1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category大田原市のグルメ

今月号(2019年11月号)のタウン誌ツインは


DSC04997

コーヒー特集でした。

「ソトアサできるお店が載ってないだろうか」

と、営業開始時間に重きを置いてパラパラめくったら、土日は朝9時からのお店が載ってました。
もしかしたら、モーニングメニューあるかなーと

DSC04931

朝9時に来てみました。
それがリトルバーンコーヒーさん。

住所をナビに入れたらアバウトな場所で返ってきたので

「とりあえず行ってみて、グルグル周ってオシャレそうな建物を探そう」

とグルグルしてたら、発見した次第です。
しかし、ジモティー以外の方が偶然通りかかるのはなかなか難しそうなロケーション。

DSC04932

田園地帯!
しかしまずは注文。


2019-10-26 09.14.41

モーニングメニューは特段無いようでした。
ツインに載ってた、クロワッサンありますでしょうか。

「現在発酵中です」

選択肢は三つ
1.焼きあがりを待つ
2.ケーキ&ドリンクセットを頼む
3.なんかモーニングっぽいものを探す

2019-10-26 09.14.58

グラノーラボウルかフレンチトーストがモーニングに近いかな。
どっちかと言われたら、私はフレンチトーストを選ぶ。
あとは、コーヒーかな。

「コーヒーはどの種類がよろしいですか」

酸味が少ないのを見繕ってくださいまし。
お値段は1210円。
ちと予算オーバーしたので、後日調整しよう。

DSC04933

久々にお天気がいいので、テラス席にしよっかなー。

DSC04934

フレンチトースト登場。
すばらしい、お皿のカラフルさと中身のカラフルさが、不思議にシンクロしている。

DSC04935

食事寄りというよりは、スイーツ寄り系のフレンチトースト。

DSC04936

このあたりが、たまりませんね。

DSC04938

幸福の「溶けにじみ」

DSC04940

いただきまーす。
カリカリのじゅあー。
かなり甘い系だとは思いますが、フルーツの酸味と

DSC04942

苦みが強いコーヒーのアシストで、すいすい行けました。
奥深い感じのコーヒー。

次回訪問時は、ランチにチャレンジしたいです。
おいしそうでした。

★★★★お店情報★★★★
リトルバーンコーヒー
栃木県大田原市市野沢2110
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


 

かき氷を食べた帰り、久々に大田原市役所に行ったら

 DSC03576

近未来になってました。

♪あ~~~あ~~~~~果ってしっない~♪(←大都会)

そうか、建てなおしたんだっけ。
私が来た目的は、行政手続きではなく、1階に入ったhikari no cafe’ヒカリノカフェ大田原市庁舎店さんです。

DSC03563

テイクアウトメインだそうですが

DSC03564

サンドイッチ…食べたい…。
でも、お昼はまた別に行くし…ドリンクオンリーにしようか。
私は飲んでみたいものがありました。
この…

DSC03562

トロピカルポッパー!
マンゴーピューレをカプセルの中に閉じ込めた、「食べる果汁」だそうです。

最初それを知った時、思い出したのは「人造イクラ」。
ハイテクノロジー。

3種類ありましたが、私が選んだのは

DSC03570

パッションフルーツソーダ。

DSC03568

この泡泡感…。

DSC03571

まるで、カプセルが呼吸をしているような…。
往年のSFアニメでよくあった、秘密の小部屋に行ったら透明カプセルがあって、そこに人工生命体があったシーンを思い出す…。

DSC03569

妄想はおいといて、飲もう。

しゅわしゅわ~

そして、カプセルは…

DSC03573

なかなか吸い上げられなかった(氷に阻まれ)。

DSC03575

ああ、姿が見えるのに…。

結局、氷だけバリバリ食べ(溶けるのを待つのが面倒)、ゆっくりと一粒ずつカプセルを拾い上げて食べたのでした。

ぷっちりしたカプセルを破くと、中の果汁がじゅあー。

建物といい食べ物といい、近未来感あふれるひとときでした。

そしてここで運を使い果たし、帰りに行くお店行くお店すべて定休日(or臨時休業)。
結局、家でカップラーメン食べたのでした。

ああ、やっぱりサンドイッチも食べれば良かった。

★★★★お店情報★★★★
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



健康第一。
熱波は「かき氷」で迎え撃つ。

 DSC03559

という名目で、大田原市にできた雪ノ下 那須大田原さんに行ってきました。
佐野アウトレットにあった時代に行けなかったので、やっと雪ノ下さん初訪問。
10時半のオープン時に行けば大丈夫かなーと思って行ったのですが、既に行列が形成されていました。おそるべし。
しかしなんとか、第一巡に入れました。

DSC03546

周囲のオーダー率はパンケーキが多かったですが、

DSC03548

私はかき氷。
さすがに両方頼めない(予算的に)。

DSC03545

うーん。

白桃氷で。単品でいきます。

DSC03550

東京の堀口珈琲さんの豆のコーヒーも惹かれる…。
けど、それはまた秋冬に(パンケーキ注文するとき)。

レジで注文してから着席して待つスタイル。
身体の事前準備はバッチリ。なぜなら朝イチで草むしりに励んできたから。
一時間でギブアップしたとは言え、炎天下アウトドア労働は、かき氷をより美味しく食べる調味料…。

DSC03552

きたー。

DSC03553

桃シロップがかかっているというよりは、桃果汁がかき氷になったと推測。

DSC03555

それでは

DSC03556

いただきますっ。
食感的には、シャーベットに近いでしょうか(個人の感想です)。
激しい甘さではなく、ナチュラル~な甘さかつ風味なので、スイスイ食べられます。
個人的な好みとしては、ミルク系のトッピングがあると、さらに嬉しい。

ご馳走様でした。
後日登場予定の抹茶氷を食べに、再訪したいと思います。

そのような「目の前のニンジン」がなければ草むしりができない、基本グータラの私です。

★★★★お店情報★★★★
雪ノ下 那須大田原
栃木県大田原市住吉町2-6-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください











↑このページのトップへ