1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Categoryさくら市・高根沢町のグルメ


私はトマト大好きトマト星人である上に、お肉大好き「肉スキー」。
「お肉が分厚い」は正義。

そしたら、高根沢町に分厚いローストポークのお店ができたと小耳に挟みました。
メニューは複数あるとのことなので、数と量をこなすために、もう一人「肉スキー(&トマト星人)」に同行願いました。
場所は高根沢郵便局のお隣だそうですが、

2018-11-17 14.17.00

こちらの「ローストポークわん」さんです。

2018-11-17 13.21.13

ランチタイムはコーヒーがつくそうですが、メニューは昼夜同じだそうで。

ローストポーク主眼でいくと、ローストポーク定食orローストポークとんかつ定食。しかし、両方食べるために二人で来たので、ローストポーク(250g)1350円と、ローストポークとんかつ定食(200g)1300円にしましょう。

2018-11-17 13.21.20

はちょっとご飯を小盛にするかな…。

DSC06573

どどんという擬音と共に登場。

DSC06570

こちらがローストポーク定食(大)。

DSC06574

こちらがローストポークとんかつ定食。

DSC06575

分厚いは正義。
問題は、私はどちらのメイン担当になるか。シェアするとは言え。
うーん。

DSC06583

ローストポークで行きます(揚げてない分、カロリー若干控えめと見た)。
あ、とんかつ一切れください。

DSC06586

こちらもまたスゴイ。
あれ。ローストポークとんかつ定食というからには、ローストしたポークを揚げてあるのかな。
いただきます…。
こんなに分厚いのに、お肉が…柔らかい
口の中にウマさが弾けていく…(郡司豚だそうで)。

DSC06582

ローストポークいきまーす。
自家製ワインタレと、

2018-11-17 13.25.04

山椒塩があるそうですが、山椒塩で行くかな。

DSC06587

いただきまーす。

6時間スチームコンベクションで加熱したそうですが、これも柔らかい!

DSC06588

脂的しつこさも、あまり感じないかも。

とんかつの方は、衣と共に口の中で弾けていく美味しさ、ローストポークの方は、ウマさがぎゅぎゅっと凝縮された美味しさでした。

DSC06590

豚汁もすんごい具だくさん。
豚汁定食もいいなー。

見事完食。

DSC06591

私はアイスコーヒーで

DSC06593

もう一人のトマト星人はホットコーヒーでボー。

しあわせ。

これでカツサンド食べたい…。


★★★★お店情報★★★★
ローストポークわん
高根沢町大字宝積寺2314-55
11:30~14:00 17:30~20:00
定休日 水曜日(祝日と重なる場合は休み)


先日、「明治時代のアイスコーヒー」を作って飲んだところです。
明治の次は大正。
ということで、大正時代の警察署を利用したカフェ

IMG_0905

カフェレストラン 蔵ヶ崎さんの記事をと思ったのでーすーがー…。

閉店されていた。
外観は今でも見られると思います。

IMG_0906

留置所の場所には、当時の落書きがあったりして、なかなか趣のあるカフェだったのですが。

IMG_0881

とりあえず、以前、コーヒーブレイクに寄った時の画像でボー。


私は昭和生まれなので、私の時代の女一代記(朝ドラとか)といえば「明治→大正→昭和」だったのです。
元号変わったら、定番は「昭和→平成→次」となるのか。


★★★★お店情報★★★★
カフェレストラン 蔵ヶ崎
栃木県さくら市喜連川4366-4
※現在は閉店


暑さのあまり迷走していますが(台風の進路のよう)、9月までは基本的に日曜日がかき氷記事です。
今回は、さくら市(喜連川)の和菓子屋さん、

2018-07-28 10.35.34

紙屋菓子店さんに行ってみました。
和菓子屋さんだけど紙屋さん。
店舗リニューアルして、今年の夏から

2018-07-28 10.35.44

かき氷が始まったんだそうです。

昔ながらのいちごミルク300円
練乳 300円
熟リンゴ 300円
生パイン(一番人気)300円
宇治きんとき350円
果肉入りミカン(NEW!)350円

なんと嬉しくなるお値段。
昨今のご時勢では数千円のおセレブかき氷もあるし、100円代の夜祭り屋台的かき氷もありますが、個人的にはシロップが手作りで、500円前後で楽しめると嬉しいです。
お金を考えないんであれば、タクラマカン砂漠の向こうにあるオアシス・カシュガルに、ご当地天然氷のかき氷「ケテック」を食べに行きたいです(行けないから自分で作った)。

すぐ近くに小学校あるし、お子さん方もこのお値段なら食べに来られますねー。
私も食べよう。
どーれーにーしーよーおーかーなー。
どうせなら、食べたことないシロップがいいな。
熟リンゴって謎。これください。

DSC04484

わぉ。

DSC04485

300円と思えぬ、この盛り、そして

DSC04490

このトッピング。

DSC04491

しばしルートファインディングをしまして

DSC04493


ここだー。
いただきまーす。

ああ、リンゴが美味しい。シロップ煮かしら。
来る途中でニッカウヰスキー工場の看板見たからか、なんか洋酒飲んでいるような気分。
熟成を重ねた洋酒…なるほど、熟リンゴ。

氷もガリガリ系ではなく、サラサラ系。これびっくり。

ちゃんと地層部分にもシロップがありまして

DSC04495

最後まで、ほっこりした気分で食べられたのでした。

まんぞくー!

近所にあったら全種類制覇したい。
それは無理でも、いちばん人気だという生パインを今夏食べておきたい。

2018-07-28 10.52.16

目の前の図書館に寄って帰ったのですが、なぜか路上に

2018-07-28 10.51.02

フローズン。
♪ありのーままのー♪

なぜだろう。
あら、お囃子の音が

2018-07-28 10.51.22

お祭りがあるのか。
もしや、フローズンな屋台が出る場所指定的な意味だろうか。

謎だ。

★★★★お店情報★★★★
紙屋菓子店
さくら市喜連川4379
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ