1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category宇都宮の和食

宇都宮の街中を歩くたび

「昼飲みできるお店が増えたなー」

としみじみ思うのですが、ランチメニューがあるお店も。
そんなお店のひとつが

 2020-02-06 13.35.55

宮の橋店の「だるまや」さんなのでした。

2020-02-06 13.14.48

しかもアンダー千円ワールド。
今日のお昼は決め。
こんにちはーと中へ入ったら、水槽があって魚が泳いでいた。
あれはもしや、アジでは。
ということは、生アジのフライ!
ならば、アジフライを…

DSC06705

注文すべきだったのかもしれないのですが、思わず海鮮丼を注文してしまいました。
なぜなら好きだから
頼んでビックリ、

DSC06708

ウニさまのお姿が!
見本画像よりもゴージャスなネタの海鮮丼って、あまりお目にかかれない。

DSC06709

しかも、お刺身肉厚!

DSC06710

サラダでベジファースト。

DSC06711

おしんこで闘志に火をつけ

DSC06712

お味噌汁で燃えたつ心をクールダウン。
具はニンジンと里芋でした。
けんちん的な。
そんでは、お醤油かけて

DSC06713


いただきます!
水槽のアジを横目で追いながら、肉厚のネタの海鮮丼を食べる幸せ。

当時の一言メモには

うにがいた
あじがいた

とありました(二言メモ)。
ネタは日替わりなのかもしれませんが、ちょっとラッキー気分。

次回はぜったいアジフライにしようと思い、なおかつ、別オーダーで「つまみメニュー」も頼んでみようと思うのでした。その最もたるものが「紅ショウガの天ぷら」…。

★★★★お店情報★★★★
栃木県宇都宮市大通り4-1-12
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

ここ数か月、ブログをアクセス解析すると謎現象が起きてまして、2017年2月の記事「1000円ランチの春一番 ~居酒屋 鮮(宇都宮市)~」が、なぜか常にアクセス数上位なのです。
お店はしばらく前に閉店しているのに、なぜだろう。なぜかしら。

????

…。
謎はすべて解けた(気がする)。
おそらく、こちらのお店の名前の検索でヒットするのかなと。

 2020-01-30 13.21.32

というワケで、行ってみました。
美食のWONDER LAND 一鮮さん。

2020-01-30 13.02.46

アンダー千円のランチもある、和食なお店。
店頭と店内には、魚が泳いでる。

2020-01-30 13.03.44

ということは、魚で行くべきでしょう。

若鶏と豚ロースのネギ油淋定食ください。

ああっ。
肉女の血が無意識に肉を口走ってしまう。

魚に春と書いて鰆…。
まるで春のような陽気のこの頃だし。
鰆の西京焼き定食(900円)ください。

DSC06615

ビックリしたのは

DSC06616

西京焼きが、洋皿に洋食テイストで登場したこと。
一瞬ムニエルなのかと思ってしまったけど、食べたらしっかり西京焼きだった。
肉厚でおいしい。

一足早く、(魚の)春一番。

DSC06618

冷奴。
豆腐のビタミンB1で健康に。

DSC06619

左上の白い食べ物、デザートのケーキかと思って最後までとっておいたのですが、リンゴでした。これもまたビタミン補給。

居酒屋ランチにおいて、重要なのが「ごはんの盛り」。
場合によると、どんぶりてんこ盛りで来たりする。
なので、事前に「半盛りで」とお願いするのが常なのですが、今回はすっかり忘れていた。
ちょっとドキドキしたのですが

DSC06620

小さめサイズのお茶碗に山盛りな感じでした。
このくらいなら、ちょうどいいかも(ぱくぱく)。
ご飯がふっくら美味しー。

ふと周囲を見ると、全員女性でした。
みなさん、ヘルシーに魚を追い求めているのでしょうか。

こちらのお店、「夜、来てみたいお店リスト」に入れよう…。

★★★★お店情報★★★★
住所 宇都宮市江野町3-5
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください





夫につられて、マグロ関係の番組ばかり観ているので、マグロが食べたい。
マグロといえばお寿司。
たまには、回っていないお寿司食べたい。
お財布と相談し、そんな時には寿司屋台 忠治さんに行くのでした。

DSC06297

おまかせ七貫なら、千円!(税別)

 DSC06283

もしも好きなものオンリーでいくなら
・玉子
・こはだ
・ねぎとろ軍艦
・貝ひも
・かんぴょう
・とろたく手巻き
で行くところであります。

でも、今回は…。
板さん、おまかせ!

DSC06296

生牡蠣にぎり。
牡蠣の食べ方で何が好きかと言われたら、生牡蠣です。
生涯に一度でいいから「もう無理」というほど牡蠣を食べてみたいという夢は、宮城の民宿で叶えたのですが、同時に「ほどほどの量を食べるのがベスト」ということも学びました。

DSC06293

南鮪の赤身。
夫の観ているマグロ番組の影響で、マグロを見ると脳内BGMが流れるようになってしまいました。
その1 ♪ らっせーら らっせーらー ♪
その2 「北の漁場」byサブちゃん

今、この一貫には、マグロ漁師の夢と涙とドラマが詰まっている。

DSC06291

赤貝。
ダンサーのような激しさを感じるシェイプ。
ああ、やはり私は貝類が好き。
猫に「しじみ」という名前をつけたのは、もしや貝好きの心理からか。

DSC06289

本日の光物は、アジ。
アジ大好き。
光物ワールドの中で、鯖と並んで私の心を奪う二大スター。

DSC06286

本日の白身。たしか鯛でした。
鯛漁師のドラマも観てみたいものです。
と言いつつ観たような、伊勢神宮にお供えする鯛を釣る漁師の話だったっけか。

DSC06285

蒸し海老。
子供のころは、玉子と並んで二大好物の寿司ネタでした。
ぷりぷり。

DSC06281

〆は大トロサーモン。
その名のとおり、脂が乗ってました。
サーモン漁師のドラマも観てみたいものです。
海外ロケ敢行だろうか。

以上で千円(税別)。
まんぞく、ご馳走様でした。

しかし、両隣はこちらを基礎として、さらにプラスサムシングを追加していました。

DSC06283

そうですね、もう何も考えずに心のおもむくままに、ウニとか大トロとか頼んでいきたい。

でもそれは、マグロ界でいうところの「一番マグロを吊り上げた!」レベルの慶事がないと無理でありましょう。


★★★★お店情報★★★★
栃木県宇都宮市川向町1番23号 宇都宮駅ビルパセオ1階
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目
三回目 この記事

↑このページのトップへ