1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category真岡市・益子町のグルメ

夫が購読しているのは下野新聞なんですが、(販売店の関係か)金曜日に「とちぎ朝日」が入ってきます。一面左上に「あの町この町食べ歩き隊」というコーナーがありまして、私は毎週図書館で読んでましたが、自宅で読めるようになったのが結婚してよかったこと(の一つ)。
ある日、そこの記事が

 2019-06-23 13.48.20

真岡市の「ちゃっぷりん」さんというお店でした。へー、長年続くチーズケーキのお店。

夫「ああー!このお店の前、よく通りかかるんで気になってたんだよ」

じゃあ、せっかく真岡市(のズッコケコーヒーさん)に行くし、寄りましょうか。

2019-06-23 13.48.12

ということで、寄りました。
こんにちは、ください。

おくさま「どれがいいですか」

2019-06-23 13.48.13

おくさま「プリン、アップルパイ、チーズケーキ、レアチーズケーキ…」

チーズケーキのほかにも、いろいろあるんですね。悩ましい。

夫「全部買っちゃう?」

わたしたち、二人暮らしですがな(あと猫)。

DSC02521

初回だし~ということで、チーズケーキ(700円)。
蓋を開けるとそこに、黄金に輝く

DSC02525

満月が出てきたような充足感。

DSC02528

ズッコケコーヒーさんのアイスコーヒーいただきながら食べましょう。

DSC02529

ホットケーキ二枚重ねが合体したような。
縦半分に切って、いろいろ挟みたくなってしまうけれど

2019-06-25 19.52.16

普通にカットしていただきましょう。

DSC02532

あっさりした感じですが、中心はギュギュっと詰まっている感じ。
勢いでホール食いしない方がいいですね。

夫「さっぱりした感じだね。次回はレアチーズケーキにしてみよ」

DSC02527

そしてやっぱり、コーヒーを飲みながらだとさらに美味しい。
チーズケーキとコーヒーは、文字通り黄金のコンビネーション…。

★★★★お店情報★★★★
栃木県真岡市台町4656 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

 というワケで、昨今のお店(特にカフェ)の情報発信はインスタが主流っぽいので、情報取得のためにアカウントを取得してみました。
そこで
喫茶バニャバニャテレマカシさんを知ってモーニングに行ったところですが、そこからさらに知ったお店がありました。

友達の友達は友達だ~的な(昭和)。
世界に広げよう、友達の~

2019-06-23 13.33.32

わっ。

それが、真岡市の「おしゃれ~」な門前地区にある

2019-06-23 13.33.34

山グッズのお店NURCさんの場所に、月に数回登場するという ZUKKOKE COFFEEズッコケコーヒーさんなのでした。

2019-06-23 13.34.36

暑かったので、クリームソーダも考えたけど、やっぱりアイスコーヒーください。
エチオピアとブラジル、アイスで一つずつください。
両者の違いは、これいかに。


「エチオピアは酸味がありフルーティ。ブラジルは…」

この時点で、エチオピアは夫に。

急冷で作ってくださいました。
山グッズに非常に興味があれど、手にドリンクを持っているので

DSC02517

外にでました。


DSC02520

どこか昭和初期的なほのぼの加減を感じるロゴ。

DSC02519

夫から一口もらったエチオピアは、酸味があってフルーティ(まんま)。
私のブラジールは酸味が少なく深味を感じ、めちゃ好みだったのでした。

友達というか足跡をたどっていくのは楽しい。
この楽しさは、何かに通じる。
なんだろう。

あ、ウィキペディアでリンク踏んでいく楽しみだ(最初調べたものからは、全然違う方角にたどりついてしまう的な)。

★★★★お店情報★★★★
ZUKKOKE COFFEEズッコケコーヒー
栃木県真岡市荒町1040番地(Nurcさん)
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




10月くらいまで、毎週日曜日の記事は「かき氷遍路」です。

アイスコーヒーとかき氷。
好き同士の組み合わせだから、無限大に好きー!となりそうなのですが、実は私は「甘いコーヒー味」というのが得意ではございませんで(唯一の例外はグリコのカフェオレ)、基本的に「コーヒーかき氷」は選択しません。


5/19に栃木市で行われた「Tochigi Coffee Town – Take Root –」に行った時のこと。
すれ違った女の子二人組が、かき氷状のコーヒーを食べながら

「なにこれ、めっちゃ美味しい、サイコー!」

と叫んでました。
なにそれ!

キョロキョロ会場を見回したところ

DSC01610

氷!

こちらかしら。
真岡市のsowa cafeさんでした。
私はsowa cafeさんのコーヒー豆のヘヴィユーザー。
それが…

 DSC01609

かき氷で食べられるとな。
しかも200円というお安さ。
かき氷コーヒーと、シャーベットアイスコーヒーの違いってなんでしょう。

御主人「それはね…」

なのですが、暑さのあまり記憶から飛びました。
いずれにせよ、甘いのでしょうか。

御主人「シロップ別ですから、甘くないですよ」

お願いします!
連食(というか連飲)してるので、小さい「かき氷コーヒー」で。

DSC01612

アイスコーヒーを注いで、

DSC01615

氷を削る…
これは、前のお客さんが注文したシャーベットアイスコーヒー。

DSC01617

こちらが私の「かき氷コーヒー」。

DSC01620

削る削る。

DSC01622

できあがりー。

DSC01625

まるで、月に吠える狼のような頂点。
氷狼…。ゴールデンカムイに出てきそうだ。

DSC01626

下に進むほどにコーヒー密度が増しまして

DSC01627

地底湖はアイスコーヒー。

いただきます…。

なにこれ、めっちゃ美味しい、サイコー!

と、先ほどの女の子と同じことを叫んでしまった。
手削りのふわっとした氷に、濃厚な自家焙煎珈琲(深煎りモカシダモ)が絡んで、

DSC01629

至福ー!

地底湖のアイスコーヒーが、これまた澄んでいるけど濃くて、もう幸せ。
甘くないかき氷に、ここまで萌えるとは。

しかしこれはイベントメニュー。
sowa cafeさんは基本的に豆販売オンリーだから、次はいつ食べられるか。
幸せだけど切なくなる。そんなかき氷でした。

どこで恒常的に食べることができるのかしら。
甘くないコーヒーかき氷。

そしたらですね~

次回に続く。

★★★★お店情報★★★★
栃木県真岡市八木岡472−5
営業日&場所 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目 この記事

↑このページのトップへ