1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category足利市のグルメ

足利市にいちごパフェ遠征した帰り路、お昼ご飯食べて行こうと思ったら
・一軒目 駐車場満車
・二軒目 同上

涙にくれて、帰ろ~…と車を置いておいた市営駐車場に向かいましたら、そのほぼはす向かいに

 DSC00871

カフェが。
あれ。この駐車場何度も何度も使っているけど、初めて気づいたかも。
インテルヴァッロ スーベニールさんでした。
行きたいリストにあるお店であったけど、この場所だったのか~。
入れるかな。こんにちは。

「大丈夫ですよ」

一席だけ空いてました。
これもご縁。
雨のち雨のち晴れな気分。

DSC00872

何にしよっかなー。

「そのメニューのほかに、本日は『桜とイチゴのシュー』がございます」

そうですか。
しかし既にいちごパフェ食べているし、食事メインでいきます。
しかし既にいちごパフェ食べているし、軽い食事でいきます。

DSC00873

足利サンド…足利産&…足利産でサンド…なるほど、うまい。
気まぐれトーストにしよっかなー。
あとはドリンク。

DSC00874

水出しアイスコーヒーの季節。
これにしよ。

DSC00875

ホットメニューもあるけど、春も終わったっぽいし。
やっぱり冷たいもの。

DSC00882

どん。

DSC00885

想像と違ったトースト。

DSC00887

濃厚チーズソースの雪崩落ち。
ザックリとろりんと、至福タイム。

雨のち(一軒目敗退)雨のち(二軒目敗退)晴れ。
そんな気分。

DSC00879

非常にさっぱりとした水出しアイスコーヒーを飲みながら…。
久しぶりに晴れ間を見たような、この高揚感を大切にしたい。

という言い訳のもと、

DSC00888

桜とイチゴのシューもお願いしました。たぶん450円。

DSC00890

お姫様ドレスの刺繍のような構図。

DSC00892

思春期の姫様のような、可憐な横顔。

DSC00896

いただきまーす。
ザックリシューにお上品なクリーム、イチゴと桜、二大姫の競演。

晴れのち晴れ。

そんな気持ちでございました。

次回は夏に来て、自家製シロップのかき氷を食べたい。

★★★★お店情報★★★★
足利市大町6-4
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください







いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
6月くらいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。
足利市で、「あしかが美食まつり」というフェアがあって、足利特産の農産物(いちごなど)を使ったメニューが市内あちこちで出るんだそうです…というワケで、5つのいちごパフェのうち、何個を食すことができるか挑戦中です。

「あしかがフラワーパーク」の藤の花が咲いて来ましたから、足利市内は混雑。
GW突入前に5つ終了したかったけど、ちょっと厳しくなってきた。
とりあえず今回は4つめ。 DSC00850


プラザハマダさんの「いちごパフェ」です。

DSC00851

令和カプチーノなるものも登場。

DSC00856

盛り上がってまいりましたー。
足利市が盛り上がるネタといえば、さらに「刀剣ブーム」系ですが

DSC00852

刀剣あずきソフトもある。
攻めてくるわ…。

でも今回はいちごパフェ。
くださーい。

実は5~6年前にプラザハマダさんにいちごパフェ食べにきたことがあるんですが、その時のいちごはフローズンだったのでした。
今回は生。
盛り上がる期待。
うれしいことに、店内には閲覧用の漫画もいっぱい。
あ。

DSC00854

昨今話題の「翔んで埼玉」の原作だ。
魔夜峰央ファンなれど、まだ全部読んだことなかったんだ。
せっかくだし読もう。
ここまでディスりは激しくないけど、わたしの中で栃木ネタマンガといえば、新井理恵さんの「× ―ペケ―」。
、昨今のご当地ブームにのって、映画化されないかなー。

と、読書に励んでましたら、お隣の席に県外の方らしき観光客4人組様が。

「栃木と茨城って区別つかないよね~」

え。

「足利って栃木の中でも気風が独特らしいよ」

既にありそうな気がするけど、栃木県内25市町の擬人化マンガとかあったら面白そう。
足利ちゃんは女子かしら。足利銘仙に身を包み、髪は三つ編みー。
とか考えてたら


DSC00858

いちごパフェ登場。
結構大き目。

DSC00863

でも、いちごゼリー層が厚いから、カロリーは控えめ。
そんな気がする(希望的観測)。


DSC00866

いちごエスプーマの上に屹立する、いちごポッキー。
かき氷界でよく目にするようになったエスプーマ。
実は私は、かなり好きであった。

DSC00870

では、とちおとめちゃんからいただきまーす。
瑞々しくて美味し―。
エスプーマも、ふあふあさっぱりといただけます。

とちおとめちゃんも終わりかけのシーズンかと思いますが、あと何個パフェ行けるかなー。
そして、5/12までの「あしかが美食まつり」に出てくるいちごパフェは、あと1個。
コンプリートできるかどうか。宇都宮は足利から遠いし。
翔んで足利まで行ければいいのに。

★★★★お店情報★★★★
プラザハマダ
足利市通2-12-11
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

桜咲く~

 DSC00647

足利学校を後にしまして、10分ほど西に向かって歩きますと

DSC00624

ふくやさんがあるのでした。
かねてからの、「パン屋さん行きたいリスト」最上位のお店でございます。

DSC00625

時間ごとに焼き上がりパンが細かく。
現在時刻は11時。
振り返れば行列が。
一度買ったら、もう二巡目に挑む気力体力は無いと思わねば。
とすると、全精力を注入して買わなければ。
えーと…(注入中)
これとアレとそれください。
コーヒーも買います、350円。

「合計1069円です」

二階のイートインスペースで食べたいのですが~

「そのままドリンクとパンを上にお持ちください」

DSC00627

おおっ。
なんというオシャレな空間。
ここがイートインスペースだなんて、ありがたや。

DSC00629

私のお昼。
まずは

DSC00632

ちくわパン。
一時期のマイブームは過ぎたとはいえ、まだまだ「気になるあの子」。
カリカリもっちりのパンに、マヨが詰まったねっとりちくわが、たまりません。

DSC00637

フレンチトースト230円。
表面のひび割れも萌えますが

DSC00638

いいですねー!この厚み。

半分(1/3くらいかも)を夫にお土産で渡したのですが、(毎度のごとく)焼酎のつまみに食べながら、「すごいしっとり加減」と驚いておりました。

そう、厚いうえに、しっとり度も半端ないのです。
「液はすべて吸い切ったー」な感じです。

DSC00642

名前失念、コーンパン。
一目ぼれで買ったのですが

DSC00643

断面も良いですね
萌え断。
コーンが香ばしい。
ウマさを受け止めるパンも、奥深いシンプルさで美味しい。

DSC00644

そんでは、かわいいロゴ入りコーヒー飲みましょう。
いただきま…

あ、蓋を外さねば(わたしは蓋越しに飲めない)。

DSC00635

ヨーロピアンな泡立ち~。

DSC00628

それでは、コーヒーでボー。

そろそろ初夏ですね。


★★★★お店情報★★★★
足利市通3-2608-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



↑このページのトップへ