1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Categoryご案内

その1からの続きです。

3/9,10のららぽーと豊洲いちご王国フェア(の豊洲シーサイドマルシェ)で発売された、いちご16種セット3000円(10セット限定)をなんとか入手した私。
自宅でさっそく、糖度計&夫と一緒に試食会に突入。

2019-03-09 13.26.29

今ごろ気づいたけど、群馬県の「おぜあかりん」は入荷しなかったのか。
あっかりーん…。
しかし、代理出演が奈良県の「古都華」姫なので、無問題。

では、栃木県代表その1スカイベリー、その2とちおとめに続きまして、今度は他県周遊。
 
その3 白いちご(佐賀県)

03しろいちご (3)

唯一、リーフレットを見なくても私が名前を当てられたいちご。
文字通り真っ白。

03しろいちご (5)

夫「糖度9」

さくっとした食感で、さらりとした味ですね。
はじめて体験する味だ。


その4 徳島県佐那川河内村でしか生産されていないという「さくらももいちご」

04さくらももいちご (1)

ネットで「さくらももいちご」オンリーのいちごパフェを見たのですが、通常のいちごパフェが3~4杯食べられそうなお値段でした。

04さくらももいちご (2)

夫「糖度14」

甘い!
今回のいちごの中で、トップの糖度でした。


その5 いちごさん(佐賀県)

05いちごさん (1)

日本農業新聞の「期待の果物ランキング いちご編」で一位。
コムサカフェで一足先にいただきました

05いちごさん (2)

夫「糖度11.6」

酸味と甘みが強いですかね。
確かに、ケーキに入っていると美味しさ増し増しかも。

その6 きらぴ香(静岡県)


06きらぴ香 (2)

静岡にはいちごパフェ流れ旅に既に行ったけど、確か「紅ほっぺ」だったので、お初の品種。

06きらぴ香 (1)


夫「糖度11.4」

食感は固め。
味は、なんというか独特のキャラが立っている気がする。


その7 おおきみ(奈良県)

07おおきみ (1)


奈良だから「大王」由来なのかと思ったんですが、「特に大きな実」であることが語源なんだそうです。日本で数軒の農家しか栽培していないとか。

07おおきみ (2)

夫「糖度10.4」

なんというか、お上品な甘さですね。
「大王」な雰囲気。

その8 古都華(奈良県)

08古都華 (1)

奈良の某道の駅で食べられる「古都華パフェ」は争奪戦だそうです。

08古都華 (2)

夫「糖度12.2…すごいなぁ、いちごの香水みたい。口の中に、うわっと香りが広がる。いちごエキスのカタマリのようだ」

お上品な甘さですね、こちらも。



その9 あまおう(福岡県)

09あまおう (1)

とちおとめの永遠のライバル(なのかな)…。
その語源は「赤い」「丸い」「大きい」「うまい」の頭文字を合わせたもの。
「甘い王様」から来ていると信じていた人が、わたしの他に200人くらいはいると思う…。
「おおきみはこれか」と勘違いする大きさでした。すごい存在感。

09あまおう (2)

夫「糖度12」

甘い!攻めてくる甘さ。

その10 ひのしずく(熊本県)

10ひのしずく (1)

独特の形状。
丸系、円錐形が多い中で、角系。

10ひのしずく (2)

夫「糖度12.2」

しかし、中身は可憐な甘さだった!
純情可憐な乙女さんだったのね。

その11 よつぼし(宮城県)

11よつぼし (1)


三重県、香川県、千葉県、九州沖縄農業研究センターの4つの期間が研究・開発したいちごだそうです。


11よつぼし (2)


夫「糖度13」

おおっ。ぷりぷり食感。クセになる。


その12 もういっこ(宮城県)

12もういっこ (1)


宮城県のオリジナル品種だそうです。
語源はあまりにも美味しくて「もういっこ」と手が伸びてしまうから…なのかは不明。
宮城県にいちごパフェ流れ旅をしたときに見かけたのですが、未食でした。

12もういっこ (2)


夫「糖度11」

さらり、としたお味ですね。
すいすい食べられてしまうかも。
なるほど、もういっこ。

その13 アイベリー(千葉県)

13アイベリー (1)


夫「懐かしい!これ、『高級大粒いちご』の元祖的存在なんだよ」

へー。

13アイベリー (2)

夫「糖度8.2」

甘さは強くないけど、さっぱり系のいちごなので、次々に食べてしまう感じですね。


その14 やよいひめ

14やよいひめ (1)

先日、群馬県いちごパフェ流れ旅で食べてまいりましたが、いちごの風味が落ちてくる3月になっても美味しいことから「やよいひめ」と名付けられたそうな。

14やよいひめ (3)


夫「糖度13」

しっかり食感だし、しっかりした甘さですね。新鮮さが口の中で弾けるようです。


その15 真紅の美鈴(千葉県)

15真紅 (1)

魔法少女のようなお名前。
色の濃さではぶっちぎり。まさに真紅。
東京マラソン見学に行った帰りに、都内のフルーツパーラーでいただきました

15真紅 (2)

夫「糖度12」

前回の記憶では、香りがすんごい濃厚だった気がします。
単体で食べると、味も濃いのがよく分かります。

さて、いよいよラスト。夫、お疲れ様でした。

その16 まりひめ(和歌山県)

16まりひめ (1)

和歌山県のオリジナル品種。
名古屋にいちごパフェ流れ旅した時にいただきました

夫「都内の某百貨店で、箱入り一万円で売られていたのを見かけたことがある」

ひょー。

16まりひめ (2)


夫「糖度10」

固さが個性の一つだそうですが、食感しっかりしてますね。
味も濃厚。


以上、16種類。
さて、「忘れえぬ彼女」はダレでしょう。あくまでもこの中の場合ですが。

夫「古都華。初めての味だった」

わたしは、「あまおう」と「やよいひめ」がツートップだったかなー。
しかしそれでも、いちご5品種食べ比べの時の「とちおとめ」の記憶が薄れてしまうわけではない。

夫「あの『とちおとめ』はすごかったよなー。ところで、お昼はどこで食べたの」

それは次回。


今シーズンは多種多様な「いちご食べ比べセット」が日本各地のイベントに出現したそうですが、わたしが食べられたのは「栃木スペシャル(栃木県産いちご5種)」のみ。
そしたら、3/9,10のららぽーと豊洲いちご王国フェア(とちぎけん いちご王国フェア開催中)の豊洲シーサイドマルシェで、8種セット1000円(100セット限定)、16種セット3000円(10セット限定)が出るんだとか。
10セット…。ハードルが高すぎる…。
しかし、高いほど萌えるのがマニアというもの。

宇都宮線の始発に乗って豊洲まで行ってきます!夫の仕事のために豊洲市場青果部門も見学してきたいし(いかにも後付けな理由)。

しかし、起きたら始発の時間はとうに過ぎてました。
これは危機~と思いつつ「ららぽーと豊洲」の会場の中庭に行ったら

 2019-03-09 10.05.04

長蛇の列。
終わった。
でも一応行列に並ぼう。どこだろう、走っても終わりが見えない。あ、見えた。看板持ってる人がいる。

「CD販売最後尾」

すみません、わたしはいちごマルシェの方なんですが。

「こちらは、いちごマルシェ関係ではないので…。いちごはあちらですよ」

隣接の会場に行ったら

2019-03-09 10.29.36

販売コーナーに若干の列が。
大丈夫かな。間に合うかな。
時間は10時開始…。

ダメな場合でも落胆しないように、次善の策は3つ講じてきたのであった。
その1 徳島県佐那川河内村でしか生産されていないという、「さくらももいちご」を買う

2019-03-09 10.29.56

化粧箱入りで8800円…。
パック売りはないものか。

2019-03-09 10.29.57


あった。オッケー。

次善の策、その2。
今年の「いちごニューフェイス界」の話題の主、佐賀県の「いちごさん」を買う

2019-03-09 11.02.13

値段もオッケー。

次善の策、その3。
いろいろな意味で謎な…

2019-03-09 10.54.15

千葉県の「チーバベリー」を買う。

ああ、間もなく販売開始の10時。
買えるかな、買えるかな、買えるかな…。

~3時間後~

なんだーかんだーとありまして

2019-03-09 13.24.13

飲食ブースの「喫茶ゾウ」さんで

2019-03-09 13.24.11

アイスコーヒーを買ったのでした。
400円。
そう、

2019-03-09 13.25.18

ついに手に入れた、

2019-03-09 13.26.29


16品種いちご食べ比べセットを眺めながら。
道のりは長かったけど、無事に入手できた今、すべては良い想い出…。

2019-03-09 13.29.12

海無し県においては不可能な、「海を眺めながらボー」。
ああ、すっきりさっぱり美味しい。

さて、すぐに帰らねば。いちごは鮮度が命。
(たぶん)笑って送りだしてくれた夫に一応電話するか。
もしもし、今ゲットできたので帰ります。

「おめでとう。糖度計用意して待ってればいいんでしょ」

よくお分かりで。

2019-03-09 16.38.16

そして帰宅。夫、これがそうですよ。

夫「順番分かるの?」

大丈夫。リーフレットの右半分と左半分でパックが分かれてるのです。
それぞれの順番はスタッフさんに教えていただきました。

2019-03-09 16.34.40

右半分は「白いちご」を起点に考えるから特段問題はなくて…

2019-03-09 16.34.55

問題は左半分。
異様に存在感のある大きさが「おおきみ」だっけな…。

夫「おおきみは白いちごのパックに入ってるから違うんじゃない。ほら、分からなくなってる」

大丈夫!リーフレットの隣に正しい順番でパックをスタッフさんに揃えてもらった状態で写真撮ったから。それに合わせれば無問題。
「こんなこともあろうかと」。宇宙戦艦ヤマトの真田さんのポリシーを見習いました。

夫「糖度計持ってきたよ」

糖度を計るのは、特に深い意味は無く、ただ興味があるからです。一応念のため。

夫「どの順番でいくの」

リーフレットの順番で行きましょう(ワケが分からなくなるから)
半分に切るので、半分は食べてくださいまし。

ではまず、一番。
スカイベリー。

01スカイベリー (1)

ここ数年の栃木の話題の主。

01スカイベリー (6)

断面。

夫「糖度11.8」

桃のような食感。今回はさっぱりした味に感じます。時期的なものでありましょうか。

二番目。
とちおとめ。

02とちおとめ (1)

今シーズンは「とちおとめ」の魅力再確認でした。
いちご五種食べ比べセットの時の「とちおとめ」は、今シーズンの「いちごの記憶」を全部持ってくような勢いの味だった…。
このまま終われば、今シーズンの「わたし的いちご女王」は、あのとちおとめに。

02とちおとめ (5)

断面。

夫「糖度11.4」

この甘酸っぱさ。ああ、おとめちゃん…。

後編に続く。
(ところで、なんのCDだったんだろう)。

1月15日は、あちらこちらで「いちごイベント」がありました。
夫は「銀座の資生堂パーラーのいちごパフェフェア行ってきたら~」と言ってくれたのですが、交通費の往復四千円を考えると、限られた予算ので中では「いちご本体」に配分を厚くした方が良いと思い、交通費ゼロの栃木県庁に行きました。
なぜならー

DSC07482

「いちご王国。栃木」マルシェがあったのです。
私の狙いは一つ。
とちひめ
夫はまだ「とちひめ」を食べたことがないのというので、姫様デビュー。
それともう一つ(二つか)。
新品種の白いいちご

銀座には行けなかったけど、この二つにすべてを賭けるー!

DSC07483

しかし、どのブースだろう。
とちぎ観光いちご園連絡協議会だな。たぶん。

DSC07479

姫様あったー!
1700円か…。

DSC07481

こちらが1300円…。
こちらでいいか。贈答用じゃないし。自家消費用だし。

DSC07478

新品種の白いいちごもあったー!
400円。
合計1700円。
贈答用姫様の値段と同額。よし、この組み合わせにしよう。

DSC07480

この「とちおとめ」、でっかいなー。
1粒100円…。
スカイベリーのお値段もなかなか。

いろいろ心惹かれるけど、姫様&白いちごでお会計を…。

DSC07476

むっ!?

これは…

DSC07477

とちおとめ、なつおとめ、スカイベリー、とちひめ、白いちごが入った「栃木スペシャル」700円とな。
夫の分と私の分、二つ買っても1400円。
姫様は、また後日どこかで大量購入できても(ていうか、絶対する)、この栃木スペシャルに出会えるのは、たぶんこの機会を除けばもう無い(気がする)。

DSC07485

というワケで、トマトマンの夫、いちご食べ比べセットを買ってきました。
一緒に食べましょう。

夫「糖度計使う?」

よくお分かりで。

DSC07490

夫「ところで、どれがどれだか分かるの?」

上の段の真ん中が白いいちご。

夫「そりゃそうだろう」

右下の真っ赤なのが、姫様。

夫「その左隣がスカイベリーでしょ」

なんで分かるの。

夫「しゅっとした形状だし」

えーと、メモして来たんだ。
上の段左から、とちおとめ、白いちご、なつおとめ。
下の段左からスカイベリー、とちひめ。

otome

じゃあ、まずは王道の「とちおとめ」から行きましょうか。

夫「糖度計で計るには、果頂部を切り取って、そこを…」

へ~(もぐもぐ)。

夫「なんで先に食べ終わってるんだよ!? 二パック計って平均値出した方がいいのに」

なるほどー。
というわけで、あくまでも夫のパックだけの数値です。

夫「糖度14」

このとちおとめ、メチャ美味しいんですけど。贈答用かな。

夫「濃厚だね。口に残る感じ」


siro

白いちご(名前はまだない。そうな)。

夫「糖度13」

さっぱり系ですね。

夫「白いから、赤との組み合わせで映えるんだろうね。これ、果汁少ない」

スイーツ向けなんですかね。
最近、紅白イチゴのパフェとか見かけますし。

natsu

なつおとめ。

夫「糖度14」

かぽっとした食感。


skay

スカイベリー。

夫「糖度16」

高いねー!
でも、さっぱりして、スッと消えて行く感じ。



hime

とちひめ。
姫様ですよ、姫様。これがウワサの姫様。

夫「糖度12」

そんな低いの!?

夫「だから、俺のパックの場合」

口に含んだ瞬間、あふれ出るいちご果汁。
まるで「いちご蛇口」のようなこのジュースィー加減。
これぞ姫様。

夫「確かに果汁多いね。切った中で、いちばん水分多かった」

さて、夫。
どれがいちばん心に残りましたか。

夫「この中だったら、とちおとめ。インパクト強すぎた」

実は私もそうでした…。
こんな濃厚な乙女ちゃん、初めて食べました。
食べる順番を、白→なつおとめ→スカイベリー→姫様→とちおとめにすればよかったのかな。

夫「それは、食べた後だからそう思うんだよ」

2月頭になったら、あちこちの「とちひめ」買ってくるので、姫様食べ比べパーリ―をしましょう。

夫「どんだけ好きなんだよ」











↑このページのトップへ