1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Categoryさくら市・高根沢町のグルメ


3店舗連続臨時休業に当たってしまった。
それは食べ歩きをしていると、よくあること。

それは分かっているけどお腹空いた…。
どこかないかなー。

DSC02966

と、彷徨っていたらCafe 萌香さんがありました。
これで臨時休業だったらさすがに泣いてしまうけど

DSC02965

よかった、オープンしていた。
「もえか」さんと読むのかと思ったら「もか」さんだった。
とすると、コーヒー推しなのかな。

2018-05-12 10.33.38

コーヒーなら、エメラルドマウンテンかキリマンジャロ。
紅茶なら、アールグレイかダージリン。
ジュースならオレンジかアップル。
ケーキならシフォンかチーズ。

私は優柔不断の権化。

悩むー。
消去法で行くか。
ケーキ食べるの前提なので、ジュースは無し(甘い飲み物飲めない)。
「もか」と聞いたのでコーヒーモードになったので、紅茶は無し。
するとコーヒー。
エメラルドマウンテンかキリマンジャロ。
すみません、違いはどんな感じでしょう。

奥様「エメラルドマウンテンは豊潤な感じで、キリマンジャロは渋みがあります」

福島の純喫茶でコーヒー飲んでたら、隣の席のコーヒー通っぽい人が「やっぱキリマンだよなー」とか言っていた。
なんかよく分からんけど、「キリマンください」としておこう。

これで、栃ノ心がジョージア「エメラルドマウンテンブレンド」を愛飲していると事前に知っていたら、エメラルドマウンテンを頼んだところです。

2018-05-12 10.35.35

お水のグラスも可愛い。
あ、最後の二者択一が残っていた。
シフォンケーキか、チーズケーキか。
奥様、どんな感じでしょう。

奥様「シフォンケーキは、大きいんですよ、こんな!(ジェスチャーつき)!ブルーベリーつきの生クリームおつけします。チーズケーキは、ベイクドです」

ベイクド好きだし、ブルーベリーソースも…。
うーん。

と、若きウェルテルの悩み状態になった私を見かね

「じゃあ、チーズケーキに、ブルーベリーつきの生クリームおつけしましょうか」

ぜひ。


DSC02947

あら、素敵ー。

DSC02948

ブルーベリーの存在感たるや。

DSC02949

艶やかな表面。

DSC02954

魅惑のうなじ。

DSC02956

では、いただきまーす。
レモン風味があって、しっとりしていて、とっても濃厚
中性子星のよう。

私はいま しあわせー

DSC02959

それでは、キリマンジャロで

DSC02960

山のてっぺんから黒い湖面を見下ろす気分になりつつ

DSC02963

ボー。
大人の渋み…。ショーン・コネリーのような…。

栃ノ心が正式に大関になったら、エメラルドマウンテン飲みに来よう。

★★★★お店情報★★★★
Cafe 萌香
さくら市上阿久津1494-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



ひな祭りの季節になると、さくら市で「氏家ひな巡り」というのをやっていて、あちこちひな人形が飾られている上に、飲食店では特別ひな祭りメニューがあるんだそうです。
私は実は、人形全般が得意ではない(幼少のみぎりに美内すずえの「妖鬼妃伝」を読んだのがトラウマ)。

特別メニューを食べにいこう。

40

ということで、氏家駅すぐ近くの氏家オープンダイニング WAKAZOさんに行きました。
エキチカなのに大駐車場があるのがうれしい。

29

この雛めぐりプレート2018目当てなのですが、1500円はちょっと予算オーバー。
税込みなら滑りこみセーフ。
税別だったらうどんセットにしよう。

34

税込みの上に、デザートを外せば1200円だった。
1200円でお願いします(なぜなら、この後いちごパフェが控えていたのだよ)。

wakazoさんと言えば、ちょこちょこ盛りランチが人気だそうですが

DSC00637

特別メニューもちょこちょこ盛りだったー。

DSC00638

アサリのお吸いもの。
お出汁がおいしゅうございます。

DSC00639

十六穀米ご飯。すごいですね、穀数最大値かな(私は普段五穀米くらい)。

DSC00645

鶏ささみとアスパラ菜のお浸し。
ささみがシットリ。
DSC00646

クリームグラタン。ラブリーサイズですが、焼きたてアチアチでした。

DSC00647

小鮎の唐揚げ(というか南蛮漬けであろうか)。

サイズは小でも、鮎の旨みはフルパワー。

DSC00651

半熟玉子のカニカママヨ。意外な組み合わせ。
半熟加減に萌え。

DSC00653

大根とホタテ、梅麩の炊き合わせ。
ホタテの味付けが濃い目でおいしい(しかも大きい)。

DSC00654

胡麻豆腐。
なんとなくスイーツ仕立てであった。

DSC00657

自家製ピクルス。
なんか不思議な味でした。和的ピクルスというか。

でもって、

DSC00644

さくらポーク・仙禽の酒粕みそ漬けやき。
これメチャ気に入りました。
肉厚で、枚数も多く、酒粕と味噌の味が渾然一体となってご飯がススム君。

DSC00662

コーヒーでボーっ…とはできなかかったのです。
なぜなら、店内のテレビでオリンピックの男子シングルフリーの決勝が生中継だったんです。
私はハラハラドキドキが苦手で、スポーツ中継見られなくて結果だけ見るタイプなんです(例外は相撲中継だけ)。
推理小説も、最初に最終ページを読んで真犯人確認してから読むタイプなんです。

なので、ダメだ、観られない。
しかし、ああ、視線が行ってしまうー。

羽生選手と宇野選手の時には、店内のお客さんが拍手を送り、金銀メダルが来まった瞬間には満場の拍手でした。

おめでとうございます。貴重な体験でした。

★★★★お店情報★★★★
氏家オープンダイニング WAKAZO
さくら市氏家1851-1eプラザ参番館
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


先日、道の駅きつれがわで肉肉しいソトアサをした時に

44


パン工房温泉パンに正統派モーニングの存在があることを知りましたので

31

また道の駅きつれがわに行ってきたんです。

温泉パン色々あるんだよなー。
どれにしようかなー。
迫力のタマゴサンドは前回食べたしなー。
ビジュアルで選ぼう。
って全部ビジュアルスゴイけど。

DSC08585

ナポリタンパン205円+コーヒー120円(÷朝割)=265円の朝。

DSC08589

ナポリタンパンって、発音するときに「ナポリ 短パン」のようになってしまう。

DSC08594

こちらも迫力のルックス。
アマゾン河のような川幅。
チェ・ゲバラのように泳いで渡ろう(モーターサイクル・ダイアリーズで観た)。

DSC08593

渡ります(=いただきます)。
ナポリタンのぷっつんぷっつんした食感と、温泉パンのどっしりとした食感の対比が面白うございます。

DSC08586

それでは、モーニング時間は120円→60円のコーヒーで

DSC08587

ボー。

他にも、鯛焼き屋さんと惣菜コーナーが9時の段階で開いているので、色んなシチュエーションのソトアサができるワケですね。


★★★★お店情報★★★★

パン工房温泉パン
栃木県さくら市喜連川4145-10道の駅きつれがわ内

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事

↑このページのトップへ