1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category足利市のグルメ

最近ちょっと変則的ですが、基本的に毎週日曜日は2006年から続いている「かき氷遍路」です。

夫が足利市に行く予定があったんで、ドライバーがてら同行することにしました。

夫「かき氷目当て?」

もちのろんろん。
今回は足利市の和菓子屋さん、

 2020-08-15 16.32.49

御菓子司 ふくしまや
さんです。
少なくとも2013年にはかき氷を始めていらっしゃったみたいですが、私が知ったのは2年前。

2020-08-15 16.32.53

和菓子屋さんの自家製シロップとくれば、期待は盛り上がります~。
ラインナップは日によるようですが、基本的には



このヴァリエーション!
(私が行った日とは、若干の差異がありました)。

店内に二テーブル、店外にもいくつかテーブルがあったのですが、店内は満席。
外気温が40℃近かったので、テイクアウトで車の中で食べることにしました。
夫の希望は「黒みつミルク」。
私は…。
悩ましいなああああっ。
食べたことが無いシロップにしよう。
…。
これは…見たことがない。
このラインナップには載っていないんですが、この時

アポロがありました。

ココア+イチゴだそうです。




↑きっとこんな(色が逆だ)

これくだ…。
いや、ココナッツキャラメルください。
テイクアウトお願いすると、全員分そろった段階で個別にプラ袋に入れて渡していただけます。
私は二個だったので両手に花ならぬ両手に氷だったのですが、後ろにいたご一家5人は、段ボールで持って帰ってました(壮観)。


2020-08-15 16.44.18

これが「ココナッツキャラメル」。

2020-08-15 16.44.19

おそらく、テイクアウト版は崩壊防止のため、少し氷を固めてあるのではと推測します(あくまでも推測)。
しかし、この状態でもふわふわ。

2020-08-15 16.45.12

キャラメルココナッツも、激しすぎない甘さとほどよい苦味で、めちゃうまいっ

2020-08-15 16.48.43

最後まで水に戻らず。お見事。

2020-08-15 16.44.21

夫も、黒みつミルクを非常に気に入ったようでした。

夫「近所にあったら、毎日買いに来るなぁ、俺」

私も、全種類制覇したい。
よく考えてみると、非常にリーズナボ。


★★★★お店情報★★★★
足利市菅田町109-3
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
二回目  この記事



毎週日曜日は2006年から続いている「かき氷遍路」です(たぶん10月くらいまで)。
2回目の今回は、足利市の

 2020-06-13 11.10.21-1

香雲堂本店 八幡店/香織茶寮さんです。
老舗の和菓子屋さんで昨年からかき氷を始め、話題になってたけど去年は行けなかった。

2020-06-13 10.42.39-1

豊富なメニュー。
さらに

2020-06-13 10.42.43

テイクアウトもできるそうな。
仕様が違うのだわね(テイクアウトはソフトクリームが入る)。
初回だし、イートインします。

「セルフですが、お水か温かいお茶どうぞ」

温かいお茶…。
…が出るお店は、非常に助かる。

2020-06-13 10.47.42

「冷たい一辺倒」だと、胃が疲れてしまうお年頃。
しかも、

2020-06-13 10.48.38

かき氷の本もいっぱーい。

でもって私の選択は

2020-06-13 10.55.15

「モンブランあずきミルク」900円です。
なぜなら、今まで「栗かき氷」は食べたことが無い(多分。確か。きっと)。

2020-06-13 10.55.18

観るだけで眼がハート型になる王冠部分。

2020-06-13 10.55.26

 立山黒部アルペンルートのような美しい氷壁。

2020-06-13 10.55.37

かき氷は時間との勝負。
瞬時に登攀ルートを頭の中で組み立て

2020-06-13 10.55.47

そして直ちに実行に移さねばならない(溶けるから)。

2020-06-13 10.55.56-1-1

よしっ。
九合目あたりから。
いただきまーす。

美味しい―。

なんと繊細なお味と食感。さすが和菓子屋さん。
雪の女王と化したモンブランを食べているようだ(♪ありのーままのー♪)。

氷の食感は、「さらふわ」系かな(注 個人の感想)。
松月氷室さんの天然氷お使いだそうですが、日光市と足利市の出会いはイロイロ思うところがある。
さて、雪洞ができたので、

2020-06-13 10.56.23-1

そこに別添えの「あずき」を埋め込み

2020-06-13 10.56.30-1

「あずきミルク」として楽しむのであります。
キラキラと輝くあずき、麗しや。

2020-06-13 10.57.52

掘削を進めると、底にもモンブランが!

2020-06-13 10.55.20-1

仕上げ的に、さくさくの最中をいただきました。
口の中をリカバリー。

脳裏を「目指せ全種類制覇」の文字が流れていったのは言うまでもありません。

★★★★お店情報★★★★
栃木県足利市八幡町1-2-14
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



今年のデニーズの「いちごフェア」は、とちおとめorあまおう(店舗による)。
栃木県においては、なぜか足利芳町店だけが「あまおう」でした。
両方食べられるチャンス。
前回はとちおとめだったので、今回は「あまおう」。
北関東自動車道をひた走り、

 2020-01-25 10.47.22

デニーズ足利芳町店に到着。
行ってみたらとちおとめだったりして、なんて覚悟もしていたんですが

DSC06476

あまおうでした。
お値段も若干上がる。
前回ミニだから、こちらもミニで合わせるべきか。
でも、せっかく足利まで来たしなー。
大きい方の「ザ・サンデー」にしよう。
あまおうは甘味濃厚だから、チョコじゃなくてミルク味の方にします。

DSC06478

王の登場のような主役感。
その語源は
『赤い』、『丸い』、 『大きい』、『うまい』の頭文字と『甘いイチゴの王様になるように』という願いが込められているそうな。

2020-01-25 10.27.29-1

苺ソルベ、苺ゼリー、苺クリーム、苺ソース、バニラ風味のカスタードクリーム、アーモンドマスカルポーネクリーム。
苺ソルベ、苺クリーム、苺ソースに使用している苺の品種は、あまおうではないそうな。

2020-01-25 10.27.13

大きいサイズなれども、コーンフレークなし。
ということは、徹頭徹尾みっしり。

DSC06484

しかし、大きい。
この気持ちは、男体山に登ろうとして、下から見上げた時の心境に似ている。
あの時は「帰ろうかな」と思いましたが、今回はもちろん「食べる


DSC06486

パフェスプーンと比較すると、大きさわかりますでしょうか。

DSC06480

それでは、登頂開始。
あまおうなので、さすが濃厚。
チョコではきつかったかもしれない。

いちご地層を掘削し、最後の「いちごソース地底湖」までたどりついた時、「やりました感」に包まれたのでした。

甘い。

辛いの食べたい。
で、このままカレー食べに行ったワケです。



★★★★お店情報★★★★
栃木県足利市芳町31-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ