1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category小山市のグルメ

社会福祉法人のパステルさん、県内に何か所かカフェとかレストランとか運営されてますが

 DSC00849

小山市のコム・レストラン ぱすてるさんに行ってみました。
ワンコインランチがあるそうな。

・手打ちそばセット
・手打ちうどんセット
・パンセット 好きなパン2つ・スープ・飲み物・デザートのセット

三種類かー。
どれにしようかな。
好みで言うならうどん。
しかし、食べたいもので言うならパン(なぜなら、夫が米も作っているので、家での炭水化物は米が多い)。

パンにしよっと。

「棚の上から、お好きなパン二つお選びください」

パンの販売もされているのですねー。
では、これとこれ(と、渡す)。
ちょっとしてから

DSC00836

ランチになって帰ってきました。

DSC00840

温かいスープがあるのは嬉しい。
おネギは、自家栽培かな。


DSC00837


さて、私が選んだパンは

DSC00845


第一のコース、とりごぼうサラダ。

DSC00846

第二のコース、ハイジのチーズパン。

しょっぱ系と、甘系一個ずつ選びました。
先に鶏ごぼうから。
ノスタルジックなお味。
マヨのジャンキーさがホットする。

ハイジのチーズパンも柔らかく、ほわほわでした。
考えてみれば、私の「チーズびよん」への憧れの原点は、ハイジかもしれない…。


DSC00839

これは何だろうと一瞬考えましたが、そうか、デザートか。
コーヒーゼリーとみた(なぜならコーヒーミルクが二つついていたから)。

DSC00848

かけよっと。
コーヒーゼリ―食べるのすんごい久しぶり。
小さいころ、母が三連パックのコーヒーゼリーをよく買ってきたけど、あの懐かしい記憶がよみがえった。

DSC00838

アイスコーヒーにはミルクは不要。

DSC00842

ボーっとできる空間があれば良いのです。

次回はうどんで行きましょう。

★★★★お店情報★★★★
小山市出井290
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


ジェラートよりもソフトクリームを深く愛する私です。
ソフトクリームの楽しみの一つは、トッピング。
忘れないトッピングは、2011年に岡山で食べた

 bb6157a4

カキフライ。
ソフトとカキフライが出あうことによる化学変化というより、ソフト&カキフライの味がしましたが、それはそれで良い想い出。

DSC01083

Cafe FUJINUMA おやまゆうえんハーヴェストウォーク店さんに先日行きましたのは

DSC01085

あんバター遍路の流れで「小倉あんバターフレンチトースト」食べようかなと思っていたのですが、ドリンク頼むとソフト半額の方に視線が引きずられてしまった。

DSC01084

いちばんリーズナボーな「本日のコーヒー」380円+210円=590円。
ソフト単品420円。
170円をどう考えるか。

よし、コーヒーと一緒に食べよう。
せっかくだしトッピング…

DSC01086

なんか凄いことになっている。
チョコレート&ピンクソルトも想像がつかないけど、オリーブオイル&ペッパーとかどうなんだろう。
乳脂肪分に油分をかけるって、どうなるのだろう。



DSC01088

試してみよう。

DSC01092

何も知らずに「はい」と出されたら、ソフトにキウイソースがかかってると思いますが

DSC01096

その実、コショウと

DSC01097

オリーブオイル。

DSC01100

背中側から見ると

「おい!鬼太郎!」

とか言葉を発しそうなキャラに見える。

DSC01104

では、いただきます…。

まろやか~

へ~~~~~~。
こってり増幅かと思ったのですが、ソフトがこのようなまろやかな味になるんだー。
ペッパーも良いアクセント。
途中で油分的な意味で飽きがきちゃうかなと思ったのですが、スイスイ食べられる。

DSC01089

コーヒーで余韻に浸りながら

10キロ走りに行こう

と決意するのでした。

★★★★お店情報★★★★
Cafe FUJINUMA おやまゆうえんハーヴェストウォーク店
小山市喜沢1475
おやまゆうえんハーヴェストウォーク TSUTAYA BOOKSTORE内 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目 この記事

先日は令和元年のスタートでしたが、

 2019-04-22 15.44.07

(さすがに)たまには手伝いでもしなければと、遠征前にトマトの収穫をしました。
しかし私の不器用さには定評がありますので、狙ったトマトの隣のトマト(まだ未熟)を切ってしまったり、一個だけ切るつもりが、房ごと落としてしまったり。

作業中は夫がレディオベリー(地元のFM局)を流してるんですが、渋滞情報を聴いていたら
・日光方面 混雑
・那須方面 混雑
・益子方面 混雑(陶器市)
・市貝方面 混雑(芝ざくら祭り)
・足利・佐野方面 混雑(あしかがフラワーパーク)

なんかもう、全方位逃げ場無しなような。
いや、大丈夫そうなところが。
それは…

小山だー。
DSC01082

ということで、二度目の森のパン屋さんに来ました。
イートイン限定メニューの「フレンチトースト」目当てだったのですが

「本日はございません」

しくしく(日によるそうな)。
パンはパンとして何か買って、違う場所でランチにしようか~と店内を見ていたら、

あんバターの文字が。
ハマりたてホヤホヤだし。
これにしようかな。

でも、それだけでは足りないので、何かもう一個…。

「土日祝日限定!洋風たまごサンド」

限定に弱いうえに、わたしは平成25年に一時期「たまごサンドめぐり」をしていた。
平成から令和へと時代がつながる日、たまごサンドめぐり→あんバター遍路に引き継がれるのも、また一興かもしれない。

DSC01073

それにコーヒーをつけて、合計820円くらい(レシートが行方不明になったので、アバウトな金額)。
なんか四角い世界だわ。
あんバターのパンが丸いのが、唯一例外か。
これで三角形が何かあったら「まーる さんかく しかーく 三つの星がーあったとさー♪」と歌えるところだった。

DSC01064

あんバター。

DSC01069

こちらから食べようか。
いただきまーす。
フランスパンだから硬いのかなーと思いきや、ずしん→しゅるる~と歯が沈んでいく。
そう、この感覚は…。
トランポリンをしたら、最初のジャンプで「ここまで沈むの!」と思わず驚いてしまった、あの感覚と似ているかもしれない。
あんこで歯が浮上して、バターの塩っ気で天上界へと大ジャンプ。

おいしー。

DSC01078

では、四角の世界からの使者、洋風たまごサンドを食べましょう。

DSC01077

たまごにはブイヨンが使われているそうです。

DSC01078


ふわっっふわのパンに、柔らかカマボコのような食感の玉子焼き。
これは…新鮮だ。

ご馳走様でした。

DSC01080

メルヘンなお庭を眺めてコーヒー飲みながら

次回はフレンチトーストが食べたい…

と思うのでした。


★★★★お店情報★★★★
小山市東城南1-3-22
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目 この記事








↑このページのトップへ