスでの作業中、夫は地元FMの「レディオベリー」を流しています。

 2019-07-25 10.01.47

この日も、夫と二人でハウスの整地をしながら、レディオベリーで月~木の朝7時半からやってる「野澤朋代(ともちゃん)の『Bloomin'』」を聴いていたのですが、「ヱビスビールに数百本に1本の割合で入っている『ラッキーヱビス』を、ともちゃんは見たことが無いという話でした。

夫「ウチにあるんだよ!ラッキーヱビス」

へ~(整地作業)。

夫「今から家に取りに行ってくるから、写真撮って番組にメールして!ともちゃん、これがそうです~!とメッセージ添えて」

もう8時45分ですよ。今から取りに行っても、番組終わってますよ(9時まで)。

夫「急げば大丈夫だー!作業してて!」

…(整地作業)。

ともちゃん『それでは、また明日~!』(8時55分)

夫「ただいまー!持ってきた」

また明日~。

2019-07-25 11.01.48

これがラッキーヱビスだそうです(エビス様の魚籠に、通常はいない鯛がいる)。
なんで二本も。

夫「贈答用にある、ラッキーヱビスだけが入ってる箱を買った」

わざわざ買ったんですか。
ところで、暑いですね、ハウス作業。

夫「ひと段落したら、冷たいものを食べに行く」

その一言で気合いの入る作業。
ということで、去年食べようと思って時期を逃してしまった

DSC03217

ましこのごはんさんの「完熟メロンパフェ」700円を食べに来ました。

DSC03218

夫は悩みつつも

DSC03220

アフォガード。

DSC03224

麗しの緑に白。
残雪の夏山のような爽やかさ。


DSC03227

眼前に広がる田んぼの緑とあいまって、爽やかな風が吹いてくるようですー。

DSC03226

某三菱のロゴのような頭頂部。
このままブンブン扇風機のように回転したりして。

DSC03228

パンナコッタ、メロンスムージーの地層部分を眺めているだけで、体感気温が下がっていきそう。

DSC03229

いただきまーす。
おいしー!

メロンの甘さとウマさ、ソフトの美味しさ、そして冷たさが私を一瞬で天上界へといざなっていく。
なんて幸せなひと時。
ラッキーメロン。

ところで、炎天下にハウス作業したらさぞ痩せるだろうと思ったんですが、こんなふうにパフェ食べたりかき氷食べたり、夜はビール飲んじゃうので、全然痩せないですね(むしろ逆)。

★★★★お店情報★★★★
栃木県芳賀郡益子町長堤2271 道の駅ましこ 内
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
五回目 この記事

「玉ねぎ畑の管理人」キャツミさんのブログに出てくる、真岡市のお店が非常にツボでした。

蕎麦×寿司とはこれいかに。

てなわけで、夫と一緒に真岡へ謎解明ランチ。レッツゴー。

夫「来客予定なので、ちょっと待ってて」

ちょっととは、どのくらい待つんですか。

夫「分からん」

お昼前に、あてなく待つのは辛い。空腹のあまり、八つ当たりになる可能性も。
家庭平和のために、実家からもらったメロンを(私だけ)食べながら待っていたら

夫「お客さんキター」

やったー(涙)。
しかし、お昼時間は大幅に過ぎてしまった。
でも大丈夫、そのお店は…。

DSC03354

朝10時~夜21時半まで通し営業だから。

 DSC03356

さらに、ソフトドリンク・お茶菓子の持ち込み無料(アルコールは有料)ってのもスゴイ。

DSC03332

私は、事前にメニューを決めてきたから大丈夫。

2019-07-24 13.01.04

ハーフそば×まぐろ握り3個900円(税別)。
これで。と言おうとして「こで」となってしまった。

2019-07-24 13.01.06

夫「俺は、そば一人前と鉄火巻のセット」

2019-07-24 13.01.10

50円のミニミニ丼を食べないんですか。

夫「そういう自分は」

さっき食べたメロンが、ちょっと胃を圧迫しているので。

夫「半玉近く食べるからだよ。しかし、気遣いのあるお店だねぇ」

DSC03338

「お水用の氷、水滴予防にタオル敷いてくれてる」

御主人は、非常に接客もご丁寧ですね。

DSC03336

まずはサラダ。具だくさん!

DSC03339

そして、お蕎麦。

御主人「脇のトッピングは、その時で変わりますので」

DSC03342

私はインゲンの天ぷらですが、夫はナスの天ぷらでした。
あら、一人前の夫の量と、ハーフサイズの私の量が同じような。

御主人「残りの半分はお声かけていただいてからお持ちします。麺が細いので」

なんと。

DSC03340

確かに、細い!
いただきまーす。

うん、しゃっきり細い食感が、冷たさもあって心地よい。

DSC03344

お味噌汁と、

DSC03348

マグロの握り。

マグロ美味しい!

DSC03347

夫の鉄火巻と少しトレードしましたが(比率 握り:鉄火巻 1:2)海苔も美味しい!

お蕎麦屋さんでお寿司も出てくるイメージでいたけど、もしやお寿司屋さんで、お蕎麦が出てくるイメージのなのか。
いや、両雄並び立つ。

「真岡鉄道沿線でお寿司屋さんを捜す」というテーマの時の「帰れマンデー」、なんでこのお店来なかったんだろう…。久下田駅のすぐ近くなのに。

夫「残り半分ください」

DSC03349

今度は味噌きゅうり!

夫と私、どちらかがミニミニ丼を頼むであろうとお互いに予想しあっていたんですが、私はメロンが圧迫、夫は「意外に蕎麦が胃にずっしり来た」とのことで

DSC03352

サービスのデザートタイムに突入したのでした。
スイカと、水羊羹、蕎麦ゼリー。
ほのぼのと美味しい。

DSC03353


セルフサービスのコーヒーでボー。


私、次回は「お寿司オンリー」でお願いしたいと思います。3個と言わず、たくさん食べたい。

夫「俺はミニ丼をいくつか」

★★★★お店情報★★★★
真岡市久下田西6-19
営業時間 10:00~21:30
定休日 木曜日
※お店情報は訪問当時のものです


初回訪問時に気に入り、夫が「次は暑くなってから冷たいうどんを食べに来る」と決意していた讃岐手打うどん 丸まささんに、二回目訪問しましたら

 DSC03191

夫が期間限定を見た瞬間「コレだー!」

二つあるけど、絶対に梅きつねひやひやだ…。
そう、夫は無類の「お揚げ」好き。
独身時代、私が油揚げを買うのは月に1回レベルだったのですが、現在は2日に1回レベル。

DSC03192

私はどうしようかなー。
麺が冷たいのを選ぶのは、絶対的なものとして、帰りにかき氷を食べるであろうことも想定して、カロリーなどを逆算していかねば。

DSC03193

思い出した、うどん食べ比べセットと言っていたような気がする。
二種にします。
ぶっかけ&おろし醤油。

DSC03194

天ぷらも食べたいけど、前述の理由により今回は見送り。

「ゆで時間、20分ほどお待ちください」

はいー。

DSC03197

と、もやしを食べながら20分待つと

DSC03198

梅きつねひやひや登場。

DSC03201

その巨大さ、厚さに

DSC03203

この揚げに乗って、大海原に単独航海に旅立てそうな安心感を覚えたのでした。

DSC03205

私の二種盛り。
たぶん、おろしの有無から判別するに、右が「おろし醤油」で左が「ぶっかけ」なのだろうけど、逆な気もする

DSC03206

この「オマケ的分厚い一本」いいですね。

DSC03208

こちらはシンプル系。

ちなみみに、自宅で「ぶっかけうどん」作る際には
・大量の大根おろし
・レモン
・青ネギ
・いりごま
・おろしショウガ
・大葉
・梅
が入ります。

DSC03209

うどんに薬味はベストパートナー…。

DSC03210

スタンバイオーケー。

DSC03214

ではいただきます。

がっしりしつつも、艶めかしい食感。

DSC03216

ああ、やっぱり讃岐遍路にまた行きたいなー。お店もさぞ増えたでしょう。
あの揚げに乗って、大洗から出港したらいつ着くだろうか。

夫「…」

何を熱心にスマホで調べているのです。航海時間?

夫「この油揚げがどこのかと思って」

調査結果、栃尾の油揚げだそうです。


★★★★お店情報★★★★
真岡市大谷本町6-7 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目  この記事









↑このページのトップへ