1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category真岡市・益子町のグルメ

海鮮丼は食べたし、されど予算オーバーの可能性むんむん。
あ、そういえば真岡市に文々(ぶんぶん)さんというお店があって、消費税率改定前は900円という話だった。
現在はどうだろう。

2019-11-18 11.55.37

行ってみました。

2019-11-18 11.55.44

1000円ジャスト!しかも内税。
やったー!ビバ、1000円グルメの海鮮丼。

カニホタテわっぱめしください。

と言いたくなったけど、初志貫徹しよう…。

2019-11-18 11.58.04

お水ではなくて、冷たいお茶が出てくるのは私にとって良いお店。
むんむんと膨らむ期待。

DSC05348

わんだほー。

DSC05352

芋芋しさが残ったポテサラ!

DSC05353

茎わかめ(?)。ヘルシー要素が嬉しい。
そして何よりも

DSC05351

この具だくさんさがうれしい。

DSC05354

右に回転させてみよう。
上下に回転できないし。
余談ながら昔、職場の上司が

「宇宙戦艦ヤマトで沖田艦長が『(敵艦は)上だ!』と言っていたが、宇宙空間で上ってどこなんだ!」

と私に対して怒っていた(なんで)。

DSC05355

肉厚で具だくさん。
すんばらしー。
御主人いわく、この日はマグロの良いのが少なかったので、他の具をグレードアップしましたとのことでした(ウェルカム!)

DSC05357

何かを忘れている。

DSC05360

あ、醤油だった。
ちなみに、ご飯は少な目でお願いしたのですが、それを考慮に入れても

DSC05364

ごはん層の方が、ネタ層よりも薄い。

DSC05366

「いろんなものを少しずつ」の海鮮版の一つが海鮮丼だと思うので、それが私が海鮮丼が好きな理由。
その嗜好に見事なまでにマッチングの海鮮丼。
わんだほー。

DSC05368

お味噌汁はしじみでした。
これで1000円でも満足の極みなのですが

DSC05372

最後に熱いお茶と、パウンドケーキのサービスが。

再訪確定ー。
次回は、わっぱめし!

★★★★お店情報★★★★
文々
真岡市大谷新町15-6
営業時間&定休日

寒いですね。

できるだけ暖房器具に頼らず温まりたいと思っているので、雪山登山用の靴下を愛用しています。
雪山登山はしないんですけどね(根性無しだから)。

しかしそれにも限界が。
あとは身体の中から温まらないと…。
そんな時にはうどん

というワケで、讃岐手打うどん 丸まささんに行きました。
ツイッターに登場していた、牛すじ大根の塩ペッパーうどん 880円を食べたかったのでした。


2019-10-27 12.46.44

そしたら、讃岐おでん 豆腐120円の文字が。
880円+120円=1000円ジャスト。

DSC04987

追加注文しよっと。
あまり冷奴や湯豆腐は好んで食べない私ですが(ヘルシーすぎて物足りないから)、お出汁シミシミの豆腐が、神がかり的に美味しい。
これで雪山でビバークしながら熱燗飲みつつ食べたら、きっと泣いちゃう。

DSC04988

そして、本日のメイン、牛すじ大根の塩ペッパーうどん。
柚子胡椒添え。

DSC04989

大根ゴロゴロ。

DSC04992

丸太状の天ぷらなんだろう…。
食べてみよ。
…熱゛っ。
長ネギだ。
ああ、中心部がトロトロあじあじで、幸せ。

DSC04993

牛すじと大根の旨みが染みだした汁も、エベレストの頂上アタック前夜にキャンプで飲んだら、泣いちゃう美味しさ。

DSC04996

讃岐うどん界の天ぷらアイドル・半熟卵天。
実は生卵がうどんの汁に溶けだすのが耐えがたいタイプなので(ゆえに月見うどんが食べられない私)
小皿にレスキューしていただきました。
カリサクっとした衣を箸で突き破ると、あふれ出る黄金スープ。

肉女の私が牛すじの写真を撮り忘れた上に、うどん党員の私が麺アップの写真を撮り忘れたくらいに、サブキャラが充実していたうどんでした。

寒いからこそ幸せ感の増すうどん。
温かいうどんがあれば、冬も喜びと化す(それといちごパフェ)。

そして肉女の私は、隣の席の男子が食べていた肉系うどんの美味しそうなビジュアルの残像に、日々悩まされています。
これはお店に行って食べてこねば。


★★★★お店情報★★★★
真岡市大谷本町6-7 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目  
三回目 この記事


 

早いもので、今年も残り2か月。
冷え込みも強まり、冬モードに突入。
今年こそ、ああ今年こそ。
真岡市の

 2019-10-31 12.42.36

ミドリ食堂さんの暖簾をくぐり、そして

2019-10-31 12.42.05

あのメニューをオーダーするのです。
あのとは

2019-10-31 12.42.19


このメニュー。
カキフライ ライスつき900円(税込み)。

秋と言えば柿。
冬といえば牡蠣。

カキ好きの私の、長年の課題店でありました。

2019-10-31 12.42.08

40分の見込みもなんそのその。
カウンターもあるので、

2019-10-31 12.01.06

冷たいお茶を飲みつつ、到着を待つ。
右側のお客さんのオーダーはオムライス。左側のお客さんのオーダーはハンバーグカレー。
今から関係を構築してお友達同士になり、一口ずつ味見させてほしいくらい美味しそうであった。
でも私は一人の道を征く。
そう、
その名は男坂…ではなく

2019-10-31 12.25.25

カキフライ道ー!

2019-10-31 12.24.58

素晴らしい、ぺったらとした形状の大きなカキフライが

2019-10-31 12.25.05

四個も!
付け合わせのポテサラもおいしい。

2019-10-31 12.25.29

和食シスターズの皆様も華を添えてくださいます。
御飯は少な目でお願いしました。

さて、カキフライはいかに食すか。

私はレモン汁オンリーが好きなのですが、せっかくですから

2019-10-31 12.27.17

・レモンのみ
・タルタル
・とんかつソース
・ウスターソース
で、一個ずつ味を変えて楽しんでみましょう。

ざっくりとしたパン粉の衣の先には、ぷりぷりとろんとした牡蠣。
レモンの場合は酸味が爽やかな風を運び
タルタルの場合は、こってり風味がゴージャス要素をプラスし
とんかつソースの場合は粘度のある甘味がどこかノスタルジック感を醸し出し
ウスターソースの場合は辛みのある「さらさら加減」が、大人のムードを演出し

要は何をどう食べても至福タイム。

2019-10-31 12.26.00

お味噌汁の油揚げも、カットの大きさがゴージャス感。

ああ、全メニュー制覇したい。
いえ、しよう。
でもカキフライシーズンは、来るたびにカキフライ食べてしまいそうだ。

お店を出た私が気になったのは、すぐ近くにある

2019-10-31 12.42.26


この自販機。
「ミルクセーキ」が特に気になる。

ポチッと押したい。

★★★★お店情報★★★★
ミドリ食堂
真岡市荒町1040
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




↑このページのトップへ