1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Categoryさくら市・高根沢町のグルメ


高根沢ローカルグルメ認定商品なるものがあるそうです。
と、伝聞しか知らなかったのですが、仕事帰りに駅ビルパセオ1階の「縁」さんに寄ったら


DSC07103

売ってました。
しかも水曜日にしかオープンしてないという、私が行けないと思ってたお店パン工房fuさんのパン。

DSC07104

右上の水色マークが、高根沢ローカルグルメの証なんだそうで。
これは六穀玄米パン300円。
高根沢要素は、六穀のあたりらしいです。

DSC07108

見ているだけで、健康になりそうな色合い。

DSC07109

こちらは、米粉ワッフル。チェダーチーズ&枝豆260円。
高根沢要素は米粉だそうで。

さっそくいただいてみましょう。

と、思ったのですが、既に夜なので(なんせ仕事帰り)、明日の朝の朝ごはんにしよう。
ナカアサ。

~翌朝~

チュンチュン(すずめ)。
ぶるんぶるん(近所のバイク)

DSC07113

朝ごはん~。

DSC07115

温めた(けど焦がした)米粉ワッフル。

私はワッフルは、なんとなくコッテリしている気がして、あまり積極的に食べないのですが、しつこくなくてカリっとして、でもコクのあるワッフルでした。
枝豆の緑が麗しい。


DSC07120

こちらは玄米六穀トースト。
いつも忘れて後悔するので、今回はキッチリ「トースト前とトースト後」のビフォーアフターを二種類用意して、食べ比べてみることにしました。

もっちりざっくりした食感。
フレンチトーストにするといいかもです(の割に作らなかった私。卵が無い)。
トーストした方が好みでした。

ソトアサもいいですが、ナカアサもいいですねっ。

★お店情報★★★★

パン工房fu

 高根沢町宝石台4-14-5 

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
※駅ビルパセオの1階「縁」でも売ってます


青い空って、どんな光景だったっけ。

06

と、毎日毎日の曇り空を見ていてウツになる私。

こんなことでは、気分がふさぎ込んでしまう。
ちょっと、プチトリップして来よう。
というワケで、↑の田園風景の中にある

40

イタリア食堂 ヴェッキオ・トラムさんに行ってみました。
「古い路面電車」という意味だそうです。
鉄子の血が騒ぐ。
イタリアだし、電車だし、

♪フニクリ、フニクラ~♪

と、思わず口ずさんだけど、これは登山鉄道の歌であった。
wikiを見たら「世界最古のCMソング」とあったけど、世界最古は平賀源内の作詞作曲、歯磨き粉『漱石膏』かと思っていた。

さて、大人気なお店ですので、ランチタイム終了間際を目指してまいりまして、ラッキーなことにカウンターに座れました。

10

予算的にはパスタランチなんだけど、好み的にはワンプレート。
どうしよう。

うーん。

イタリアに行く旅費を考えたら安い。プレートランチくださいまし。

「地元野菜のビュッフェがつきますので、どうぞ」

わーい。
しかし、なんせランチ終了間際。
あまり残っていなかった。

12

それでもなんとか、一皿分確保。
赤系が欲しかった(トマト系)けど、もう完売でしたの。しくしく。

17

野菜の旨みと風味がストレート速球150㎞/hな感じのお味。
中央のキャベツのロースト(?)がおこげが香ばしくていちばん気に入りました。

20

フォカッチャもつきます。
今食べようか、プレートが来てから食べようか悩みつつ食べていたら、来る前に完食してしまった。

06

そしてプレート登場。

11

いろいろな種類のハムやソーセージが乗っていますが、これはアレですね、いわゆる「大人のブドウジュース」を飲みたくなりますね。

12

中央の温玉はどうやって食べるのがよろしいのでしょう。
フォカッチャにつけつつ食べるべきだったろうか。時すでに遅し。

17

ガーリックライスに乗せて、「イタリアン卵かけごはん」でいくべきか。

14

自家製サルシッチャがありますよ、というのが、私が選んだ決め手だったのですが
(なぜなら孤独のグルメのサルシッチャの巻が脳裏に焼き付いていた)

35

これが非常に肉肉しく、スパイスもピリリときき、とっても気に入りました。
ああ、これだけ大皿いっぱいくらい食べたい。

45

ドリンクはアイスコーヒーをセレクト(毎度)。
オマケでプチトリュフもつきました。

48

やはり、暑くないと冷たい飲み物の魅力も、薄れてしまう気がする。
アイスコーヒーは例外だけど(for me)。

51

自家製トリュフも、非常においしゅうございましたー。

次回は夜来て、オトナの酒盛りをしてみたい感じです。駅から歩いて来られるかなぁ。

★★★★お店情報★★★★

イタリア食堂 ヴェッキオ・トラム

高根沢町石末1785

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


次回、道の駅きつれがわ記事は「カツカレーでソトアサ日記」を予告したのですが、予告早々予定が代わりまして(なぜなら行く予定ができたので)

47

パン工房温泉パン さんにフラフラと吸いこまれました。
なぜなら、タマゴサンドLOVERの心を燃え立たせる

DSC06886

このビジュアルの温泉パン。
200円超だったと思いますが、夕方のタイムサービスで108円だったのですよー。
これを買わず夕食にしなくてどうしましょう。

ところで、私は温泉パンは「中性子星も驚く密度の濃いパン」という認識だったのですが(メロンパンも真っ青)、とっても

DSC06892

ふわっとして、しっとり軽い!

「時代は変わったのであろうか」

と、タマゴフィリングを咀嚼しながら隔世の感を抱いたのでした。

★★★★お店情報★★★★

パン工房温泉パン
栃木県さくら市喜連川4145-10道の駅きつれがわ内

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目この記事
二回目

↑このページのトップへ