1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category小山市のグルメ


数年前に、小山市にスウェーデンカフェができたと聞いたものの、聞いた直後くらいに休業に入られて、復活の日はいつかしら~と思っていたら、今年のGWだったらしいです。
行ってこよー。

DSC03038

かわえー。

DSC03036

スウェーデン語は読めないな…ハコニワ…日本語か。

2018-05-13 11.00.31

Cafe MANEモーネさん。
土日のみランチタイムがあるそうな。

DSC03011

お、これはバリバリのスウェーデン語ですね。読めない。
スウェーデンは青春時代に一度だけ行きました。「ニルスの不思議な旅」の原作者の故郷のカールスタード。栃木で言えば奥日光のような場所を鉄路で行ったので、鉄子としては萌えました。
夕ご飯と朝ご飯に出たニシンの酢漬けがメチャウマで、そればっかり食べていた記憶が。
スウェーデンの料理というとそれしか思い出せないのですが

DSC03012

分かるような分からないような料理。
どれも1000円。スウェーデン的1000円グルメ。
せっかくなので、いちばん分からない「空飛ぶヤコブさん」ください。
航空会社に勤務のヤコブさんが、奥さんの不在時に、冷蔵庫の食材でこども達にシチューを作ってあげたのが始まりだそうな。なるほど、分からない。

DSC03013

アラカルトも分からない。
ピッティパンナだけは知ってるか。おじいちゃんの栄養ってスゴイなぁ。ネーミング的に。

DSC03014

ドリンクは、紅茶のネーミングは謎ですが、コーヒーは普通でした。
せっかくだし、ランチドリンク150円でつけよ。
コーヒーください。

DSC03016

まずはサラダとスープ。

DSC03017

コーン(たぶん)スープでした。つぶつぶ感が心地よい。非常に優しい味。胃腸が弱った時に飲んだら涙がちょちょぎれそう。

DSC03020

ドレッシングは

DSC03021

サラダにかけていただきます。

柑橘系

が、よく分かるドレッシング。
酸味が心地よいー。

「空飛ぶヤコブさんですー」

ここで「孤独のグルメ」のゴローちゃん的名セリフ。

DSC03024

「味の予想が全然つかない」

DSC03026

観た感じとしては、トマトクリーム的な。
ヤコブさん家の冷蔵庫には、このようなものがあるのか。
私の家の冷蔵庫の材料で何か作ったら、サバ缶系の料理しかできない。

DSC03031

いただきまーす。

わからない。

脳内ライブラリーに無い味。
薄めのトマトクリーム的だけど、ちょっと余韻がピリ辛。
?????
材料をググりましたら、バナナとかチリソースとか。
そして、なぜにカシューナッツが入っているのだろう。
カリカリと気持ち良いんだけども。

DSC03034

それではコーヒーで

DSC03035

ボー。
コーヒーは濃い目で、ずっしり存在感があります。


今度友人たち引き連れてきて、イッキに全メニュー制覇しよう。

★★★★お店情報★★★★
Cafe MANEモーネ(facebook)
小山市横倉471-34
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
※ランチは土日のみ





PLUM kitchen & cafeさんでイチゴパフェを予約したのが11時30分だったので、途中で遅朝ごはんか早お昼をしていこうかなと思いました。
いわゆるブランチ的な。

そういえば、おやまゆうえんハーヴェストウォーク内Cafe FUJINUMAさんが2号店出されたそうな。
なんで本店の方行ったことがないんだろう。
小山駅前だから、駐車場的な理由かな。(あとは行ったら定休日だった)

おやまゆうえんハーヴェストウォークには、実はまだ行ったことがありません。
その前身の「おやまゆうえんち」にも行ったことなかった。
CMソングは歌えるんだけどな。
♪おやーまゆーうえんちー♪
地元企業で歌えるCMソングは、あとは
♪ホテルニュー塩原ー♪くらいかな。

DSC00391

しかし来たのはいいものの、広大すぎて場所が分からない。
ツタヤの中だっけ。とりあえずツタヤを探して歩き回ろう。

見つかった(息切れ)。
10時からとのことなので、ソトアサ的に利用できるかな。
特にモーニングメニューとしては無いようですが、

11

ランチセットはある。でも11時から。

「単品のオーダーなら可能ですよ」

ドリンクがつくランチタイム価格を見てしまうと、ランチタイムに登場しないフードメニューを食べてみようかなと思ったりする。

すると、フレンチトースト。

 アップルシナモンのフレンチトースト
  キャラメリゼバナナのフレンチトースト
  メープルバニラのフレンチトースト
(それぞれハーフサイズあり)

素フレンチトーストはありませんでしょうか。
(この後パフェが控えているので、できれば甘くないのを食べたかった)

「スイーツ仕立てのみなんです」

そうですか、じゃあいちばん甘くなさそうな アップルシナモンのフレンチトーストで、ハーフサイズ(680円)を。

18

あとは毎度、酸味少なさそうな珈琲をいただきたいなーと。

「ブラジルの深煎りオススメです」

では、それで。
380円。
合計で消費税加えて1144円。

DSC00393

こちら。

DSC00396


ハーフサイズと思えぬ迫力。
これがフルサイズだったら、どのようなビジュアルなのであろー。

DSC00398

でも、おいしそう。

DSC00400

嬉しい厚切り。
やはり「トースト」と名の付くものは、すべてにおいて厚切りが麗しい。

DSC00404

中まで黄金色。
わんだほー。

ぷよぷよ&カリカリ。
至福のひととき。

DSC00405

禁断のアイスと共に。
ちべたいアイスが、あちあちのトーストの上で溶けていく。
幸せの物理法則。

DSC00394

私の好きな、すっきり飲みやすい&コクのあるコーヒーで

DSC00409

ありし日の遊園地を偲びながらボー。

私が幼少のみぎり行った遊園地って、「とちのきファミリーランド」だけだなぁ。

★★★★お店情報★★★★
Cafe FUJINUMA おやまゆうえんハーヴェストウォーク店
小山市喜沢1475
おやまゆうえんハーヴェストウォーク TSUTAYA BOOKSTORE内
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

なんで「いちごパフェ流れ旅」を始めたかといいますと、2013年に徳島県で出会ったいちごパフェがあまりにも美味しかったのです。
そうだ、「その『いちご』が使われている産地に行って、その『いちご』を使ったご当地パフェを食べることで47都道府県踏破しよう」と始めて5年。
21県、103個なので、まだ道半ば…。
全県踏破まであと10年くらいかかるかもですが、それでもコンプリート目指して今シーズンもがんばります。

栃木県内においては、いちごパフェの種類とか中身が変わった場合に再訪していますが、基本的に一店一パフェで訪問しています。

今シーズン一軒目は、いちご農家さんが経営しているカフェ

41

Chez Fraiseシェフレさんです。
いちごシーズンになったら、絶対出るに違いない、出るはず、出るといいな…。
と、日々思っていたのですが

06

出たー!
でも、なぜに2種類あるのでしょう。
700円と900円(くらい)…。

「頂点にいちごジェラードを載せるか載せないかの違いです」

そうですか!それでは…

無しで(すんません)。

DSC09323

今シーズン第一号のフレッシュな麗しさ。

DSC09325

THE いちごアイランド の鳥瞰図。

DSC09327

可憐な地層。えーと、クリーム、焼き菓子、ピスタチオソース、いちごソースかな。

DSC09328

どれから食べようかなーと悩む瞬間の幸せ感。

DSC09334

やっぱりイチゴかな。いただきまーす。

イチゴが…

生きているー!

脳内BGMは「手のひらを太陽に」

DSC09335

朝摘みだそうですが、冷蔵庫で冷えたような「ちべたい感」が無くて、非常にとっても瑞々しい。
いちご王国の幸せ。

DSC09336

クリームも非常に上質感を感じるおいしさ。

DSC09338

地層では見えませんでしたが、チョコムースが入っていて、イチゴとナイスコンビネーションでした。

シーズン一回目がこのパフェであることに感謝感激。

ということで、毎週日曜日は「2018いちごパフェ流れ旅」です。
たぶん6月くらいまで。
なかなか県外に行けていないですが、今年は「日本海側流れ旅」をする予定です。
毎度、予定は未定です。

★★★★お店情報★★★★

Chez Fraiseシェフレ
小山市喜沢647-23

営業時間 11:00~18:00
定休日 火曜日

※お店情報は訪問当時のものです

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目

三回目 この記事

↑このページのトップへ