1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category小山市のグルメ

私はカツ丼が最愛の食べ物。あの世に旅立ったら、棺にカツ丼入れて欲しいと思っています。

夫「俺は断然カツ煮派。カツ丼はご飯に汁がつく」

それがいいんではないですか。

しかし、意外に「カツ煮」のあるお店は多くない。
今回は、そんな「カツ煮」のある

 2019-12-22 11.38.44

小山市の「ひかるん家」さんに行ってみました。

2019-12-22 11.38.49

夫「ミックスフライ食べるんだろ、どうせ」

ノンノン。

夫「レディースランチ?」

ところがどっこい。

2019-12-22 11.40.09

あれ、ランチメニューに無い。
夫は「カツ煮込み定食」に決まってるからいいとして。

2019-12-22 11.43.21

夜メニューにも無い。
すみません、アジフライとかカキフライが食べたいんですが。

お店の方「黒板メニューにございます」

2019-12-22 11.44.22

あじフライ or カキフライは究極の選択に近い。
しかし、夫がいるのでシェアという技が使える。
なもんで、アジフライを定食で頼み、カキフライ三個を単品で。
「孤独のグルメ」のゴローちゃんのようだ。

DSC06066

まずは前菜三種盛り。
タケノコの煮物、きんぴらごぼう、もずく酢。
余談ながら夫宅には竹が生えているので、今年の春はタケノコと格闘しました。
来年の春も格闘するのでしょう。

DSC06078

アジフライ定食登場…。
???

DSC06068

アジフライ?

DSC06072

パン粉が荒ぶっていて、内部がうかがい知れない。
まずはソースをつけて一口…。
パン粉が荒ぶっているので、パン粉の先っぽにしかソースがたどりつかない。

DSC06084

いただきます…。
口コミなどで「パン粉サクサク」とよく目にしてしましたが、サクサクを超越して「ザックリ」。
噛みしめるごとに「ザックリザックリザックリザックリ」と聞こえてくるよう。
この衣だけで独立した食べ物になりそうな。
さっきまで水槽で泳いでいた鯵さんは、ふあふあでした。
その命、確かに受け取りました。無駄にはしますまい。

DSC06074

こちらがカキフライ。
同じパン粉が荒ぶっている。

DSC06089

「大粒」の名に相応しく、ジュースィーなカキが包まれていました。

DSC06081

こちらが夫の「カツ煮」…。でっかいですね。

DSC06083

カキフライ一個と、カツ煮二切れを等価交換しました。
質量保存の法則…。

DSC06086

私はオンザライスで行きます。
つゆだく、ウェルカム。

荒ぶるパン粉はツユを吸い込み、さらに存在感を増しています。
トンカツの厚みもあり、私の胃の中で肉とパン粉が青年の主張大会を開いているよう。

定食の方はコーヒー類はつかないのですが、

DSC06090

夫のランチセットには、コーヒーとミニデザートがつきました。

DSC06091

お芋さんケーキでありましょうか。

夫「カツ煮のカツの大きさが、ちょっと想定外だった」

一面に広がっていましたですね。

ちなみに、玉ねぎベースと思われるドレッシングが、めちゃ好みでありました。
次回は「具材盛りだくさん シェアサラダ」を定食にしたいたいです。

★★★★お店情報★★★★
小山市城東7-12-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

小山市在住(?)の「ぴのこのこ」様から情報を二ついただきました。
ありがとうございます。

「『山岸凉子 原画集 奏」刊行というニュースをみつけたので、お耳にいれさせていただかねばっ…と思いでてまいりました。完全受注生産でお高いですが、必ず直筆サインがつくというのはファンの方には嬉しいかもしれないと思いまして」

お高い?

三万円!

一か月外食を控えれば買えるのかー。
…。
涙を飲んで次の情報へ(ありがとうございます)。

「小山市のベッカライタガミさんですが、『ハイジの白パン』というプレーンなパンがとても美味しいです。やわらかくて余計なものがはいっていない感じで、『おばあさん』から小さな子にまでお土産にしたくなります。サンドイッチもはじまりました。定休日は最近日、月に変更になっています」

サンドイッチー!

DSC05745

というワケで来ました(早い)。
タガミさんは、店内に入った瞬間から

DSC05744

パンの圧がー。

DSC05739

あんバター!
そういえば、あんバター遍路は続けている。
一個買おう。

DSC05741

このあたりから、夫の晩酌用に一つ。
(独断ではなく、この場でわたしの背後にいたのです)

そういえば、サンドはどこだ。サンド。
サンドは…。

DSC05737

いたー!
普通のサンドを連想していたけど、違うんだ。
これは・・・

カイザーゼンメル―!

我が最愛のドイツパン。でも栃木では滅多に出会えないレアキャラ。
パン界のはぐれメタル的存在(栃木限定)。
ついにキター。
しかも、サンドは何種類かありまして

DSC05736

ウイスキーに漬けこんだハム(ウイスキーシンケン)を使ったサンドもあった。
こちらください。

DSC05746

こんな感じで。

DSC05748

カイザーゼンメル。
ああ、お会いするのをどれほど待ち望んでいたことか。

DSC05751

中は、ウイスキーシンケンとチーズというシンプルな構成。
ドイツのホテルの朝ごはんのようだ。

いただきます。
・・・
カイザーゼンメルは、ぱふぱふ食感というイメージだったんだけど、「ぱふぱふ」と「しっとり」の中間地点。
ぱふぱふしすぎず、かと言ってしっとりしすぎず、ゼツミョーなバランス。
夕飯に一口だけ食べて、翌朝の朝食にまわそうと思ってたんだけど、止まらない。
いわゆる「これは やばい」。

意識をあんバターにもっていくことで、箸を止めるんだ!箸使ってないけど。
あんバターは、もった瞬間

DSC05753

ずっしり

なぜに。このようなラブリーサイズなのに、どこにそんな体重が。

DSC05756


いただきます・・・。
しっとりパンに、甘味強めのあんこ。そしてバターの塩っ気。

これはヤバいPART2

耐えろ、今は一口で抑えて、明日の朝食にまわすんだ。

この二つを朝食で食べるため、翌朝は気合いを入れて早起きした私でした(いつもは夫に叩き起こされてる)。

★★★★お店情報★★★★
小山市天神町1-4-15 一徳ハイツpart3 1号室
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
※お店情報は訪問当時のものです
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  
三回目 この記事

 


小山市の50号沿いにある


DSC04793

Bee Houseビーハウスさんは、社会福祉法人の洗心会さん経営のカフェで、10時開店なのです。
特にモーニングメニューは無いんですが、なんせ朝10時なので、ソトアサ的に一度訪問したことがあるんですが、

DSC04772

限定10食なれど、正式に(?)モーニングメニューが登場ー!
「お客様アンケート」で「モーニングメニュー欲しい」が一番多かったんだそうです。
私が100回通って書いたワケではないので、世の中には同好の士が多かったのだわ。

モーニングの時間は11時半までなので、ランチ的にも使えるということで夫も同行。
ドリンクがセットになり、コーヒー(アイスorホット)、紅茶(同)、あとはオレンジジュースだったでありましょうか、その中から選べるのですが

DSC04777

二人ともアイスコーヒー。

DSC04778

こちらのカフェを運営する社会福祉法人の洗心会さんは養蜂もやってらっしゃるので、ハチミツかけ放題。
下からハチミツが出るんですと、この容器。

DSC04781

そして、プレート登場。
こちらとドリンクセットで700円(税別)。リーズナボー!

DSC04783

パンケーキは分厚いし。

DSC04785

目玉焼きやソーセージがあれば、たんぱく質もカバー。
ソーセージが長くて、香草風味に溢れていて、肉女的にも満足。

DSC04782

赤いのはイチゴジャムかと一瞬思ったのですが、ケチャップでした。
私は「目玉焼きにはケチャップだ派」なので、うれしー。
ちなみに夫は醤油派です。

DSC04780

さて、どのように食べようかといいますとやはり、

DSC04787

ハチミツを思いきり。
夫はかなり思い切ってかけてましたが、私はお手製ハチミツレモンにハマり過ぎて、一か月で7キロ太ったという恐ろしい体験を20代のころにしているので

DSC04789

気持ち程度で。

「パン」ケーキの名のごとく、結構しっかりした食感のパンケーキでした。

フライドポテトもありますし、オカズ群も充実しているので、夕飯までお腹空かずに過ごせました。
満足。

次なる野望は、メニューに見つけた

DSC04773

こちら、平日14:30~17:00限定のアフタヌーンパンケーキドリンクセット。

つくづく、限定に弱い私。


★★★★お店情報★★★★
Bee Houseビーハウス
小山市犬塚7-20-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください 
★★★★訪問記録★★★★
二回目  この記事

↑このページのトップへ