1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Categoryさくら市・高根沢町のグルメ

BS日テレで放送してる「断ちごはん」を毎週観ています。
好物を一週間絶った後、dancyuの編集長オススメの「その好物」の名店に連れていってもらって好物を食べるという内容。
私なら鯖缶だろうか(夫は焼酎)。

1/6の放送は佐藤栞里さんで「うどん断ち」でした。

訂正。
私もうどんです。

 2019-11-09 11.42.14

話は変わりまして、夫と石臼挽き 手打ち蕎麦 うちださんに行きました。

2019-11-09 11.19.38

私は温かい蕎麦が食べられないので(年越しそばも冷。または、うどん)、「冷」のカテゴリーか

2019-11-09 11.19.36

またはうどんメニュー。

2019-11-09 11.20.10

季節のうどんメニューにも惹かれますが、鍋焼きうどんの文字を見てしまったので、鍋焼きうどんに。
冬に一度は食べたくなるメニュー、二大帝王
・味噌ラーメン
・鍋焼きうどん


DSC05192

温かい蕎麦も食べられる夫のセレクションは「鴨南蛮」。

DSC05194

わたしは初志貫徹で鍋焼きうどん。

DSC05196

鍋焼きうどんに入っていてほしいもの四天王
・海老天
・卵
・ネギ
・かまぼこ

すべてが網羅されている…。

さて、中でも「卵」は、いろんな意味で重要。
うどんのツユに生卵が溶け出すのが耐え難い私(月見うどんが食べられない)。
かと言って、黄身が過熱しすぎてモサモサ状態になっているのも耐え難いという面倒な女。

いかに、溶け出さずに半熟状態までもっていくか。
それが、私の鍋焼きうどんの至上命題。

実は、前述の「断ちごはん」でも似たような内容が出てきまして、dancyuの編集長さんの意見としては
・卵はレンゲにすくう
・そこに麺をつけて食べる
でした。

でも編集長、食べ終えたレンゲを汁に入れたら、レンゲに残っていた卵が汁に溶け出してしまうのでは。

私はどうするかといいますと、まずは、余熱でできるだけ熱を通させるため、卵には触らないようにして

DSC05197

小皿に卵以外のパーツを順次よそいまして、

DSC05199

まずは少しずつ食べていく。
うどんもちもち。
そして、ラスト。
小皿一皿分のうどんが残ったなーという時点で、うどんをすべて小皿にすくい

DSC05201

そこに、最新の注意を払って卵を移植。

DSC05202

「黄身の儀」をした後に

DSC05205

うどんを絡ませつつ、食べる。
そうすると、本体の汁には卵が溶け出しませんし、小皿の上では「釜玉」的に楽しめるのでした。

このスタイルで食べ終わりますと「やり切った感」に包まれる私です。

★★★★お店情報★★★★
さくら市櫻野2039-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

私の登山シーズンが終わる前に、一座くらい1000m以上を登っておきたい&縦走したいということで

2019-09-28 09.08.07

沼原湿原駐車場を起点に、白笹山→南月山→姥ヶ平→沼原湿原駐車という計画をたて、朝の四時半に家を出て、七時に駐車場着。
8割方駐車場は埋まっていました、恐るべし紅葉シーズン。

 2019-09-28 07.07.30

それでは出発ー。
あ、こちらは南月山方面だった。

2019-09-28 07.26.41

白笹山はこちらから。
行ってきま…
台風の影響かな。かなり道が荒れているような。
30分くらい登りましたが、ちょっとこの状態では私のスキルでは難しいかもしれない。

撤退。

南月山方面を目指して、せめて姥ヶ平まで行ってご飯食べて帰ろう。

だめだ、心が折れてしまっている。

ああ、なんて根性無しなのかしら、私はー。
せめて…

2019-09-28 09.20.15

沼原湿原の木道を一周して帰るか。
でないと、朝四時起きした自分を呪ってしまいそうだ。

2019-09-28 09.08.33

行ってきまーす。
最初は、「木道の上を進むだけだったら、真岡の井頭公園の自然観察路と変わらんのでは」と思ったりもしたのですが

2019-09-28 09.40.32

おお!
THE 那須の山 的光景!


2019-09-28 09.31.53

ベンチもあった。

2019-09-28 09.40.01

湿原も見えるし。
ではここで

DSC04542

ごはん(おやつ)タイム。

DSC04543

宇都宮駅ビルパセオのセレクトショップ「縁」で一目ぼれしたこちらは

DSC04545

芳賀町の卵・乳製品を使わない焼き菓子店 ことわかんさんの「木の実のクッキー」200円。
何をどう見ても

DSC04550


肉球



DSC04549

本当は南月山の頂上で食べる予定だったけど、ここで食べたおかげで、湿原に住むエゾタヌキのような気分になれました。
木の実をカリカリ食べていると、エゾリスの気分にもなってきます。

自然との一体感…。

2019-09-28 09.29.42

さて、歩くかな。
このまま一周して終了か。
もう少し、何かサムシングが欲しいところであります。
そこに現れた標識。

2019-09-28 09.51.47

展望デッキ…0.1㎞。
深山ダム…6.0㎞。

展望デッキだけ行ってみよう

2019-09-28 09.47.35

と、木道をチョイと進みますとデッキがあり、展望デッキの名は…

2019-09-28 09.46.45

ダテではなかったー。

2019-09-28 09.47.12

エゾリス気分のエゾタヌキが、再び湿原を駆け巡る…。

紅葉シーズン本格化しちゃうし、混雑っぷりを考えるともう来られない。
来シーズンのリベンジ時は、峰の茶屋から登ろう。

その前に、なんで今シーズンはほとんど登らなかったんだろう。
梅雨がなかなか明けなかったからか。
面倒くさかったという深層心理もあるか。

と、いろいろ切ないひと時でした。

★★★★お店情報★★★★
芳賀町八ッ木478-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



私はトマト大好きトマト星人である上に、お肉大好き「肉スキー」。
「お肉が分厚い」は正義。

そしたら、高根沢町に分厚いローストポークのお店ができたと小耳に挟みました。
メニューは複数あるとのことなので、数と量をこなすために、もう一人「肉スキー(&トマト星人)」に同行願いました。
場所は高根沢郵便局のお隣だそうですが、

2018-11-17 14.17.00

こちらの「ローストポークわん」さんです。

2018-11-17 13.21.13

ランチタイムはコーヒーがつくそうですが、メニューは昼夜同じだそうで。

ローストポーク主眼でいくと、ローストポーク定食orローストポークとんかつ定食。しかし、両方食べるために二人で来たので、ローストポーク(250g)1350円と、ローストポークとんかつ定食(200g)1300円にしましょう。

2018-11-17 13.21.20

はちょっとご飯を小盛にするかな…。

DSC06573

どどんという擬音と共に登場。

DSC06570

こちらがローストポーク定食(大)。

DSC06574

こちらがローストポークとんかつ定食。

DSC06575

分厚いは正義。
問題は、私はどちらのメイン担当になるか。シェアするとは言え。
うーん。

DSC06583

ローストポークで行きます(揚げてない分、カロリー若干控えめと見た)。
あ、とんかつ一切れください。

DSC06586

こちらもまたスゴイ。
あれ。ローストポークとんかつ定食というからには、ローストしたポークを揚げてあるのかな。
いただきます…。
こんなに分厚いのに、お肉が…柔らかい
口の中にウマさが弾けていく…(郡司豚だそうで)。

DSC06582

ローストポークいきまーす。
自家製ワインタレと、

2018-11-17 13.25.04

山椒塩があるそうですが、山椒塩で行くかな。

DSC06587

いただきまーす。

6時間スチームコンベクションで加熱したそうですが、これも柔らかい!

DSC06588

脂的しつこさも、あまり感じないかも。

とんかつの方は、衣と共に口の中で弾けていく美味しさ、ローストポークの方は、ウマさがぎゅぎゅっと凝縮された美味しさでした。

DSC06590

豚汁もすんごい具だくさん。
豚汁定食もいいなー。

見事完食。

DSC06591

私はアイスコーヒーで

DSC06593

もう一人のトマト星人はホットコーヒーでボー。

しあわせ。

これでカツサンド食べたい…。


★★★★お店情報★★★★
ローストポークわん
高根沢町大字宝積寺2314-55
11:30~14:00 17:30~20:00
定休日 水曜日(祝日と重なる場合は休み)

↑このページのトップへ