1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category下野市・上三川町のグルメ

スポーツ中継は、私は基本的に大相撲かフィギュアスケートしか観ないのですが、夫はワールドカップのラグビーを観ています。

夫「日本チームの公式ユニフォームほしい!下野市の某スポーツ店に行こう!チラシに書いてあった気がする!」

行ったらありませんでした(完売ではなく、販売していない)。

しかし、せっかく下野市まで来ましたし、お昼食べて行きましょうということになり


 DSC04606

田舎やさんに行きました。
武蔵野うどんのお店だそうです。
ってことは、ガッシリ系かな。

2019-09-29 12.56.45

10月1日に価格改定だそうですが、メニュー。

私はピリ辛つくねうどんの普通盛り。

夫「俺は肉汁うどんの大盛り」

DSC04596

太さの割に、わりと早く来た。
次から次にお客さん来るから、常に茹でているからだろうか。

DSC04599

夫の大盛り。

DSC04600

私の普通盛り。

夫「これ、特盛とか一キロ頼んだら、どのような盛りになるの」

さぞ壮観でございましょう。

DSC04598

夫の肉汁。

DSC04597

私の「ピリ辛つくね汁」

ということは

DSC04603

つくねから食べよう。
「ピリ辛」とありますが、もう一歩進んだ辛さを感じます。
ふわふわというよりも、食感ゴロゴロの集合体的な。
例えるなら、肉たちのスクラム。

DSC04604

うどん食べよう。
箸で持ちあげるのが重い。


DSC04605

つけていただきます。

がっしり系。

うどん界のラガーマンですね。
讃岐うどんは力士(あんこ型)
稲庭うどんは新体操女子。
異論は認めます。

夫「ガッシリ来るななぁ」

汁の中で少しおいとくと、ほどよく柔らかくなりますね。

夫「帰ってトマトの作業したら、ラグビー観ようっと」

てなわけで、私もつられて観ていると、非常に影響されて

2019-09-29 18.10.53

思わず、ハイネケンを買って飲んでしまうのでした。

2019-09-29 18.28.21

なんか分からんけど、なんかスゴイーと騒いでいるうちに、寝落ち(そして今日も)。

夫「公式ウェアが売っていると書いてあったチラシは、どこのチラシだったんだろう…」


★★★★お店情報★★★★
田舎や
栃木県下野市笹原10-5
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




9月なのに暑い。
暑いを通りこして熱い。
身体中の水分が、汗となって出ていく。
水分はもちろん、塩分も補給しなくちゃ…。

 DSC04205

というわけで、つけ麺・らー麺 和の華さんに来ました。
いつ営業しているのかよく分からなかったのですが(通りかかるたび閉まっている)
お店のツイッターを見ればよかったのでした。

DSC04185

ミニ丼と…

DSC04186

餃子の組み合わせでもいいんだろうか。

初回だから、やっぱりラーメンかつけめんかな。
暑い時は熱い汁物が食べられない私としては、冷やし金ゴマつけ麺…。
しかし、麺の小盛設定がない。
無添加つけ麺の小900円にしよう。

餃子は~

小盛丼との組み合わせが可能なら、次回にしましょう。

DSC04189

すんごい久々に、つけ麺を食べる気がする。

DSC04192

流動体な、地球の始まり的混沌とした汁に

DSC04193

ヴィーナスの誕生的、無垢な麺を

DSC04194

つけて食べる。

艶めかしく、艶やかな食感…。
混沌としたつけ汁には

DSC04201

バラチャーシュー(かな)が沈澱し、卵の黄身でイッキに華やかさが。

こってり加減は

DSC04191

爽やか部隊の、オニオンスライスとカイワレで調整。

DSC04190

レアロース(かな)は、最後にとっておいて、しみじみと肉の旨みを味わって食べました。
肉女ですから。

これで、「レイダース・失われた塩分」も補強できたことでしょう。

また冒険の旅に出るとしよう(ハウスで農作業)。

★★★★お店情報★★★★
上三川町上蒲生2313-2
営業時間&定休日 お店のツイッターをご参照ください


毎週日曜日の記事は「かき氷遍路」ですが、気温次第で10月いっぱいまで続くか、前倒しで終わるか~というところです。
というワケで
2019-09-04 11.34.14

PIZZA LEONEピッツァレオーネさんで、悩ましい決断の瞬間を迎えました。
いちご or マンゴー という、私には究極の二者択一に近い。

いちご。

夫「早いね」

100円安いので。


DSC04057

麗しい!

DSC04058

毛皮のショールのように半身を覆う、いちごのエスプーマ。

DSC04059

いちごシロップの地底湖。

DSC04061

かき氷は、時間との戦い。
完成直後の撮影&愛でる時間は、10秒以内に抑えたい。

DSC04065

一瞬の美を追い求める、それがかき氷道…。

よし、時間内。

DSC04068

あとはひたすら食べる。
いただきますっ。

おおっ。エスプーマがふわふわもこっと。
なるほど、「ふわもこ」
そして口内に溢れるイチゴの香り。

DSC04073

氷の食感も不思議系。
さら、さく、ふあっ。
…が、当時の一言メモでございました。

DSC04076

地層の中ほどには、イチゴのコンポート。
しっとりジューシーなコンポートが、噛むと口の中で「果汁解除!」

DSC04062

せっかくだし、追いシロップいきましょう。

DSC04078

氷壁を照らす朝日のよう。

DSC04079

ああ、ドラえもんにスモールランプを出してもらって、この氷壁を登っていきたい。

9月中に再訪せねばと誓うのでした。

★★★★お店情報★★★★
上三川町しらさぎ2-22-11
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
二回目の二 この記事






↑このページのトップへ