1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category宇都宮の和食

消費税UPもあり、なかなか「アンダー1000円ランチ」を探すのも難しくなってきました。
そんな中、

 DSC05249

和ふう亭さんはアンダー千円のメニューも多く、特に日替わりの「そば定食」がお得だと小耳に挟んだので行ってみました。
小鉢が三品つくそうな。
肉系があるといいな!魚系でもいいな!

2019-11-12 12.03.36

・豆腐ステーキ
・煮物
・温キャベツのサラダ

肉女の私としては…。

2019-11-12 12.04.30

ちょっと他のメニューも見てみよう。
生姜焼きランチ620円。
蕎麦屋さんだし、初回だし蕎麦がついた方がいいかな。

2019-11-12 12.05.09

しかし、うどんもあるそうだし、冷やしうどんという線も。

2019-11-12 12.05.07

かつ重なら蕎麦orうどん。

たぬきご飯推薦している若原君って誰。

と、いろいろ悩ましいところに更に悩ましい存在が。

2019-11-12 12.06.34

カキフライ定食…。
しかもアンダー千円。

どないしよー。

悩んだ結果、初志貫徹で日替わり定食にしました。
とオーダーすると、すぐに

DSC05237

来た。

DSC05240

温キャベツのサラダ。
ポン酢かしら、酸っぱい。
加熱で甘いキャベツとナイスコンビネーション。
って、これは無限キャベツ。
箸が止まらない。
家にあったらドンブリ一杯食べてしまいそう。

DSC05244

煮物。
芋とがんもという精進な構成でありますが、ほのぼのとしたお味。

おかーさーん。

と、夕暮れの裏山に叫びたくなる。

そして、肉女の私の頬を引っ叩かれたような衝撃を与えたのが、

DSC05241

こちらの豆腐ステーキ。
最初、豚バラブロックのステーキかと思ってしまったビジュアル。
箸で割れば、確かに豆腐。
しかし、このかかっているタレが美味しい!
玉ねぎ醤油みりんベースかな。
これだけでドンブリ二杯行けそう。
タレお持ちかえりしたい…。

DSC05239

程よい量のお蕎麦。

DSC05245

甘めのツユが、癒しの雰囲気。

2019-11-12 12.15.07

一人分の可愛いサイズの湯桶に萌え。

まんぞく…。
次回はカキフライ、次次回はかつ重だ。決まり。

★★★★お店情報★★★★
和ふう亭
宇都宮市城南1-1-4
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



めずらしく、駅東の東宿郷近辺でランチタイムを迎えました。
「ランチ」のノボリ旗の多さにビックリ。
もしや、宇都宮市内でトップクラスにランチスポットが充実しているのでは。
このように「ランチ迷子」になりそうな時は、サラリーマンの動きを見ろというのが定説(なのかな)。

お父さんたちがいっぱいドアをくぐるその先は(ちらっ)

 DSC04727

乙女な看板。
いちえ三笑さんとな。
個室・海鮮料理となっていますが

2019-10-07 12.25.05

おおっ。
全てのメニューが税込み800円ではありませんか。
そしてA、B、Cすべて魚。
サラリーマンが集まるお店ですと
A.肉 B.魚 C.揚げ物(肉なり魚なり)
の三者択一が多い気がしますが、すべて魚。
逆に悩ましい。

消去法でいこう。
鯖ミソは自力でも作れる。
刺身だと、どこか物足りない気がする今日の胃加減。

DSC04719

本日のフライ定食「佐賀県産イカとアジのフライ」にいたしました。
「佐賀県産」の形容詞は、イカだけでなくアジにもかかるのであろうか。
ちなみに私がアジ(フライ)にかけるのはレモンオンリーなのですが。

DSC04722

レモンは無いのか。しょぼん。

DSC04725

んだば、オーソドックスに忠実にソースをかけて、いただきまーす。

DSC04726

アジフライは、独自の地位を築いている。
雑誌で個別のフライ特集があるなんて、「アジフライ」くらいではなかろうか(カキフライも若干)。
そして、アジの味というよりソースのアジで御飯をかっこむ私。

イカフライを食べるのは、すんごく久しぶりな気がする。
噛み切る時に、イカの皮が「つぺーっ」と伸びるのが好きです。

DSC04723

実は今回、一番気に入ったのは、この赤ダシ味噌汁だったりして。


DSC04720

ランチドリンクのアイスコーヒーでボー。
これもほどよい量でいいですね。

駐車場は同じ敷地のコインパーキングなんですが、食事した場合は3時間無料だそうです。

あ、ホタテフライもか(独自の特集を雑誌に設けてもらえるフライ)。

★★★★お店情報★★★★
いちえ三笑
栃木県宇都宮市東宿郷3-2-14
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



姉とお彼岸のお墓参りに行った帰りに、

 DSC04530

菜々家 御幸町店さんでお昼を食べていくことにしました。
かねてからの課題店でございます。
福島・宮城エリアのチェーン店で、それ以外だと栃木県にしか無いようです。

DSC04532

タッチパネルで食べたいメニューを入力したら

DSC04533

惣菜バイキングへレッツゴー。
惣菜バイキング+ご飯(たしか600円前後)というリーズナボーなランチもあるんですが、やはりメインディッシュが欲しい。


DSC04534

こちらが姉の。
野菜たっぷりポトフ(ウィンナー無し)もバイキングに含まれているので、お味噌汁を外すという選択肢もできるのだけど、お値段が変わらないので、そのまま。

画面を眺めながらしばーらく悩みましたが、私の選択は

DSC04535

秋季限定、タルタルと自家製ソースで食べる牡蠣フライ定食848円(税別)

DSC04536

姉は手もみ唐揚げ定食698円(税別)。
どちらも雑穀米に変更したため、60円プラス。

「カロリーなんて 気にしなくていいよ」

と、神の声が聴こえてきたなら「チキン南蛮定食」を食べたかった。
でも聴こえてこなかった(号泣)。

DSC04538

程よいサイズのカキフライが四個。

DSC04539

そこへ、姉から唐揚げの差し入れが一個あったので、急きょミックスフライ定食に変身。

DSC04541


タルタルつけていただきまーす。
カリカリっとした衣に、
とろりんじゅあーと、口の中でとろけるような牡蠣。

そうか、よく考えれば今はSeptemberは「Rがつく月」。
世間様では、カキフライモード突入なのだわ。

カキフライの課題店はいっぱいあった(はず)。
今日からOctoberに突入したので、徐々に「カキフライアンテナ」をピンと立たせねば。


★★★★お店情報★★★★
菜々家 御幸町店
宇都宮市御幸町186-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ