1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category宇都宮で飲む!


私の憧れ。
それは…


wiki先生によりますと
「 酒屋の店内において、その酒屋で買った酒を飲むこと。また、 それができる酒屋のこと」

飲み系のブログやドラマで、よく見かけますよね。
大人な雰囲気。
そこにしびれる、憧れる~。

安く飲めるし。

そしたら、ブログコメントで教えていただいたんですが、宇都宮でも二店あるそうな。
知らんかった。

行ってきます!

そしたら、両方とも角打ちは、やってないんだそうです。
炎天下10キロ近く歩いていったから疲れた。
もともとジョギングの時間を割り振ったから、カロリー消費的には無問題。
ただ、家に歩いて帰る気力が消えてしまった。
某酒屋さんのソフトドリンクコーナーに、「伝説のジンジャーエール」(350円)なるものがありました。
今、私に必要なのはエナジー…。
これください。
蓋開けてもらっていいですか。
外で飲みます。

「あ、そこでどうぞ」

2018-07-07 16.03.15

店内で飲ませていただきました。
なるほど、これもまた角打ち。

2018-07-07 16.03.20

一口飲むと…

私の小宇宙(コスモ)は燃えている!

と、身体の中(後頭部あたり)が熱くなってきました。


この感覚は…
昔、高熱出して寝込んだ時に数千円したユン●ル皇帝液を飲んだら、思わずベッドから起き上がってそのあたりの掃除を始めてしまったくらいのパワーが出た、あの時に似ているかもしれない…。

で、家まで走って帰ったのでした。

★★★★メーカー情報★★★★
ときがわブルワリー
埼玉県比企郡ときがわ町大野529

大阪在住の加藤彩香様から、コメントをいただきました。

「飲みのブログも見たいです」

「飲み」があまり登場しないのは
1.千円札一枚ではおさまらない
2.一人酒はデンジャラス(ストップがかからない)
3.夜はカロリー控えめ(はぁと)
等々の理由がございます。

いちばんの理由は1ですね。

いかに予算内で納めつつ飲めるか。
ちょっと試してみよう。

と、夜は全品500円均一の酒守 勘兵衛さんに行ってみました。

2018-05-28 19.16.02

何を飲もうかなー。
(画像の右下に未確認怪しい物体が)

最近、シャープの日本酒に燗するじゃなくて関するツイッターで


s
日本語の美しさについて考えたりしたので

2018-05-28 19.20.01

冷酒で行きましょう。
限定に弱いので、一人一杯限定の獺祭で。

2018-05-28 19.21.27

残り500円。一皿を選ぶとなると、アレコレ楽しみたい。
んー。

おばんざい盛り合わせだ!
ヘルスィー感があるので、カロリー控えめ(はぁと)で行けると思うの。
ここでストップしておけばの話だけど。

DSC03308

獺祭。

DSC03327

美しいですねー。
闇に光るダイヤのよう。

「こちらお通しですー」

と言うことは

DSC03298

お通し代が発生するので、この時点で千円ジャストで飲めることはなくなってしまった。
500円だそうですが

DSC03330

おかわりできるそうです。

赤しろ黄色 どの漬物みても キレイだなー…

漬物食べ食べ、冷酒を飲む。
大人な気分が盛り上がってまいりました。

DSC03333

おばんざい三種盛り合わせ。
・酢もつ キュウリ添え
・タケノコの土佐煮
・アスパラの胡麻和え

DSC03341

酢もつは本日の貴重な肉要素。
大切に食べねば。
ああ、さっぱりすっきり。おいしー。

タケノコの土佐煮は、「しゃくしゃく感」がたまりません。


DSC03346

アスパラの胡麻和えも、シャキシャキシャッキリポンとした食感。

冷酒の温度、シャープでいうところの「花冷え」かなぁ。
それほど「ちべたい」感がない。
お上品な甘さでクイクイ飲めてしまう。

強い意志をもってここでストップしないと、気が大きくなってヤバいかも。
このへんでお会計…

「こちらサービスです」

え。

DSC03349

なんのサービスか忘れてしまったのですが、冷酒がちょこっとオマケにつきました。
で、この一杯が、ああ、この一杯がこの後の記憶を飛ばしたのでした。

でも幸せ(堕ちていくのもーしあわせーだよとー)。


★★★★お店情報★★★★
酒守 勘兵衛
宇都宮市駅前通り3-1-5 つちやビルB1F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  この記事


足利ほろ酔いウォーク」という、足利市内の参加店で「1000円のおつまみセット」が食べられるイベントに行ってみたかったのです。しかし、夜に足利はなかなか難しい(交通的に)。
そしたら、5/3は、真っ昼間開催でしかもワインイベント
ちょっと足利まで行ってくる。
都内外資系OLの友人「私も帰省するから行く」
人妻の友人「私も」

よし、みんなで行こうー!
→当日雨でした。
雨天中止ではないけど、気力が消えてしまった。

外「私は昼から飲めれば、どこでもいいわよ」
人「私も」

そうですか、では宇都宮市内に場所を変更し、12時開店で昼間っから飲める

DSC02584

鳥ちょっ!さんにしましょう。
人妻の友人はバスが遅れているのことなので…。

外「じゃあ、先に飲んで待とう」

あ、やっぱり。

DSC02597

外資系OLの友人はハイボール。私はレモンサワー。

外「胃が痛いので、今日は控えめにいくわ」

なんで。ストレス?

外「いや、数日前に飲み過ぎて。すべてがメガ盛りの店に行って飲んだら、グラスもデカかったのよ」

DSC02599

外「デカさ分かる?」

画面だと分からんね。

外「つまみ無いと飲めない。オーダーしよう。私はもつ煮」

じゃあ、私はかぶと揚げ。

外「魚から行くって珍しいわね、あんたが」

どこに魚要素があるんだ。

外「かぶと揚げ。鯛でしょ?」

宇都宮市民なのに、なんでかぶと揚げ知らないの。

外「何言ってんの、私は都民よ」

お隣の席から声が聴こえてきまして

お隣A「かぶと揚げって何」
お隣B「鶏の頭?お店の人に聞こう」

外「ほら」

そんなー。かぶと揚げってメジャーじゃなかったのー。
と、そこへ人妻の友人が来ました。かぶと揚げ知ってるよね!?

人「うん。宇都宮名物でしょ。駅にも専門店できたよね」

あー、良かった。

DSC02601

まずはもつ煮480円。
味が染み染みでおいしい。

DSC02606

友よ、これがかぶと揚げだ(550円)。

外「でっかいんだねー」

我が家のハレの日の食事です。幼少のみぎり、正月といえばこれでした。
お店によってキャラが分かれるところですが、このかぶと揚げは

DSC02613

(私的基準ですと)モダンな感じ。
皮がパリパリ!肉厚!味しっかり!
遠い想い出のかぶと揚げとは対極だけど、これいいなぁ。

DSC02621

シーザーサラダ580円。

人「すんごい量だね」

でも食べてしまうのが私たち…。

DSC02626

鳥皮ポン酢480円。
私の大好物。
てっきり、茹でた鳥皮かと思いきや、揚げてあった。
パリっパリのパリッパリ。それにポン酢がしみ込むと、にょろんとした食感に。

DSC02631

それぞれが、本能のおもむくままにオーダーした焼き鳥。

DSC02639

私はレバー140円…。

人「レバー苦手じゃなかったっけ」

貧血対策。
臭み少なくて、食べやすい。

DSC02640

そして「心のこり」140円。
ハツについている動脈だそうです。
なんて雅なお名前…。
食感がコリコリと心地よい。

DSC02643

外資系OLの友人のオーダー「山かけつくね」350円。
いやー、ほんとーに、トロロが好きだね。

外「ねばねば系を愛しています」

DSC02648

人妻の友人のオーダー「手羽先」140円。

人「骨つき肉LOVE」

DSC02650

鴨ネギ250円。もはや誰のオーダーか分からなくなってしまった。

DSC02652

この日唯一の魚要素、たこのから揚げ480円。
サクサクと美味しゅうございます。

一人3杯くらいずつ飲んで、お勘定は一人当たり3000円くらいでした。
何がスゴイって、GW中とはいえ真っ昼間に満席。すばらしい、この活気。

人「ワインイベント行きたかったなああああ」

外「行っちゃえば良かった。雨上がったし」

またの機会に、リベンジだ!

★★★★お店情報★★★★
鳥ちょっ!
宇都宮市宮園町1-10
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ