1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category鹿沼市のグルメ

鹿沼の大人気パン屋さん「一本杉農園」さんがおでん屋さんをオープンし、月火だけあるランチは南インドカレー屋さんなんだそうです。
頭の周りを「?」マークがグルグル回ったのですが、百聞は一見に如かずなので行ってみました。
ナビでアバウトな場所を目指し、あとはオーラを放っている建物を探そう(一本杉農園さんの建物だから、オーラ全開だろうと)と考えたのですが

 DSC02184

オーラが放たれている。
きっとここだ。

DSC02186

あたりー。
おでん屋さんとしては「湯気」さんで、月火のランチタイムのみ、漂流しているカレー屋さん「aanajaana88」さんがいらして

DSC02163

カレーランチを食べることができるのだそうな。
バナナリーフプレート1200円のみなので、選択の余地があるものとしては

DSC02164

ドリンク。
いちごラッシーで行こうと思ったのですが、アイスチャイの文字を目にしてしまったら、頼まずにはいられない。
アイスチャイください。

1200+250=1450円のランチ。
予算オーバー分は後日どこかで調整するので無問題。
私は刹那的に生きる。

DSC02165

お座敷とかもあるんだ。
いいなー。そうか、おでん屋さんだからか。

ややあって

DSC02167


ランチ登場。

DSC02169

これはきっと「緑豆のポリヤル」。
ポリヤルってなんだろう。
教えてGoogle先生。

「野菜をスパイスとココナッツファインで炒め煮した南インドのおかずのこと」

なるほど。
辛いのかと覚悟したけど、辛くナーイ。
ほっこりほこほこした食感の緑豆に萌え

DSC02171

きっと手前が「豆三さんの油揚げのサブジ」
奥が完熟カボスのピクルスだろうか。

DSC02179

ニンジンのココナッツ和え。
これも辛くない。
ニンジン甘い。非常に気に入りました。
タッパーに入れて持って帰りたい。

では、カレーに行きましょうか。
基本的に辛いのは得意ではないので、まずは

DSC02168

中辛で様子をみようか。
タマリンドの酸味が効いた豆のカレー「サンバル」から。
豆豆しい…。
それほど辛くないかな。


DSC02174

辛口のトマトパップー。
トマトと豆のカレー。
うん。辛い。
…けど、まぁ大丈夫か。
最初に戻り


DSC02176

マイルドの「レモンカレー」
おおっ。
辛さはあまり感じず。

DSC02180

そして、さすがレモンカレー。
とっても爽やか。
これ、非常に気に入りましたー。

さてさて。
南インドカレーなので、ここからがお楽しみ。
好きなようにそれぞれ混ぜ合わせて食べる。
豆の粉のスナックの「パパド」も細かく折って、ライスに混ぜてしまいます。
辛×辛で楽しんだり、辛×甘でしあわせを感じたり、ああ、楽しい。

salad

最後はサラダで爽やかに〆ました。

食後のドリンクは

DSC02182

アイスチャイ。
これが…

DSC02183

美味しかったー!
上品かつマイルドにじわじわと来る感じ。

満足幸せ。
また来よう。

あと、おでんの夜にも来たい。
黒板メニューのデザートが非常に気になった…。

★★★★お店情報★★★★
鹿沼市西沢町337-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください





いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
6月くらいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。

一説によると、アイスとかき氷の売り上げが逆転するのが30℃だそうですが、私もそろそろ「かき氷食べたい」と思うようになってきました。
いちごパフェ流れ旅の終わりが近づいてきたのもしれません。
と言っているそばから、寒の戻り。

やっぱり、いちごパフェが食べたい。

考えてみると、「いちご市」宣言しているけれど、鹿沼市にいちごパフェって少ない。
と思っていたら、

DSC08398

まちの駅 新・鹿沼宿の中の「仲まち家」さんに

DSC08375

とちおとめパフェ600円が登場したー。

テンション高く行ったものの、一方で自分の中に妙に冷静な自分がいて(天使と悪魔の葛藤みたいな)

「サンデーでもいいかなー。安いし」

と思ったりもしましたが

DSC08378

人生は一度きりだし。
ということで、600円のいちごパフェ。

DSC08383

カメラを引くと、文字通り「コーヒーブレイク用」に買っていたコーヒーも出現しますが

DSC08384

いざ、紅白の世界へダイブ。

DSC08386

「クリームうねうね」は、パフェグラス(から見える光景)の華。

DSC08387

頂点部分には、やはりイチゴがいてほしい。
王冠に輝くルビーのような存在。

DSC08388

パフェの地層最下部は
・いちごソース(地底湖)
・シリアル(岩石)
が二大勢力ですが。こちらはシリアル。
上に登って行きますと

DSC08392

いちごシャーベットに、カットいちご。

DSC08397

そしてまた頂点に戻り、いざいただきまーす。

さすが「いちご市」、いちごが新鮮で瑞々しくて美味しい。
来年は、「とちひめパフェ」が出るといいなーと熱望。

★★★★お店情報★★★★
まちの駅 新・鹿沼宿 仲まち家
鹿沼市仲町1604-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




先日、「いちご市」宣言している鹿沼市のいちごイベント「いちごのもり」に行った時のこと。

 DSC08560

いちごパフェに関しては、無いだろうという意識で行ったのです(なぜなら去年も無かったから)。

DSC08526

そしたら、なんということでしょう。
鹿沼市のお菓子やさん、kiraraさんのブースに

DSC08528

輝くあれは

DSC08530

いちごパフェー!
正式に言えば「とちおとめパフェ」。
しかも、400円とリーズナボ。
kiraraさんのメニューに時々登場しているのサイトで拝見していたけれど、まさかここで出会えるとは。これください。

DSC08532

コーヒーは、国際交流協会のブースから100円でブラジルコーヒーをゲットしてきました。

DSC08555

しろがねの城のような、お美しい姿。

DSC08542

そこに輝く、赤い宝玉のような我らがとちおとめ。

DSC08546


新雪のようなクリームは

DSC08550

ドラえもんにスモールライトを出してもらって、その上で「わーい」と走り回りたくなる。

DSC08559

では、いただきまーす。

生クリームが、新雪のように新鮮でおいしく、そこに「とちおとめ」の酸味と甘みのハーモニーが
「しゅぱー」と赤い光のように輝くのでした。

まんぞくー。

★★★★お店情報★★★★
鹿沼市末広町1916 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ