1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category宇都宮で飲む!


いわゆる「晩酌セット」めぐりが好きな私です。
理由:基本的に安い(1000円前後)。
「生ビール、餃子、枝豆、おしんこ」で1000円が私的「晩酌セット」認識だったのですが、47都道府県めぐりの時に飲み屋街をふらついて、晩酌セットチェックをしたら、意外にご当地系が多い(宮崎ならチキン南蛮がつくとか)。
お店により「チョイ飲みセット」「特急セット」など名前も変わりますが、駅東口にある

2018-11-20 18.27.20


2018-11-20 18.29.39

1000円(税別)で「早割セット」なるものがありました(月~木限定)。
19時までが条件。ギリギリセーフで飛び込みました。

「ドリンクは、早割リストの中から選んでください」

晩酌セット系ですと、生ビール限定とか結構範囲が狭いんですが

2018-11-20 18.29.09

あら、いっぱい。

2018-11-20 18.29.13

悩ましい。

DSC06612

と、言いつつ私は基本的にレモンサワー一択。

DSC06614

お通しがつきました。
ということは、お通し代が別。メニューを見たら300円。
税別を考えると最終的に1400円くらいかな。
やはり千円ジャスト(または以下)で飲むのはなかなか難しい。

カウンターの真ん前がキッチンなので、揚げる様子を眺めているのも楽しいものですが

DSC06617

出来上がりを見るのは、もっと楽しい。

DSC06619

「寒いので、サービスです。どうぞー」

この日だけなのかは謎ですが、オマケの一皿がつきました。
甘じょっぱい味が大根と芋に染み染み。ほっとする系。

DSC06620

なんだろう。キウイジャム。揚げ物につけるのかな。斬新だ。

「それは、塩ダレです。キャベツにつけてどうぞ」

なるほど。

DSC06622

それでは、いただきまーす。
一度悩むと、永遠に悩んでしまいそうなので、食べる順番は逆時計周りと決めよう。

DSC06624

まずは、シイタケ。

DSC06616

「二度漬け禁止」のソースにつけて食べるのは初めてなのであった。
ドキドキ。

DSC06626

色が変わったシイタケさん。
いただきまーす。

しっとり衣に包まれた、肉厚ジューシーなシイタケ。
ソースはサラサラしてますね。さっぱりしている。

DSC06627

ジャガイモかと思ったけど、厚切り玉ねぎ。
自分で揚げると半生になる厚切り玉ねぎ。
いただきまーす。
ほっこりした甘さが幸せ。

DSC06630

オクラ。
覚悟したほど粘りはなく、ほこほこした食感に変貌していました。

DSC06633

老若男女の永遠のスター、うずらの卵三連星。
食べる時は無心になります。

DSC06635

締めはお肉、鳥のササミ。
ヘルシー感と、ソース感の合体がいいですね。

満足。ご馳走様でした。


カマンベールチーズ揚げとか追加しちゃおうかなー…

★★★★お店情報★★★★
串揚げダイニング 串徹
宇都宮市宿郷1-4-3 コーポソフィア1F東
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


私にしては珍しいシチュエーション

夜・行きたいお店でおごっていただける

というラッキーなことがありましたので(数年分の運を使ってしまったような)、遠慮せずご厚意を熱く受け取りました。
お店はどこにしよう。せっかくなので

2018-10-28 18.06.37

たんや練さんにいたしました。

2018-10-28 17.29.56

お昼なら定食行くところなのですが、夜だし、炭水化物はちょっとパスして

2018-10-28 17.29.50

単品・たんぱく質メインで行こう。
飲み物は…レモンサワーと言いたいところなのですが、ウーロン茶で。
酔っ払って、食べた物の記憶が消えるのはイヤだ(よくやる)。
まずは

DSC06330

マグロの刺身かと思ったのですが、ハツ刺し。

DSC06331

臭みもなく、美味しいたんぱく質感が、くにゅくにゅと口の中に広がる…。
日本酒飲みたい…。

DSC06332

薬味系はにんにく、しょうが、ゴマ油…醤油かな。

DSC06335

数量限定の「極 たん焼」。

DSC06339

牛たん好きで良かった…
肉好きに生まれてよかった…
食いしん坊バンザイ…

DSC06344


そんな肯定ワードが脳裏をかけめぐる。
かりかりっとして、柔らかくて、肉汁じゅあー。

DSC06340

辛味噌とか、がりおかかとか、やっぱり日本酒飲みたい…。

DSC06346

テール焼。

DSC06353

ほぐして、ポン酢やハニーマスタードでどうぞということでした。

DSC06354

立ち上る湯気、そして口に溢れるくにゅくにゅ感、これはコラーゲン…。

明日のお肌は、きっとぷるぷる…。

そんな幻が見えた、たんぱく質な夜でした。

ご馳走さまでございます(拝む)。

★★★★お店情報★★★★
たんや練
宇都宮市インターパーク1-5-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください









なんといいますか、こう…。

しゅぱーっ

とした気分になりたいなと思いましたので、駅近の

2018-10-16 18.57.52

旬菜と炭火の辰吉さんに行きました。
なぜならば

2018-10-16 18.36.23

月~木限定の「平日限定セット」(千円ジャスト)で飲んでみたいと常々思っていたのでした。
どっちがいいかなー。

刺身が食べたい。

てなわけでAセットください。

いわゆる「晩酌セット」にはトラップがございます。
それは、「お通し代」が別について、晩酌セット代だけでは済まなかったパターンです。
なもんで、

DSC06102

生ビールと一緒に小鉢が出てきたので、「これはもしやトラップ」かと身構えたのですが

「こちら、セットの中の小鉢です」

てことでしたんで、一安心。

DSC06104

もやしで、ヘルシィ。

DSC06105

というわけで、一人で乾杯。
お疲れ、自分。

しゅぱーっ

ああ、心地良い刺激。

DSC06107

お刺身。

DSC06110

マグロとタコ。
タコ食べたかったんだ。
ぷりぷり肉厚。

余談ながら、「タコ焼き」に入っているのはイカだと信じてた幼少時代。

DSC06113


お任せ串焼き三本盛り。

DSC06114

みた感じ、正肉、鳥皮、つくねでしょうか。

つくねが、ほわっとジュースィ。
鳥皮は、カリカリ。
正肉は、むっちんもっちん。


ほぼ同時に生ビールも終わり、ご馳走様でした。


晩酌セットを頼むと、だいたい勢いがついて「あと一皿行っちゃおうかな!?」となるのがパターンなのですが、この日は帰ったのでした。

★★★★お店情報★★★★
旬菜と炭火の辰吉
栃木県宇都宮市大通り3-2-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ