1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category宇都宮の餃子&ラーメン


今日から6月ですよ。
1年の半分が終わっちゃうんですよ。怖いですね。

すっかり暑く…

なるかと思いきや、意外に涼しい時間もあるので、暑くなる前にと思い

2018-05-09 13.13.27

夜行って謎だったお店、麻辣香さんの昼の謎を解きに行きました。
前回行ったのは数週間前くらいの意識でいたんだけど、ほぼ2か月前と知り、衝撃を受けてしまった。
そうか…前回は桜満開だったもんな…。

お店の方とお客さんの中国語が乱舞する中で

2018-05-09 12.49.51

メニューを読む私。
1000円グルメ道から行くと、1080円の謎定食かなーと思うんだけど
ラーメンも気になっていた。
ご飯よりは餃子がつく方がいいなー。
ラーメン+餃子で880円ください。

「はいー」

と、お店のお姉さんが走っていったのは、夜の「謎鍋」をお客さんがセルフで材料を選ぶ

DSC02927

謎冷蔵庫。
ここから具材を選んで行くお姉さん。
ややあって

「どうぞー」

DSC02920

まあっ。前回自分で具材を選んだ謎鍋と似ている感じ。

DSC02929

このあたりが具材エリア。
謎はんぺん、謎油揚げ、謎小松菜…。

DSC02923

この謎はんぺんの中に詰まっている具、名前が出てこないのが悩ましい。
海老みそみたいな味なんだけど。

DSC02924

ラーメンに油揚げや干豆腐が入っているのは新鮮だ。

DSC02931

麺は普通に乾麺かな。
いただきまーす。

うん、前回の謎鍋のスープ(今回のが辛い)だ。

DSC02932

この謎はんぺん、実は好きなんだけど1個以上食べたら、きっと飽きる気がする。

本場中国は餃子は水餃子が一般的だというので、てっきり水餃子かと思ったら

DSC02930


焼きでした。
こちらは謎ではなく、おなじみの味でした。

と、餃子をはむはむと食べながら

「次回は謎定食にしよう」

と心に誓ったのでした。
また2か月後だと8月か。
「あぢー」と騒いでいる時期だなぁ。

★★★★お店情報★★★★
麻辣香
栃木県宇都宮市駅前通り3-1-16 1F
営業時間 11:00~14:30(昼) 夜は不明
定休日 火曜日
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目この記事

4/28放送の孤独のグルメ「群馬県甘楽郡下仁田町のタンメンと豚すき焼き」は、私には神回でした。
ローカル線に山、町にたくさん残っているという大正時代の建物、味のある商店街、すき焼き、タンメン、そして餃子…。
私の好きなものが、ロイヤルストレートフラッシュだった。
ちょっと下仁田行ってくる!
…と思ったけど、激混みだろうしなぁ。
しばらく行けないかも。

ああっ。でもあのモチモチ餃子が食べたい、目の前で包んでくれるやつ。
私の記憶ライブラリーでたどると、塩谷町の玉龍さんが近いような気がしないでもない。

とりあえずは、今、目の前の餃子を食べたい。
と、餃子に憑依された私は

DSC02352

宇都宮市文化会館の真ん前にできたという、餃子専門店

DSC02353

餃子ノあんさんに行ってみました。
カウンターが多い店内は、一人でも行きやすくていいですね。
DSC02330

メニューは、ドリンクを除けばほぼ餃子。
オヤツ的に来たので、肉餃子一皿でいいかな。
あと、クーポン使うと水餃子3個サービスだそうなので、それください。
しかし、クーポン使うのに餃子一皿だけではアレかなーと

DSC02328

200円でウーロン茶も頼もう。

今の内に調味料配合しておこうかな。
と言っても私は酢オンリーなのですが

DSC02329

なんかいろいろある。
自家製ラー油、醤油、酢、ペペロンオイル。
水餃子だとあっさり系だし、ちょいと

DSC02331

ラー油も使ってみるかな。

「水餃子です~」

DSC02332

見た感じ、薄皮?

私の過去の経験だと、薄皮系の水餃子だと、破れていたり、ヘロヘロになっていたりすることもあったのですが

DSC02338

あら、ビックリ。ねっとりと餡をホールドして、破れていない。
そしてヘロヘロでない。
水餃子は野菜餃子だそうですが、キャベツが荒く刻んであるので、シャキシャキ感が心地よいです。
こういう水餃子って初めて。

「焼き餃子ですー」

焼き餃子におきまして、お皿が到着した段階で皮がホツレていたり、破れたりしていると、涙がちょちょぎれそうになるのですが

DSC02339

まったくそんなことないわー。

DSC02341

見事なラインダンス・ポジション。

DSC02343

皮は水餃子と同じ皮なのかな。
やっぱり見た感じ薄皮。

DSC02346

私の好みの餃子は、焼き面はカリカリとして(notべったり)

DSC02348

裏面は艶めかしい歯触りであること。

DSC02350

で、こちらも皮が非常にしっかり。
口の中でピロピロと漂っている。
そう、例えるなら、五月空にたなびく、鯉のぼり…。

あと、何か非常に香ばしい。油かな。

いずれにせよ、「餃子憑依状態」が少し緩和された私でした。


さて、下仁田にはいつ行こう。
「下仁田憑依状態」は、実際に下仁田に行かない限り、解除されないのであった。

★★★★お店情報★★★★
餃子ノあん
宇都宮市菊水町11-20
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

孤独のグルメの第七シーズンが始まりました。
毎週金曜夜24時12分から。
翌朝、5時起きで出かける用事がありましたが、頑張って観ました。
そしたら、ニコニコ動画で無料配信されたとゆー(ただし期間限定)。
いいんだ。ニコニコ動画の方は、おさらいでゆっくり観るんだ…。

今回の第一話の上尾のとんかつ屋さんといい、ゴローちゃんのお店探知能力はスゴイ。
ゴローちゃんリスペクト。
そんな私は宇都宮駅東の居酒屋

20

ゴローさんに行ってみました。正式なお名前は「五郎」なのであろうか。
このお店の前、千回以上は通りかかったことあるんだけど、まだ入ったことなかった。
「手作り餃子」の文字が気になっていたので、「ググらず くぐる」。
まずは入ってみよう。

御主人「ご飯?飲み?」

現在の心境としては、気持ち程度飲んでから、ご飯かなーと。

48

餃子単品と生中という路線かなー。

「定食もあるよ」

定食!?

45

悩むけど、800円餃子定食にしようかなー。焼餃子と水餃子両方つく。
ご飯少な目でお願いします(夜だし)。

で、夜の居酒屋で定食のみというのも、申し訳ないな的気分があるので200円でウーロン茶つけて、ジャスト千円、ちょうどいい金額にしよ。

「麦茶でいいならタダだよ」

07

なんて良心的なお店なのであろう。

DSC01888

そして定食登場。
ああ、忘れていた。漢(おとこ)系のお店では、ご飯は「少な目」ではなく「クォーター盛り」でお願いしなければならなかったんだ。
まぁいいや、食べてしまえ。

さて、焼・水の両方が来た場合の食べる順番ですが、

DSC01889

柔らかくなってしまってはもったいないので、水優先で。

DSC01892

可愛い形状。
で、この皮が「むっちん ぷるるん」とした弾力ある艶めかしい食感。
わー、私史上最強クラスの水餃子の皮だ。
キャベツの甘みが染みこんだスープも癒し系。

焼に移る前に、

DSC01890

サラダ食べよ。
居酒屋といえば、マカロニサラダかポテサラ。
これはもしや、ポテトマカロニサラダ。
一粒で二度おいしい。

DSC01895

さて、「焼」いきまーす。
水餃子とは形状が違うのですね。

DSC01896

中ぶりで、焼き目は麗しいキツネ色。
そして皮は薄めかな。

DSC01902

薄めですが、結構ガッシリした食感で、餡をきっちりとホールド。

味付けが事前に強めにしてあるので、タレいらんですね。
私はもともと酢しかつけないけど。

なんだかんだと完食。

ご馳走様でした。
もしや、昼営業もあるのでしょうか、この定食メニューを見るに。

「そだよー」

次回は「もつ煮込み&アジフライ」または「鯖ミソ&コロッケ」の二者択一で行ってみよっかなー。

★★★★お店情報★★★★
五郎
栃木県宇都宮市東宿郷4-1-28
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ