1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category小山市のグルメ


小山駅の近くに自家焙煎のお店が出来たという話。
小山に行く用事があったので

 DSC08060

行ってみました。
珈琲処 仁由堂 自家焙煎珈琲専門店さん。
駅チカだから、有料コインパーキングを使う覚悟で行ったら、お店の前に駐車場がありました。うれしー。

DSC08058

中でいただけるのは嬉しい。
基本的に、自家焙煎のお店なら、オーナーに直々に淹れていただいた「お手本の一杯」をいただけると嬉しい。再現できるかは置いといて。

DSC08039

えーと…。
酸味が少ないのお願いします。

「中深煎りから深煎りあたりでいかがですか」

えーと…。
ブレンドお願いします。

DSC08040

あと、イートインメニューがあるとのことなので、何かいただいて行きましょう。
ケークダムール、テリーヌショコラ、ちいさなアイスクリーム…。
昼食を抜く覚悟で、ケーキにしようか。

DSC08041

すると、ケーキダムールかテリーヌショコラに二者択一。

ケークダムールください。
理由:食べたことないから。
合計800円かと思いきや、セット割引で700円でした。

DSC08042

お冷やを眺めながら待っているのもいいけど…。
店内を見回すと、珈琲関係の本がいっぱい。
マンガもあるのがうれしい。
あっ。

DSC08043

コナリミサトさんの漫画!
仕事も日常もすべて捨ててリセットしたOLさんの漫画「凪のお暇(いとま)」の作者さん!
同様にリセットした身には、涙無しに読めなかったあの漫画!
珈琲の漫画も描いてらしたのか。
この方のスゴイところは、すんごく重い内容をサラッと描けることだと思う。
…(熟読)…。

「お待たせしましたー」

はっ。現実からのお暇をとってしまっていた。

DSC08044


ブレンドと、サービスのクッキー。

「クッキーで、味の変化を楽しんでください」

では、ブレンドから。

口の中で、味が横にジグザク横に動くような感じ?


DSC08046

そこで甘いクッキーを口に含みますと、ジグザクが丸ーい軌跡になるような。


DSC08050

そんでもって、

DSC08054

ケークダムール登場。

DSC08055

味のイメージ的には「フィナンシェ」ということですが、サイズ的にはシフォンケーキ。

DSC08057


いただきまーす。
しっとり~。甘さも穏やかな感じ。

珈琲飲み飲み、ケーキ食べ食べ、本を読み読み。
日常から、お暇をいただいて異世界に行ってたような、そんなひとときでございました。

★★★★お店情報★★★★
小山市駅東通り1-22-23
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

こういう理由で、年内の毎週日曜日は「抹茶放浪記」です(12/23までかも)。

小山市のお菓子屋さん「乙女屋」さんがチョコレート専門店をオープンされたそうです。ショコラテラス kokageコカゲさんとな。
しかも、開店は朝9時から。

2018-12-01 09.29.48-1

これはもはや、ソトアサチョコ。
行ってきまーす(事前におにぎり一個食べてます)。

2018-12-01 09.33.47

まあっ。カラフルなチョコワールド。
左端に輝く緑色は、きっと抹茶に違いない。

2018-12-01 09.33.51

と思ったらライムでした。
店内を見たら、箱入り娘の抹茶生チョコがあったのですが、なまじ箱入りなので800円でした。
さすがに箱では食べられない…。
何か抹茶系ないかな。
あ、あった。これください。
それとせっかくなので、ショーケースにあるチョコを一粒。
イートインスペースもありますし

2018-12-01 09.36.18

自家焙煎だそうですから、珈琲もいただいていきましょう。
ブレンドのSください。

DSC06831

これで560円。

DSC06834

これが抹茶系、ショコラクランチ130円。

DSC06835

エネルギー1115kcalかとビックリしたら111.5だった。

DSC06836

いただきまーす。
クランチチョコは大好きな私。
カリカリ食感と、口に広がる抹茶ワールドの大人ムード。

DSC06841

上が、「ナチュール」という基本的なボンボンショコラで一個180円。
その下が、珈琲を飲むとオマケについてくるチョコ。

DSC06832

で、このナチュールですが、「とろける口どけ」とのことですが、なるほど、カリっとした外側を突き破ると、中がとろりん。

DSC06842

で、そこにコーヒーを一口含むと、あらなんということでしょう。口の中で味の万華鏡。
風味豊かに七変化。

DSC06843


まるで口の中でワールドツアー。

ご馳走様でした…。
後日、抹茶チョコを箱買いしに来よう。
そして今度は日本ツアーに。

と、抹茶生チョコに思いを馳せていたら、お隣のお客さんが例のライム味を食べ

「美味しい美味しい」とつぶやいてました。

ライムで南ツアーもいいな。

★★★★お店情報★★★★
ショコラテラス kokageコカゲ
小山市西黒田302-5
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



ある日のこと。と言っても昨晩なんですが。
閉店間近に、(お惣菜半額目当てで)宇都宮駅ビルパセオに行きましたら、なんということでしょう

2018-11-13 19.21.55

トチギを召し上がれのイベントポスターが。
16.17日って…もう明日ではないか。
出店のお店に…コッペパン専門店 COPPERIさん発見。
行きたいけどまだ行けてないお店リストの筆頭クラスではありませぬか。

召し上がります!

さっそく翌日

2018-11-16 12.13.42

駅に行ってみました。お昼ご飯、お昼ご飯。
既に完売してたらどうしよう。

2018-11-16 12.10.52

いっぱいあったー。

2018-11-16 12.10.59

やはり種類は限られているか。

コッペパンであるからには、ピーナッツ(ただしつぶつぶ派)、あんマーガリンがよかろうか。

DSC06525

…なのにツナポテとキーマたまごにしてしまったのは、やはりお昼時だったので、オカズを求めていたのだと思います、はい。


DSC06527

まずは、キーマたまごから。

DSC06528

持った感触は、ふあふあというより、むしろ「しっとり&ずっしり」。

DSC06529

中の様子を拝見。
非破壊検査…と思ったものの、具とパンがみっちり結着していた。
パンが破れそうになったので、ここまで。
あとはいただきまーす。

なるほど、キーマカレーと卵が合体した味だ。

コッペパンは、密度高し。
2個は無理かなぁ。
無理せず、明日の朝食に回そう。

DSC06532

と言いつつ、ツナポテもいただきます。

DSC06533

パンそのものの種類は同じなのかな。

DSC06535

こちらも結着度高し。

なので、いただきまーす。

なるほど、ポテサラとツナが合体した味だ。

そして、明日の朝ごはん分は、やはり消えていました。

★★★★お店情報★★★★
コッペパン専門店 COPPERI
小山市神山2-12-2大地住建神山ビル1F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ